2017年07月17日

ポジティブ思考へ! (24) 一瞬で自分を変える方法

カリフォルニア州Burbank.jpg
 写真: カリフォルニア州Burbank

 − 自分は成功していると心の底から信じる 

 自分は何をするのがいちばん得意で、どの分野で成功してきたかを考えてみましょう。あまりにも多くの人たちが自分の成し遂げた業績よりも、過去にした失敗について考えることに多くの時間を使っています。

 その結果、脳ミソの中にマイナスの感情をそそぎ込み、あなたの貴重な一日の数分や数十分の時間を、熱狂的なヤル気からそいでしまいます。ある意味、しかたがないかもしれません。人間は、疲れてくると、頭の中もだんだんマイナス思考が強くなる性質を持っていますから。。。

 これは実にもったいないことです。この1日、この1か月、この1年に成しとげたことを、
ほんの数分でいいから考えてみましょう。そして次に、未来を展望し、自分が短期的・長期的になしとげたいことを考え、メモ帳に赤のマジックで書き、その目標に向かって進みましょう。

 後ろを振り返ったときに、誇りを。。。
ここから先はメルマガ ”熱血日記” を購読してお読みください。
http://www.mag2.com/m/0001646353.html

 (つづく)
 
 【 アンソニー・ロビンズ 初来日セミナー 人生は一瞬で変えられる 】
posted by ヒデキ at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 頭の回転が速くなる方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

創造力の学校(3) THE CREATIVITY

siricon valley1.jpg

− 「時空を超えて偉人にまなぶ」 トーマス・エジソン

 日本で初めて! 創造力を磨くことで自分の才能を何倍にも開花させる。あたらしいビジネスや市場を開拓する。そんな創造力の学校を連載しています。
 
 トーマス・エジソンは電話機、白熱電球、配電システムなどの発明で有名ですが、その一方で、それらを商品化して展開する実業家としての顔も持っていました。

 ちなみに世界最大のコングロマリット(複合企業)のGE(ゼネラル・エレクトリック)の前身がそうです。オハイオ州で生まれたエジソンは、幼少時代から知的好奇心が旺盛で、
「1個の粘土と1個の粘土を合わせると大きな1個の粘土になるのに、なぜ1+1は2なの?」と、あらゆることに “なぜ?”を連発しています。

 エジソンは小学校に入学後、わずか3か月で退学させられ、その後、教育熱心な母親に勉強を教わりながら独学で科学を学んでいます。独学の方法はおもに読書と実験でした。とくに傾倒していたのが電気分解や電磁誘導の法則を発見したイギリスの科学者、マイケル・ファラデーの著作です。

 ファラデーはエジソンより半世紀ほど前に生まれていますが、境遇や考え方には共通点が多くあります。ファラデーも13歳で学校を退学して独学で科学を学んだドロップ組ということで一致しています。

 理論より実用を重んじるエジソンと同様、ファラデーも実学を重んじ、電気を抽象的な概念ではなく実用的な力ととらえて研究をつづけました。1833年にファラデーが電気分解の法則を発見したとき、

 当時のイギリスの政治家であったウィリアム・グラッドストーンに『電気はなんの役にたつのか?』と聞かれ、『いつの日か閣下はこれに税金をかけるようになるでしょう。』と答えたそうです。

 自身が発見した科学史上に残る法則がいずれ産業に大きく貢献するだろうことをファラデーは見通していました。学問の域を超えたところに実学の発想ができるファラデーはエジソンの時空を超えた師匠でした。

 エジソンは、20歳のときに『電気工学の実験的研究』という本と出会い、ファラデーの著作を繰り返し読み込んだ末に、発明家として生きる決心をしたのだそうです。

 時空を超えて学ぶことのできる師匠を持つことは幸せです。先人からアイデアを頂き、自分のビジネスに活かせるからです。自分にない創造性を師匠からパクることができます。

アイデアのみならず、生き様や壁にぶち当たったときの解決法まで師匠から学ぶことができます。本を読むということを通して。

僕は20代の頃は落合信彦氏(国際ジャーナリスト)や大前研一氏(元マッキンゼー日本支社長)の著作が師匠でしたし、30代のときに松本大氏(マネックス証券創業者、ゴールドマン・サックス証券の史上最年少パートナー)を知ってからは、銀行に辞表を出して米系証券会社に転職してしまいました。

今でも悩んだときには師匠の本を読んでいます。時空を超えた偉人を師匠に持つことで、あなたの思いもよらなかったダイナミックな人生を切り開いていけるでしょう。親でも上司でもない、師匠を持つことは大切です。
(つづく)

 【 トーマス・エジソン 神の仕事力 】





posted by ヒデキ at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 頭の回転が速くなる方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

ポジティブ思考へ! (23)一瞬で自分を変える方法

茅ヶ崎海岸.JPG

 − 毎日、目標を白い紙に書きだす

 朝、起きたときから夜、布団に入るまでの17時間をアドレナリンをバンバン噴出しながら熱狂的なヤル気とともに過ごせる楽しい思考方法を連載しています。

 写真は神奈川県茅ヶ崎海岸ですが、ここに行くのを土曜日の夕方の目標として、昨日の目標のひとつとして白紙に書き出していました。

 あなたの思考をポジティブ思考に切り替えるいちばん大切なことは、
“マイナスな思考を脳の中から排除する” ことです。会社や学校の嫌なこと、上司や部下の嫌な人、人間関係で抱えた悩み、そうしたマイナスのことを徹底的に脳みそから排除することで、あなたは貴重な一日を明るく楽しく過ごすことが可能になります。

 ではどうしたら可能になるのでしょうか? ひとつの有効な方法が、“毎日、目標を白い紙に書き出すこと” です。朝から晩までにすることを白い紙に箇条書きにしていきます。

 そして、一日は、余計なことを一切考えずに、1番から10番まで順番に機械的にインプリメンテーション(実践)していき、終わったら鉛筆で順次消し込んでいきます。

 こうすると、あなたの頭の中にはマイナスな思考が浮かぶ暇が無くなります。一日一日を熱狂的に過ごす秘密の方法です。僕はこの習慣を34歳のときから守っています。ゴールドマン・サックス証券の東京オフィスで、中途入社者に会社のカルチャーを教えるセミナーに複数回呼ばれました。

 各部門でマネージング・ディレクター(役員)まで出世した若き成功者が順番に登壇し、なぜ自分は成功したのか、という話を順番にすることで、ゴールドマンのカルチャーを教え、中途入社者に夢と希望とアドレナリンを注入してくれたのです。このセミナーは大好きでした。

 ニューヨーク本社のFICC(債券・為替・商品取引部門) で日本人で唯一のMDとして、商品先物トレーダーとして活躍されていた男性が、この会社の文化や、資産運用の法則を教えてくれました。

 最後に質問の時間となり、100人ほどいたセミナー会場で、僕は手を挙げました。「あなたが成功した理由で一番大きかったものは何ですか?」と聞いたところ、
「君はおもしろい質問をするねえ。」と返し、会場は大爆笑につつまれました。

 ほとんどの若者は、「デリバティブ市場の将来は。。。」とか、「オプションでガンマがベータをヘッジして。。。」とか、金融工学に関する質問ばかりだったからです。

  この先はメルマガ “熱血日記”からご覧下さい。
http://www.mag2.com/m/0001646353.html

 【 ポジティブな人だけがうまくいく3:1の法則 】


 【 速さは全てを解決する ゼロ秒思考の仕事術 】


posted by ヒデキ at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 頭の回転が速くなる方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ファイナンシャル・プランナー飲み会@横浜

ファイナンシャルプランナー飲み会.JPG

今日は神奈川県のファイナンシャル・プランナーが集まる飲み会に参加し、とても楽しいひと時を過ごしました。資産運用の定石にはじまり、どうすればお金を減らさずに保てるか、といった議論で盛り上がりました。

少子高齢化で経済の先行きが絶望的な日本の銀行にお金を預けて大丈夫なのか!?
日本国債が破たんしたら日本の銀行に預金したお金は消える。安全な預け先はどの国だ?
という議論で、ドイツかアメリカか、或いは新興経済国か? という白熱した議論をしてきました。イギリスはダメだろうという話も。

やはり、自分のお金は自分で守らないとダメですね。グローバル経済ですから、世界経済を知っていないとお金を守ることは出来ませんね。

【お金の流れでわかる世界の歴史】



お金の流れで歴史を見るというのがテーマで、「こういう風に説明してくれたら歴史の授業も面白いのになあ」という内容です。
例えば、ナポレオンが没落したのは「前国王(フランス王朝)時代の借金が滞り、戦費の調達ができなかったから」らしいです。
ナポレオンの没落にはこういう背景があったのですね。
他にも面白かったのは、「古代エジプトのユークリッド幾何学は数学とは何の関係もない」
「新約聖書には徴税人の話が多い」
「ナポレオンは経済に関してはずぶのド素人」
「ロスチャイルド家が没落したのはアメリカ進出が遅れたから」
「アラブの石油産出量は戦前は大したことなかった」
「アメリカが第二次世界大戦に参加した本当の理由は金本位制が崩れるから」
などなどあります。他にもたくさんあって面白です。
1つ気になったのは、アメリカは、日本が資源を持ったら困るのでとにかく邪魔をしたという話が出てきます。

posted by ヒデキ at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

森友問題、加計問題

【 加計問題、森友問題は国会をストップさせるほどの問題か?】
 ー 民法テレビ局、野党のレベルの低さ
(写真: TBSテレビ局員のレベルの低さ)

TBSテレビのレベルの低さ.jpg

 明日は都議選ということで、政治色の強い一週間でしたが、民放テレビ局と野党のレベルの低さにはここ4か月、辟易していました。もう日本の民放テレビなど見る気も起りません。

 国民の幸せや安全、豊かさを議論することもなく、ひたすら森友問題と加計問題を報道して大げさに煽り、野党にいたっては国会を1か月も2か月も中断して国政を停滞させるという愚挙を犯しました。

 たしかに森友問題、加計問題はグレーなところがありますが、逆にいうと、それが国会を数か月もストップさせるほどの問題でしょうか?

 ”木を見て森を見ず” という矮小さが、民放テレビ局と野党に共通する最大の問題点ではないでしょうか。

 本当に論じるべき朝鮮戦争や少子化問題、デフレ脱却、福島原発事故の健康被害の方が、日本国民の安全や豊かさにはるかに大きなインパクトを与えると思います。

 民法テレビ局の次元の低さに便乗し、大切な国会審議を数か月もさぼった野党は、国会議員の責務を全うしない怠慢さを指摘されるべきだと思います。

 選挙で選ばれた国会議員であれば、常に国民の安全や幸せ、豊かさを徹底的に考えて、論じるべきではないでしょうか。

 2011年の福島原発事故の後、関東地方で突然死や心臓病疾患者が増え続けています。東京、千葉、神奈川県では原発事故以来、心疾患患者が毎年、各県2,000〜3,000人ずつ増えています。
(引用:厚生労働省統計)
 首都圏で40代〜50代の突然死も増えています。原発事故で漏れてきているセシウムや放射線汚染で関東地方に住む国民の健康が徐々に影響を受けています。

 なぜチェルノブイリ原発のように、福島第一原発を石棺で覆い、放射線やセシウムの流出を防がないのでしょうか?

 ロシアができたことを、日本はなぜやらないのでしょうか?
そうした国民の健康問題を真っ先に報じるのが民放テレビ局であり、それを議論するのが国会議員ではないのでしょうか?

 本来やるべき仕事をボイコットして、自民党の足を引っ張ってばかりいる野党には失望しました。明日は、こうした政治家本来の姿が審判されるものと思います。
 
posted by ヒデキ at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

横浜・日吉、サマーパーティのお知らせ!

【 横浜・日吉、サマーパーティのお知らせ! 7月12日(水)19:00】

日吉.JPG

ニラ鍋.jpg

 神奈川在住の方、東横線沿線の方、婚活中の方、バツ1の方、初夏の到来を郊外の静かな日吉で飲んで過ごしましょう!

 首都圏を代表する宴会部長、ヒデキの友人を誘いますので明るいラテン系の人達が集まります(笑)。さまざまな業界から、色んな世代が集まりますのでこうご期待。

 プレミアム飲み放題付で会費4,500円ですから、安心です。
10名を募集します。参加希望の方はダイレクト・メッセ下さい。

 楽しく飲んでお食事しましょう!
 連絡先: nekketsu9@gmail.com

2017年06月23日

若くして亡くなった者へ

 小林麻央さんが34歳の若さで闘病生活の末に旅立たれました。幼い子供2人を残して亡くなられるのはどれだけ無念だったことでしょうか。

 私たちに出来ることは、彼女の分までひたむきに人生を生きること、この社会を豊かで素晴らしいものに変えていくことだと思いました。ご冥福を心よりをお祈り致します。

2017年06月18日

マッキンゼーの知恵 (94)

【 マッキンゼーの入社試験問題 】
NYC.jpg
  
 ケースインタビューの目的 − 経営コンサルティングファームがケース・インタビューを行う目的は次のようなものです。

 − あなたの分析力を試す
 − 論理的な思考能力や、自分の考えをうまくまとめる能力を試す。
 − あなたの思考プロセスを見極める
 − あいまいな状況や、膨大な量の情報に直面したときに、辛抱強く対処する能力を試す
 − プレッシャーがかかる状況下での落ち着き、自信、コミュニケーションスキルを評価する。
 
  典型的な問題の例としてマーケットサイジングがあります。

 − 日本にはガソリンスタンドがいくつあるか
 − 日本では毎年、何本の水撒きホースが売られているか
 − 日本では毎年、何枚のトランクスが売られているか。
 − ボーイング747の重さはどれくらいか。

 どれも似たような問題に見えるかもしれませんが、4つとも異なるものです。これらに関する正しい答えというのは全く存在しません。仮に正しい答えを読んだことがあったとしても、面接官はそんなことを気にしません。

  彼らが知りたいのは、あなたがいかに論理的に答えを導くかということです。
また、マーケットサイジング問題では仮説を立てることがすべてです。あなたが立てた仮説があまりにも現実から離れていれば、面接官は指摘してくるはずです。

 そして、計算過程では常に切り上げたり切り下げを行って、計算しやすい数字を用いるようにする。

 試験問題: 日本にガソリンスタンドはいくつあるか? 人口ベースの問題。

 私は現在、人口3万人の町に住んでいますが、私の町には6つのガソリンスタンドがあります。したがって、人口5千人あたりに1つのガソリンスタンドがあると仮定します。
日本の人口を120百万人とすると、日本全体では120百万÷5千=24,000のガソリンスタンドがあると考えられます。

 【 戦略コンサルティング・ファームの面接試験 】
posted by ヒデキ at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | マッキンゼーの知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

創造力の学校(1) The Creativity

 AI、ロボットが次第に発達し、人間の雇用が奪われていくと、どんな人材が生き残れるか。

 宅急便のトラックドライバー、コンビニやスーパーの販売員、介護職の一部、公務員、企業の管理部門と、いろいろなところでAIやロボットに労働が置き換えられていくと良そうされる中、どのような人材はこれからの時代も生き残れるのか。

“10%のクリエイターが生き残り、90%の単純労働者が淘汰されていく”と予測します。

クリエイターとは、新しい仕組みやシステムをつくる人、制度を守る人、商品やサービスを売るマーケター、新規開拓の営業マンを指します。
これらの仕事はたとえAIが発達しても、会社の発展に欠かせない、人間力が求められる職種です。

創造力やヒューマン・スキルを持つ人間は、これからのAI時代にも生き残り、ますます存在価値を発揮すると思いますが、上から命じられた仕事だけを淡々とこなす事務職、単純作業はどんどんロボットに置き換えられて、能力のない人の賃金は下がっていくでしょう。

弁護士、公認会計士、TOEICで高得点を上げた専門職も、資格にあぐらをかいていることはできなくなると思います。
AIの発達で人間の能力はコモディティ化(汎用化)しており、知識産業もAIに置き換えられる傾向が出てきたからです。

日英翻訳、通訳も、グーグルなどが出している自動翻訳機能を使えば、語学のプロは今ほど必要となくなるかもしれません。その代わり、世界の架け橋となるような高度なヒューマン・スキルを持つ人間は、民間でも官庁でも価値を発揮するでしょう。

これからの時代は、
 “他人ができる仕事など自分は絶対にやらない!” といった創造力を持つ人間(ゼロ・イチで新規ビジネスを創ることのできる人間)や、どんな立場や環境の違った人間とでも、人情の機微をすくい取って上手にコミュニケーションするヒューマン・スキルの高い人材(マーケター、営業マン)が生き残ると思います。

 とは言っても、そんなスキルを磨くことは一朝一夕にはできません。
「安定」を求める生き方から、「野心」を燃やして日々をチャレンジしていくような精神がないと、AI時代に安定した収入を得るのは難しいでしょう。

 創造力の磨き方についても、日本にはそれを教えてくれる学校はありません。
皆さんには、今後も記事を通じて創造力の作り方を伝えていきたいと思います。

 『0から1の発想術、大前研一』
 
posted by ヒデキ at 05:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 頭の回転が速くなる方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

創造力の学校 (2) The Creativity


 創造力の学校 (2)  

  AI(人工知能)やロボット時代がやってくると、2040年には “事務作業”がほとんどAIに置き換えられて、企業や公務員の事務職が姿を消すと思います。現在でも、パソコンのエクセルが2000年から現場の事務作業で普及したおかげで短大卒の事務員の必要性がほとんどなくなってしまいました

 AI時代がやってくると、それに拍車をかけ、 “10%のクリエイターと90%の単純労働者” に雇用市場が2分されると思います。新しい仕組みやシステム、商品を開発し、それを究極のヒューマン・スキルで世に販売、マーケティングしていく10%のクリエイターは60歳まで安定収入を得られると思います。

 一方で、さほど創造力を必要としない中間工程の事務職や市役所の職員、配送員や販売職の多くがAIによって自動化され、残りの90%はアルバイト代に毛が生えた程度の収入で60歳まで生き延びないといけない厳しい社会がやってくると思います。

 ところが、日本では中学校から大学に至るまでの10年間が “暗記教育、偏差値教育”
に占拠され、真っ白いカンバスに自分の自由な発想で新しい仕組みや概念を創造していくCreativityを教えてくれる学校がひとつもありません。

 これは恐ろしい現象です。自分の考えを発案して世に投げ上げていくProactive(能動的)な発想方法を、日本の高校・大学では全く教えてくれないのです。

 「周りの人間がこう言っているから私もこうします。」
 「上司がこれが正しいと言っているから私もこうします。」 といったKY(空気を読む)能力にたけた凡人だけが、日本の大企業、役所で成功しているのです。

 カリフォルニア州シリコンバレーで生まれたAmazon、アップル、シスコシステムズ、HP、といったテクノロジー企業に、どんどん市場シェアを奪われていき、私たちの生活するお金の数%が常にアメリカのテクノロジー企業に上納金として召し上げられていく時代が来たのです。

 “日本勢ガンバレ!! アメリカ勢に負けるな!” と言ったところで、KY(空気を読む能力)ばかり重視して、Creativity(独創的な能力)に価値を置かなければどうしようもありません。

 この連載では、どんな凡人でも創造力を増していける秘密の思考方法を伝授していきます。

 “図々しい人だけがチャンスを得る”

 欧米の格言に 「成功が欲しければ前髪をつかみに行け!」 という言葉があります。
深く考えすぎずに、先ず行動ありき。
まず手をあげて行動に移すことが、新しい発想を実現する第一歩でしょう。

 日本人はとかく、誤ったことを言ったりやったりすると自分の評価が落ちるものだから、深く熟慮をかさねた後で、やっと行動に移すという悪いクセがあります。

 謙虚であることは美徳です。謙虚な気持ちを養わなければ、組織の中でゼロ・イチを実現することはできません。

 ただし、謙虚と言うことばが自分の逃げ場所になってしまっているのも事実です。
ゼロ・イチで新しいシステムや仕組みを創り出していくには、“分不相応なチャレンジ”の方が大切でしょう。

 「控えめでつつましくしていなければならない」 と自分に言い訳をしながら。。。

ここから先はメルマガ "熱血日記" を購読してお楽しみ下さい。http://www.mag2.com/m/0001646353.html
posted by ヒデキ at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 頭の回転が速くなる方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする