2018年04月08日

旅をする仕事(8)北海道札幌市

北海道大学2.JPG

北大3.JPG

クラーク博士の銅像 .JPG

 − 写真: 北海道大学
 札幌に来るとかならず立ち寄る場所があります。札幌駅から徒歩5分のところにある北海道大学です。18歳のときにはじめてこのキャンパスを訪れたのですが、日本の大学とは思えない広大なキャンパスに驚きました。まるで欧米の大学のようです。

白樺の木やポプラ並木がたちならび、キャンパス内には小川が流れ、うっそうとした森のような敷地でキャンプを張っている学生すらいました。

 東京にある有名大学のキャンパスとは比べ物にならないくらい広大で静かなキャンパスに憧れました。観光客もたくさん訪れ、あちこちで記念写真を撮っています。

 大陸文化の影響を受けた北海道ですから、スラブ・ユーラシア研究センター、アイヌ先住民研究センター、エルムの森インフォメーションセンターとか、異国情緒ただよう名前の施設がたくさんあります。

 そんな中、いちばん好きなのがクラーク博士の銅像と、“Boys be ambitious”という銅板です。もとは札幌農学校が母体の北大ですが、そこで教鞭をとったクラーク博士が学生に向けて Boys be ambitious!少年よ、野心を抱け! と熱い人生訓を語ったのです。

 この銅像をはじめてみたのが18歳のときで、熱血漢の僕はすかさず 
「よし! わしも野心的な人生を生きるで!」と、親元をはなれて上京したばかりの舞い上がった心を、余計に舞い上がらせてくれたのでした。

 時忘れぬ、街中にマイケル・ジャクソンの『スリラー』のダンスビデオが流れていた頃です。

 「自分はどうせ〇X大学だから、高校だから。期待したって無理。」
「自分は〇Xが苦手だから。」
 「 どうせ家は金持ちじゃないから。」
と、自分の才能のフタをせずに、不可能なくらいに大きな野望、目標をがむしゃらに追い続ける。そんな壮大な人生観を伝えてくれたのが、クラーク博士の銅像です。

 ヒデキの型破りな行動力も、思い起こせば、この頃から生まれたのだと思います(笑)。
そんな思い入れの深い銅像を朝1番に見てから、僕は初めての北海道のお客様に会いに行きました。

 自分の才能にフタをしない。不可能なくらいの目標や野心をもって全力でブチ当たる。
そんな人生訓を教えてくれた北海道大学には感謝しています。札幌でいちばんの名所です。

 旅をする仕事は、つづきます。
 (つづく)
posted by ヒデキ at 22:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月01日

旅をする仕事(7) 北海道札幌市 

札幌 1.JPG

札幌2.JPG

札幌3.JPG

 安室奈美恵の゛Four Seasons ゛を聴きながら、列車が広い原生林に吸い込まれていく車窓の景色に見入っていました。

 6年ぶりに来た北海道は、残雪があちこちに残り、気温が4度と、東京の真冬並みの寒さです。桜が満開になった東京と北海道では、まるで別世界を見ているようです。

 僕の仕事は旅人(TRAVELLERS)です。映画 『男はつらいよ』に出てくるフーテンの車寅二郎が大好きで、いつかあんな自由な人生を送りたいと思っていましたが、生命保険の仕事についてから、それがかないました。
 
 生命保険には『紹介』という素晴らしい制度があります。お客さんが自分の保険に満足してくれると、周りの知人を紹介してくれるので、遠方にいるまったく知らない人がお客さんになってくれるのです。

 ふだんは首都圏で仕事をしていますが、ご紹介が出るたびに、仙台や大阪、愛知県と、遠方に旅をしてきました。
 
 今回は、はじめて北海道への旅をしました。

 FPの仕事は金融の知識と、人脈開拓力を使って、多くの人の生活を豊かにして、安心を与える仕事です。この仕事に就いて、多くのひとたちの豊かさや安心をお届けすることに自分の使命感を感じています。
旅をする仕事は、続きます。

(つづく)



posted by ヒデキ at 23:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月24日

米中激突(1)

習近平.jpg

とうとう恐れていた事態が起きました。米中激突です。国益をめぐって2か国から火花を散らすような外交関係に陥ることはままありますが、それが覇権国同士でなければ世界に大きな影響を与えることはありません。

 ところが、覇権国同士が激突すると、その影響は当事国だけでなく、周辺国の経済や政治にも大きく影響します。古くは60年代のキューバ危機、近年ではシリア国民が米露のはざまで悲しい運命に陥っています。

基本、世界の覇権国というのは米中露の3ヵ国だけです。

いくら日本やEU、サウジアラビアが経済で頑張ろうが、覇権国にはなれないのです。

広大な領土と、人口の多さ、地下資源に、周辺国を完膚なきまでにビビらせることのできる強大な軍事力。

これを満たしている国は米中露の3ヵ国だけです。
2016年にDonald J. Trumpが大統領に就任して以来、米中が激突する伏せんはありました。

大統領就任後、2週間もたたないうちに。。。 つづきはメルマガ “熱血日記” から
www.mag2.com/m/0001646353.html

 (つづく)
 
 【米中激突 − 戦争か取引か】
posted by ヒデキ at 23:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月20日

年収1550万円もらっている野党の国会議員は、1年のうち9ヶ月しか働いていない

【 年収1550万円をもらっている野党の国会議員は3ヶ月も国会を空転させて、一年に9ヶ月しか働いていない。】

   市民が困っている保育所問題や少子高齢化問題、財政赤字問題を真剣に解決しようとせず、些細な、犯罪事件でもない森・かけスキャンダルをあおるだけで、国の危機的な問題をちっとも解決しようとしない野党の国会議員は、給料を3ヶ月分返納すべきではないか? 
   国の危機を救うために、焼けつくような緊張感をもって仕事をしようとしない国会議員は、辞職すべきではないか? 
posted by ヒデキ at 21:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月18日

若者よ、アメリカへ!(2)シカゴ Young man should go to America!

cicago.jpg

cicago 2.jpg

  cicago 3.jpg

cicago 4.jpg

明治大学2年の次男坊がアメリカ放浪旅行をしています。
1か月半をかけて、ダラス(テキサス州)、ニューヨーク、シカゴ、サンフランシスコ、シリコンバレー、ロサンゼルス、ラスベガス、サンディエゴ、マイアミ、オーランドと、山手線とどっちが忙しいのだ!? というくらいの超過密ダイヤを回しています。
 
 サッカー部の次男坊は、超体育会系です(笑)。体力だけは、だれにも負けないようです。。。。
だだっ広いアメリカ大陸を自分の眼でみることで、広い世界観を培ってほしいと願っています。

 新聞やテレビで入手する情報は貴重ですが、それ以上に、現場を自分の眼で見ることの方が、もっと大事だと思います。原体験になるからです。自分の眼で見た真実は、マスコミが偏見をもってガチャガチャ報道することの千倍くらいの経験になると思います。

 僕も19歳でアメリカを旅行して、 『 決してムラ社会の偏見や口ばしに自分をゆだねることは無いのだ!』 と実感しました。世間が信じる、一流大学に行って、大企業に就職することだけが最良の人生だという価値観を、3週間の旅行で嘘だ! と思いました。。

 アメリカは、たとえ名もない学歴もない、小さな可能性の若者が、志の高さひとつで、ベンチャー企業を創業して、世界の富豪ランキングにわずか一代で成り上がる、無限の可能性を持った壮大な国だからです。 (つづく)

 【 世界が見える、日本が見える ー 大前研一著 】
posted by ヒデキ at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野党の国会議員は危機的な問題の保育所問題や少子高齢化問題を議論しなくて良いのか?

 モリ・カケ問題とか、まるで蕎麦屋のメニューみたいな小さな問題、犯罪でもない、違法行為でもない小さな問題で、数か月も国会を空転さる野党の国会議員て、国民の幸せを考えているのでしょうか?

 “忖度”という、50年生きていて一度も聞いたことのないマイナーな言語をもちだして、悪いことしたわけでもないのにあたかも悪いことをしたような空気を社会にまんえんさせる野党って、国民の悩んでいる保育所問題とか、少子高齢化問題、財政赤字問題と真剣に闘う覚悟がなければ、国会議員を辞めれば良いと思います。 
posted by ヒデキ at 20:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月17日

日経新聞に 

ベン・ファーガソン.jpg

元同僚のベン、(便 💩ではないです 笑)が、今日の日経新聞に顔写真入りで出ていました❗

 【 ラグビー元日本代表ヘッドコーチとゴールドマン・サックス社長が教える 勝つための準備 】


 【 ゴールドマン・サックス研究 】

posted by ヒデキ at 00:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月14日

Ohtemachi, Financial district of Tokyo

ootemachi.JPG

hinoya curry.JPG

- 写真: 大手町の金融街
やっと仕事が終わり、春の気配が漂う夜景に癒されています。お客さま訪問と、GO TO THE MARKET! !(体力と創造力に任せたモーレツな新規顧客開拓)を行い、ふらふらです(笑)。営業の仕事は、事務系・後方業務の200%おもしろいです。
そんな中で、唯一の救いは、ランチで神田カレー・グランプリで優勝した日乃屋でカツカレーを頂いたことです。
こってりとした甘いルーに、ラッキョを取り放題❗、ふっくらとしたカツをほおばり、たかが800円でここまで美味しいカレーが食べられるのか? と、感動しました。
こんな小さな幸せがあちこちに転がっているから、挫折があっても耐えて行けるのですね❗
posted by ヒデキ at 23:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月13日

日本のマスコミの低知能が国の運命をメチャクチャに!

TBSテレビのレベルの低さ.jpg
【 写真:TBSテレビ局員のレベルの低さ】

たいして大きな問題でもない、贈収賄事件でもない森友問題、加計学園問題を、朝から晩までたれ流し、スキャンダルを煽ろうとする朝日新聞や民放テレビ局員の知性の低さにウンザリです。

 彼らは、少子高齢化問題、財政赤字問題、保育所問題などほんとうのニッポンの問題を論じる、報道する義務を投げ捨てて、スキャンダル騒ぎにうつつを抜かしています。

悪いことしたわけでもないのに、”忖度”という言葉を使って、あたかも悪事を働いたかのように見せかける低知能のマスコミは、ニッポンにとって不要な存在ではないでしょうか?

内閣総辞職とか、財務大臣解任とか、国の運命を暗澹とさせているマスコミのレベルの低さはニッポンの暗部だと思います。こういうところから全体主義に傾いていくと思います。

昨年も3ヶ月近く国会を空転させ、待った無しの少子高齢化問題や財政赤字問題、保育所問題を政治で解決しなければならないのに、スキャンダルを煽ることばかりの民放テレビ局は、国益を何も考えていない、国民の幸せを何も考えていないのでしょう。

 誰と誰が不倫したとか、タレントのバカ騒ぎをバラエティ番組で朝から晩まで報道している民放テレビ局が、ニッポンの国力を衰退させていると思います。

 国民全体で民放テレビ局の視聴をボイコットする運動をしなくてはいけないでしょう。
posted by ヒデキ at 18:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月28日

金融はユダヤ (2)

 古くはシェイクスピアの語るシャイロックの金貸しにはじまり、19世紀や20世紀に証券取引やM&A(企業の合併・買収)から、投資ファンドの底値買いで名をはせたユダヤ人は、金融業のリーダーとして君臨し続けています。

僕がユダヤ人の凄さを、心底、思い知らされたのは、30代の頃、ゴールドマン・サックス証券で働いていたころでした。18世紀のヨーロッパを代表する財閥、ハプスブルク=ロートリンゲン家、19世紀のロスチャイルド家といった大富豪の相続財産を運用して、天文学的に資産を増やしているのがユダヤ系金融機関です。

ユダヤ人の証券取引の特徴を知ったとき、僕は 『スゲー! 彼らは機械的に利益の上げられる証券取引の技法をマスターしている。』 と思いました。

ユダヤ人を代表する財閥家が、ロスチャイルド家です。ドイツのフランクフルト市でユダヤ人居住区のゲットー内に住むことを余儀なくされた2級市民、マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドは、5人の男の子を、ロンドン、パリ、ウィーン、フランクフルト、ナポリに派遣し、金融情報を家族のなかでやりとりしながら証券取引で34兆円(21世紀の現在)の相続財産を蓄えました。

彼らの証券取引技法は、まず長期成長株や、配当利回りの高い株を現物で購入する。そして、毎年、銀行預金利息よりも高い配当金をエンジョイする。

次に、現物株は自分の財産株としてずっと保有しながら、株価の毎日の値動きを...この続きはメルマガ 『熱血日記』から。
posted by ヒデキ at 21:46| Comment(0) | 外資系証券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする