2017年02月24日

厚生労働省の過剰な規制が保育園の増設をはばむ

 全国で問題になっている託児所、保育園不足。公称5万人、潜在待機児童をふくめると30万人を超える保育園、託児所の不足が未来のニッポンを暗くしています。

 その諸悪の根源が、厚生労働省と(幼稚園を管轄する)文部科学省の過剰な規制です。

 保育園の保育士が子供たちを帰すと、終業後に残業代ももらえない状況で厚生労働省に課された日報を書かされています。

 毎日、終業後に1時間もかけて官庁の監査にあったときの対策目的で、サービス残業下で日報を強制的に書かされています。

 子供たちが安全に、楽しく一日を過ごして帰宅できれば、なにも保育士が日報を書いて1時間の余計な残業を(ただ働きで)書かなくても良いではないでしょうか。

 厚生労働省は、何か問題が起きたときに、自分たちに火の粉がかかるのを防ぐ保身の目的で、日報を強制的に書かせて、保育現場を疲弊させ、ただでさえ安い報酬で働かざるを得ない保育士の労働を過酷にしています。

 また、全国で保育士の育成が不足していますが、その諸悪の根源が、文部科学省の天下り団体が管轄する保育士資格です。

 2年間も専門教育を受けなければ、保育士の育成ができません。

 今は60歳過ぎの時間を持て余したおばあちゃん、おじいちゃんが多くいるわけですから、何も厳しい資格試験を受けなくても、自由時間を使ってパートタイマーで保育士ができれば、問題になっている待機児童問題は防げるのではないでしょうか?

 中央官庁が保身をはかり、60歳の定年退職後に天下りをするために、業界団体のご機嫌を取るために保育士免許を取るのを難しくしています。

 未来のニッポン経済は、少子化のあおりを受けてどんどん人口が先細りし、経済が縮小して我々の生活を不安にしていますが、その諸悪の根源が、霞が関の厚生労働省と、文部科学省の2つです。

 このような官僚重視の政治を変えなければ、子供を産みたくても産めない若い世代に希望を与えられないのではないでしょうか?

 閉塞感に覆われ、明るい未来が描けない日本の行政の姿にはうんざりします。子供たちを産めないような行政をつかさどる自民党政権に意見書を書こうと思います。

 意志ある人間がこの国のシステムを変えていかなければ、永遠に私たちの未来は暗いままでしょう。
posted by ヒデキ at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

旅をする仕事 (4)

【 旅をする仕事 (4)静岡県裾野市 】
20170115_094437.jpg20170115_170038.jpg
   僕の仕事はTRAVELLERS(旅人)です。今日は海の方角へ行きたいと思えば海の方に行きますし、山の方向に行きたいと思えば山の方向に行って仕事をします。

  映画 「男はつらいよ」の主人公、フーテンの車寅次郎が大好きなので、自分の好きな場所で働けるという仕事が好きです。

   先週は静岡県裾野市のお客様に合いに行ってきました。JR御殿場線に乗って神奈川県小田原から神奈川県山北町、箱根の裏側を通り、静岡県東部に入ります。

  山あいの谷をゴトゴトと走る御殿場線は、地域の学生と同じくらい、ハイキングの客が乗車しており、ビシッとスーツを着込んでいる僕など、車内で完全に浮いてしまっています(笑)。

  山間部を抜けて御殿場に入るあたりから、平坦な大地が見え始め、富士の雄大な羨望がまぶたにくっきりと焼き付けられます。

   陸上自衛隊の東富士演習場があり、企業の研究所も点在するこの地域は、ゆったり暮らすには最高の土地でしょう。

    お客様と会った後は、裾野駅前にあった台湾料理屋さん ゛華福楼゛で台湾風担々麺を頂きました。寒い日には激辛担々麺を食べて体を芯から暖めるのが好きです。

 帰りは御殿場線の終着駅、国府津で途中下車して、海岸沿いの道を下り、真っ赤な夕陽に染まる相模湾の夕暮れを見ながら缶ビールで乾杯しました。

    TRAVELLERSの仕事は、ひと仕事終えた後、その土地の風光明媚な光景を見ながらビールを飲むというのがセットになっているのがまた格別です。

 全国を旅する仕事は、まだまだ続きます。

20170115_165927-f1128.jpg



posted by ヒデキ at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月26日

ドナルド・トランプ新大統領

 「メキシコとの国境に壁を作る」って本当にやるのか! 選挙戦で人気取りのための方言かと思っていたが(笑)。

 さすが米不動産業界の大物だけあって、歴代大統領のなかで最大の建築物を作らないと気が済まないのだろう(笑)。願わくば、ボストンーワシントン間、ロサンゼルスーサンフランシスコ間に日本製新幹線を作る、と決めて欲しい。日米関係も史上最強になる。
posted by ヒデキ at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月14日

風邪をたった一日で治す秘密の方法! 

 − 皆さんはご存知でしたか? 風邪を治すには医者も、薬も、買う必要は全然必要ないという事実を。風邪は、喉元にたまったウイルスを一日10回うがいをすれば1日で回復するという事実を。

 メッチャ寒い寒波が襲い、風邪やインフルエンザにかかる人が後をたちませんが、風邪で医者に行ったり、薬を買いに薬局に行くのは知識のとぼしい人です。

風邪をひいたらある方法を愚直に行うだけで、薬にも医者にもたよらずにたった一日だけで完治する方法があるのです。

 皆さんは医者に行って千円を払ったり、薬局に行って風邪薬を買って千円を払ったりしていますが、ふつうの風邪ごときで医者や風邪薬に頼る必要は全然ないのです。お金を払うだけでムダです。

 この秘密を僕に教えてくれたのは、横浜・日吉で営業する内科医です。70歳過ぎの内科医は、寒い1月に患者が列をなしている病院で、 「ヒデキさん、ふつうの風邪ごときで病院に来る必要は全然ないんだよ。」 と教えてくれました。

 「 風邪のウイルスは喉元に集まるから、1日に10回、ほぼ1時間おきにうがいを10回すれば、どんな風邪でも1日で治るんだよ。風邪のウイルスは、喉元に集まる習性があるから、うがいだけで簡単に治せるんだ。医者も薬も、全然必要ないんだよ。試してごらん。」

 えっ!? と、ビックリするような話でした。内科医が、自分の売り上げを投げ捨てるような事実を僕にタダで教えてくれたのです。

 風邪で医者に通う必要な無い。薬を買う必要もない。ウイルスが集まる喉元をめがけて1日10回うがいをすれば、普通の風邪は1日で完治するのです。

 皆さんが薬代や医者代に使っていた千円は全くのムダだったのです。そんな医療機関に払う金があるのなら、ステーキでも買ってあなたの身体を喜ばせてあげましょう!

 その方がよっぽど健康に役立ちます。僕は34歳の時からこの話を聞いて、いままで16年間にわたり、病院に行ったり、薬局で薬を買ったりするムダを防げたのですから!!

 お金はもっと身体がよろこぶ美食に使いましょう。
posted by ヒデキ at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月08日

Fuji Speedway Mama-Chari Grand Prix

Fuji Speedway Mamachari.jpg

 富士スピードウェイ・ママチャリ グランプリ
 アイルトン・セナやミハエル・シューマッハも走ったF1サーキットをママチャリで7時間も耐久レースをするというキチガイじみたレースに参加してきました。

 東急東横線チームは1500チーム中の第63位で終了しました。
 前夜は極寒のテントで2時半まで酒宴を開き、7時に起きて、高低差35メートル、ビル11階分も起伏のあるサーキットを4週もして、口から内臓が飛び出るかと思いました(笑)。

 日本でいちばんバイタリティのある人間は自分だと信じて疑わなかったのですが、このチームには負けると思いました(笑)。富士山のふもとの美味しい空気を吸って、明るくラテン系のノリの仲間と楽しい時間を過ごせました。皆さん、お疲れ様でした!
posted by ヒデキ at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月05日

商社の勝者

原油と資源価格の下落を受け、2016年3月期の純利益による5大商社ランキングは前年と大きく順位が変動した。三菱商事、三井物産、伊藤忠商事、丸紅、住友商事という順だったのが、伊藤忠商事、住友商事、丸紅、双日、三井物産、三菱商事という並びに。

中国などの新興国経済の減速を背景に、資源エネルギー市況の低迷が続く中、収益に占めるそれらの割合が高い三井物産と三菱商事の転落ぶりが際立つこととなった。一方、繊維や食品、機械など非資源分野に強い伊藤忠商事は初の業界首位に躍り出た。勝ち負けの明暗を分けた資源ビジネスについて、考えてみたい。

"商社をめぐるこの20年間の環境"

商社をめぐるこの20年の環境をざっとおさらいしておこう。1990年代のバブル崩壊以降、商社は不良資産を抱え込んで経営が悪化し、いわゆる「冬の時代」を迎えた。経営改革や不良資産処理の断行、事業投資モデルの転換と業界再編で乗り切った。

21世紀に入り、リーマンショックによる世界同時不況という大きな出来事があったにもかかわらず、商社の業績は過去のバブル期のような打撃は受けなかった。それどころか、「夏の時代」とも呼ばれた。それは、中国など新興国の経済発展が進み、鉄鉱石や石炭、銅、天然ガスなどの資源エネルギー需要が拡大したため、この分野での投資を積極的に行ったためだ。

ところが、2014年後半、原油相場は急落。さらに金属価格も下がりはじめ、各社とも巨額の損失を計上することになった。同年度における5大総合商社の純利益合算値は1兆0399億円と前期比25%も減ってしまった。住友商事は16期ぶりに最終赤字に転落。一方、「非資源商社No.1」を標榜する伊藤忠商事はあまり影響を受けず、2位の三井物産に迫った。

"経済界に大きな衝撃 物産、商事が創業以来の赤字"
 
住友商事はこの年、資源分野で他社とはけた違いの2021億円の赤字を出した。これは、アジア企業としては最も早く現地企業とパートナーを組んで参入したシェールガス開発の失敗が大きい。

中村邦晴社長は週刊エコノミストのサイトに掲載されたインタビューで「価格が上がって、落ちたところで、また戻るであろうというところで買った。上がりのところで買ったりした。将来価格の見方が、もう少しこれぐらいのレベルで推移するだろうと」と高値買いを認めた。

住友商事が出した流れは2016年3月期、三井物産と三菱商事が引き継いだことになる。しかも両社とも、創業以来の赤字となってしまい、経済界に大きな衝撃が走った。

16年3月期の連結最終損益は三菱商事は1493億円の赤字。前期は4005億円の黒字だっただけにその落差に驚く。三井物産は同843億円の赤字。同じく前期は3064億円の黒字だった。

三井物産の松原圭吾CFOは3月の決算会見で「中国の景気減速を震源とした混乱は非常に激しいインパクト」、三井物産の安永竜夫社長も「大変重く受け止めている。08年以降、中国で生まれた資源需要の山があまりにも大きかったため、反動がかつてなく大きくなった」と苦い表情を浮かべた。

両社にとって、最も痛手となった案件は、2011年に三菱商事が日本円で4200億円と巨額を投じて24.5%を取得し、現在は両社が出資するチリの銅事業アングロ・アメリカン・スール(AAS)だ。中長期の銅価格見通しを引き下げたことで、三菱商事が2800億円、三井物産が900億円の減損を迫られることとなった。

こうした事態を受け、両社は非資源ビジネスの強化で立て直しを急ぐ方針だ。三菱商事の小林健前社長は3月の決算会見で「食料や消費者により近い生活関連を強化する」と強調。三井物産も食料やアジアの病院事業などを強化する。

"伊藤忠「非資源商社No.1」掲げ成果に繋がる"

一方の伊藤忠商事。同社は「非資源商社No.1」を掲げる岡藤正広社長のリーダーシップによる果敢なビジネス展開が成果を残した。住友商事が赤字に転落した2015年3月期の純利益は前年比22.5%アップの3005億円をたたき出した。アパレル分野では繊維では国内最大手のジーンズメーカー「エドウィングループ」を子会社化。

食品分野ではバナナとパイナップルでは世界最大クラスの販売量、加工食品では北米でトップシェアの「Dole社」を買収した。海外展開でも、タイの財閥系企業「チャロン・ポカパン」と組み、中国の複合企業「中国中信集団(CITIC)」に1.2兆円の巨額投資を実施。中国、アジアの新興国での事業展開を拡大した。

2016年11月2日に発表した2016年4〜9月期の連結決算は純利益が前年同期比5%減の2021億円。資源分野は353億円の減益となったが、非資源分野は291億円の増益と好調。17年3月期の純利益予想は前期比46%増の3500億円に据え置き、金属部門は130億円から300億円に上方修正した。

鉢村剛最高財務責任者は同日の記者会見で自社の強みの非資源分野について「各セグメントで好調な分野がある。住生活部門では海外のパルプ市況は悪いが、伊藤忠都市開発の不動産が好調。機械分野では円高や船舶は不調だが、自動車、プラント、建機でカバーできる」としている。

"商社の正念場、引き続き「非資源シフト」求められる"

ただ、非資源分野も万全ではない。たとえば、三菱商事が2014年に1500億円で買収したノルウェーのサケ養殖会社での利益を期待していたが、ロシアの需要減と天然魚の豊漁などで市況が低迷し、赤字になった。

米穀物会社を買収した丸紅、ブラジルの農業子会社を買収した三井物産、米青果物大手ドール・フード。カンパニーからアジア事業を買った伊藤忠商事、オーストラリアの穀物会社を完全子会社にした住友商事のいずれも88億〜480億円の減損となった。

とはいうものの、商社が成長戦略で乗り込んだ資源バブルというバスはすでに停車している。いかに早く下車して非資源シフトの戦略を立てられるか、正念場を迎えている。

 【 週刊ダイヤモンド 商社の英語 】


 【 商社 2018年度版 産業と会社研究シリーズ 】

posted by ヒデキ at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月30日

この一年間、ありがとうございました!

 ー 仕事納め

  今年最後の仕事を終わりました。皆様さま、この一年間お世話になりました。午前中は横浜のお客さまにプレゼンし、お昼は横浜郊外のお客様よりBBQパーティーにお呼ばれし、午後は神奈川県伊勢原市のお客様にプレゼンしてきました。

   そして今、足柄サービスエリアです(静岡県小山町)。コーヒーを飲みながら、休暇モードに入り、リラックスしています。皆さん、良いお年をお迎え下さい。
20161230_185908.jpg20161230_185806.jpg
posted by ヒデキ at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月25日

お尋ね

Manhattan Central Park.jpg

米国で最高峰の戦略系コンサルティング・ファームが中途採用を募集 (大前研一を輩出した会社です)
年収1000〜3000万円
年齢26〜36歳までで以下の4つの条件に当てはまる方
◆ 忍耐力と耐久力のある方
◆ 長時間にわたるデスクワークに耐えられる方
◆ 英語力上級 (英検1級、準1級、TOEIC850以上)
◆ 論理的思考能力に長けた方
勤務地: 東京都港区
職種 @ アソシエイト 戦略コンサルタント: クライアント企業の問題解決に当たるコンサルタント
A デジタル領域のコンサルタント
・コンサルティングカンパニー、テクノロジーカンパニー、ネット企業、VC、PE、銀行、商社、研究所、メーカーなどで、
・IT・デジタルに関する下記のような経歴をお持ちの方
 @IT戦略立案、ITコストの可視化、IT調達最適化、ITコスト削減、ベンダーマネージメント、オフショア・ニアショア開発など
 AITが提供する価値の最大化(デジタルを用いたバックオフィス業務の改革、Webフロントのカスタマージャーニーの最適化など)
 Bデジタル新技術の活用促進による新たな付加価値の提供(FinTech, クラウド、IoT、Bigdata、AI、Machine learningなど)
日本支社では、テクノロジー分野にて数年以上の実務経験をお持ちで、これまで卓越した実績を残されている方だけを厳選させていただき、Digital領域のコンサルタントとして採用しています。経営におけるDigital対応の重要性の高まりを受けて、1997年からこれまでに5,000以上のDigital領域のプロジェクト実績を世界50カ国以上の拠点で持っています。テクノロジー分野に強いコンサルタントはDigital領域以外のプロジェクトも含めて国内外のトップ企業の経営課題解決に携わっており、その専門性とグローバルに蓄えられた知見を活用しクライアント企業のITの高度化や最新のテクノロジーを活用した新たなビジネスの構築支援などのプロジェクトに従事しています。今回は特にクライアントからのDigital系のプロジェクトの需要の急激な高まりに対応するため、このタイミングで採用します。
我こそは! と思う方、自分の人生を危険にさらしてみたい方、また、この条件に当てはまる人材をご存知だという方はDM下さい。
posted by ヒデキ at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月18日

富士スピードウェイの ママチャリ・グランプリの参加者を募集!

ママチャリ.JPG

ママチャリ2.jpg

 2017年1月7日(土)に富士スピードウェイで開催されるママチャリレースに東急東横線チームから参加して下さる方を募集します! 

 体力のある方、1月7日(土)が休みの方、是非ご参加下さい。

 現地までは車で一緒に行きますので足の心配はありません。食べ物、飲み物を準備して、前夜祭も行います。
改造した超ハイスペックのママチャリで1周4.5キロを走りますが、F1レースをやる場所ですので、上り坂は33mの高低差があり、ビル11階分を、富士山の雄大なパノラマを見ながら走ります。

 空気は美味しく、普段は味わえない爽快感を楽しめます。
東横線チームは明るくてラテン系のノリの人が多いです。レースが終わった後、綱島で打ち上げ会を行いますが、それがレースに増して楽しいひと時です。

 興味のある方はメッセを下さい! コメント欄にハンドルネームと連絡用Eメールアドレスを入れてご連絡下さい。Eメールアドレスはブログ管理人しか見られないため、個人情報の機密は守られます。

 いっしょに美しいパノラマを楽しみましょう!
posted by ヒデキ at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月19日

Silicon Valley シリコンバレー

siricon valley1.jpg

Silicon valley2.jpg

 大学4年生の長男が、先週からシリコンバレーにアメリカのテクノロジー産業を肌で感じるために見学旅行に行っています。

 4年生の4月からはじまった就活。最初は世界を舞台に働くのだと、総合商社を狙いにさだめてエントリーしていました。

 僕も学生時代は商社マンになって地球の裏側まで行き、世界の5大商人(華僑、印僑、ユダヤ、ペルシャ商人、フェニキア商人)と丁々発止の取引をして日本の国益を稼いでこようとしていました。ところが、大手商社の採用試験は超難関。書類選考からおとされて、泣く泣く外資系銀行に就職しました。

 息子に父の叶えられなかった夢をかなえてもらいたい! と勝手に夢をふくらませていましたが、インターンシップに通っていたIT企業に内定をもらい、IT産業に生涯をかけると決めてしまいました。

 「なんちゅうもったいないことをするんや!」 社員の平均年収1,400万円の総合商社は日本経済のトップエリートです。採用過程を自ら辞退すると、さっさとITの世界にどっぷり漬かりはじめたようです。

 「日本の非効率を効率化できるから!」と、あくなき可能性の拡さをIT産業に見出したようです。

 アメリカのテクノロジー企業の現場を見てきたい。と、アルバイトで貯めたお金をはたいて、シリコンバレー、サンフランシスコへと旅立ち、Google社、Facebook社、アマゾン社、アップル社の研究施設を訪問に出かけました。サンフランシスコのSohoオフィスやスタンフォード大学も行くようです。

 まあ息子の人生ですから、本人の好きなように任せましょう。自分の信じる道は、たとえ職場に寝袋を持ち込んででも、徹底的に極めてほしいと思います。いつか大きな花を咲かせてまた父親を喜ばせてくれることを願って。

 【 シリコンバレー流 世界最先端の働き方 】



posted by ヒデキ at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月12日

Trumpさんが大統領になって思ったこと

 Trumpさんが大統領に選出された水曜日に思ったこと。
 
 1. America is a really dynamic country, not like Japan. 保守的な日本と違って革新的な国やで!

 だから世界 No.1の経済大国になれた。リスクを怖れて一歩を踏み出せない保守的な日本と全然違う。リスクを取っていく。

 2. 日本株を売っておいて良かった! お金が増えた。

 3. アメリカの軍産複合隊や石油産業は、今年の前半にデイビッド・ロックフェラー財閥総統と、ヘンリー・キッシンジャー元米国務長官(米中国交再開を1974年に実現したユダヤ人外交官)にトランプさんを面接して、アメリカの軍事産業、石油産業への忠誠を誓わせたというニュースを聞いておいて良かった!

 歴史は、偶然には起こらない。

 必ず、それを画策している勢力がいる。イギリスのEU離脱も、米国大統領選挙もそうだが、メディアの言うことを決して信じてはならない。メディア、マスコミは、誰と誰が不倫したとか、ベッキーとゲス川谷が不倫したとか、下らない知性しか持っていない。外国語能力がゼロだから、現地の市民にインタビューすらしていなのが日本のテレビ局、新聞社だ。

 マスコミは自分にとって都合の良いニュースしか流さない。
 
 世界の経済は、自分の頭で考えないと、下らないメディア企業、マスコミ企業に流されるだけだ。

 【トランプ自伝 − 不動産王にビジネスを学ぶ 】



 【 トランプ大統領とアメリカの真実 】


posted by ヒデキ at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月08日

トランプさんが大統領になってもアメリカ経済は世界最強

manhattan 2.jpg

 − 金融経済が暴落しても実体経済は大丈夫。ビクともしない。 

 アメリカ大統領選挙は2つの見方をすると理解できます。国民と、選挙人の動かす票がきめる民主的選挙という側面と、大口納税者がハバを利かせるロビイスト(ワシントンの議会周辺で大企業の代弁をするエージェント)の実権争い。

 
 政治イベントというよりエンターテインメントと言った方がふさわしい ”史上最低の大統領選挙” ですが、メディアの中傷合戦を見ていても、さすがはハリウッドを産み出したエンターテインメントの国だ! と、変なところで感動してしまいました。。。

 ヒラリーの支持率が上がったとか、トランプさんの支持率が上がったとか一喜一憂していますが、それは国民の投票部分だけ。アメリカの政治を動かす実権者はもっとずっと深いところで誰にも見つからずにひそかに動いています。
 
 アメリカが強いのは、1.経済力が最強 2 軍事力が最強 3 外交力が最強 という要因につきますが、表に出てこないところで政治を動かしているのが旧経済です。

 アメリカと言えばIT産業と金融業の新産業が2大産業ですが、その次に来るのが軍産複合体と石油産業の旧経済です。軍産複合体はアメリカ経済の4%以上を占める巨大産業(ボーイング、ロッキード・マーチン、デュポン、ダグラス等)ですし、石油産業は3大財閥のロックフェラー家、モルガン家、メロン家などがかかわっています。

 それら旧産業は、IT産業や金融産業ほど表に出ませんが、実はワシントンにいるロビイストを使ってしっかりと利益を確保しています。

 思い出して下さい。2003年のイラク戦争、チュニジアのカダフィ大佐の殺害、2014年からのISISの勢力拡大と、3〜5年おきに世界で紛争を起こしてきたのがアメリカの軍産複合体です。それに動かされたのがバカ・ブッシュ元大統領です。

 軍産複合体は、3年から5年おきに戦争がおきないと、利益を出すことが難しい特殊な産業です。だから、IT産業や金融業のようにメディアや広告の表に出てきません。いつも大統領選挙や国政の裏で動いています。

 今回の大統領選挙で、もともとエスタブリッシュメントだったヒラリーは、...
ここから先はメルマガ ”熱血日記” を購読してお楽しみ下さい。
http://www.mag2.com/m/0001646353.html
posted by ヒデキ at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月16日

HomeTown, Hamanako Lake

DSC_2127.JPGDSC_2126.JPG
 浜松に帰省すると親戚と会ったり、法事に出席したりしますが、最近は母をドライブに連れていってあげるようにしています。

  今、3人の子供を育てていると、楽しいけれども大変だというのが分かりましたので、同じように3人の子供を育ててくれた両親に感謝しています。

  「親孝行したいと思えど親はなし」と言いますから、亡くならないうちに親孝行したいと思います。

  一番の親孝行は、孫の顔を見せることと、母親をドライブに連れて行き、美味しい鰻を食べることです。

  中でも浜松で一番好きなところは奥浜名湖です。入り江が入り組み、あちこちにマリーナやはしけがあり、東京や名古屋のお金持ちの別荘が湖畔にたたずみ、湖面の美しさとともに優雅な顔をのぞかせてくれます。

  ここを車でドライブする際にはボサノバを掛けながら運転します。

  好きなアルバムは ゛Milk Bossa Lovesa AOR, by Marcela Mangabeira ゛ です。

  甘ったるいメロディを掛けて、奥浜名湖の風景を眼に入れながらドライブをすると、非日常感にドップリと漬かれます。

   僕が観光業者だったら、路上の看板を全部取っ外して、イタリア語に書き替え、「日本のアマルフィ」と 宣伝して全国からお客を集めるでしょう。

   鰻の方は浜松のソウルフードですが、現在は愛知県の方がトヨタのカンバン方式を駆使したためか、生産高が日本一になってしまいました。

   もうひとつの浜松の魅力は楽器の街ということです。ヤマハや河合楽器は浜松が本社で、浜松駅前には楽器博物館もあります。

  ほとんどの家にはピアノかエレクトーンが置いてあり、女の子はたいてい、地元の音楽教室に通わされることになっています。 

   楽器、オートバイ、自動車、光電子工学(浜松ホトニクス)と産業が集積した浜松は、中部地方では名古屋市に次ぐ80万人の人口を誇っています。

  そんな浜松に帰省すると、気分がリフレッシュして、新たな活力をもらえます。 



posted by ヒデキ at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月08日

ザ・商社!! 日本経済の発電機

「教授、伊藤忠に決まったので単位ください!」 ファミリーマート社長 沢田貴司氏
 − 奇跡の就職ストーリー

 大学4年になり就職活動が始まった。

 1980年のことです。NHKで「ザ・商社」という経済ドラマが放送されました。松本清張の原作で、総合商社の安宅産業の経営危機の実話をもとに石油の利権獲得に奔走する商社マン(山崎努)の姿を描いた話題作です。毎回、わくわくしながら見ました。

 しかし、僕はアメリカンフットボール漬けの日々。就職人気ランキング上位に名を連ねる総合商社は無理だろうと諦めながらも会社訪問だけはしました。

 ところが、ある日、伊藤忠商事にいるアメフト部のOBから「伊藤忠に入社する気はないか?」と尋ねられたのです。驚きました。今思えば体育会系の入社枠でもあったのでしょう。OBの力もあって内定を頂きました。
内定はもらったが、卒業が危うい状況だった。

 1年生から3年生までギリギリの単位取得で進級していました。もし4年で1つでも単位を落とすと留年という瀬戸際に立たされていました。

 担当教授に「伊藤忠に決まったので、単位を下さい」とお願いに行くと「君の成績で伊藤忠? それは奇跡だ」と驚かれました。教授の知る限りこれまで物理学科から伊藤忠に入社した学生はいなかったそうです。何とか単位を落とさずに卒業をすることができ、ほっとしましたよ。

 「ザ・商社」のモデルとなった安宅産業は77年に伊藤忠が吸収、その影響もあってか、僕たちが入社する数年間は採用を絞り込んでいました。

 反動で81年入社組は久々の大量入社だったようです。

 就職活動時の伊藤忠の本社は日本橋でしたが、翌年の81年に現在の本社のある青山に移りました。ピカピカの新社屋で社会人人生のスタートです。
エネルギーの仕事をしたかった

 やはり 『ザ・商社』の影響が大きかったですね。

 ただ、実際に配属されたのは有機化学品に関係する部署です。塗料やウレタンの原料、プラスチック、ベンゼン、ナフサなどを扱う所です。住友化学や三菱化成などの大手化学メーカー相手の取引でした。

 チャーター船の計画、貿易実務、決済など商社の仕事の基礎をたたき込まれました。海外とのやり取りはまだテレックスの時代です。艀(はしけ)に乗って東京湾の沖に停泊しているタンカーに飛び乗って原材料の確認もしました。

 残業していると営業担当の上司に呼び出され取引先を接待し、お客さんをお見送りしたあとに再び会社に戻ることも日常茶飯事。横浜の独身寮には終電で帰り、始発で出社してました。「これが商社の仕事なんだなあ」と充実した新人時代を送っていたのを覚えています。

伊藤忠商事.jpg
posted by ヒデキ at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月02日

ママチャリグランプリ参加者募集!

ママチャリ.JPG

ママチャリ2.jpg

2017年1月7日(土)に富士スピードウェイで開催されるママチャリレースに東横線チームから参加して下さる方を募集します! 

体力のある方、1月7日(土)が休みの方、是非ご参加下さい。
現地までは車で一緒に行きますので足の心配はありません。食べ物、飲み物を準備して、前夜祭も行います。

改造した超ハイスペックのママチャリで1周4.5キロを走りますが、F1レースをやる場所ですので、上り坂は33mの高低差があり、ビル11階分を、富士山の雄大なパノラマを見ながら走ります。
空気は美味しく、普段は味わえない爽快感を楽しめます。

東横線チームは明るくてラテン系のノリの人が多いです。レースが終わった後、綱島で打ち上げ会を行いますが、それがレースに増して楽しいひと時です。

興味のある方はメッセを下さい! コメント欄にハンドルネームと連絡用Eメールアドレスを入れてご連絡下さい。Eメールアドレスはブログ管理人しか見られないため、個人情報の機密は守られます。
posted by ヒデキ at 08:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月27日

飛行機が片翼で飛ぶわけがない ダイバーシティの重要性

【 飛行機が片翼で飛びますか? 日本人、男性、シニア、有名大学出身。マネジメント層が偏っていて企業が成長するわけがない】

- 私が女性事業本部長に「4時に帰れ」と命令した理由/カルビー 松本晃会長

伊藤忠商事からジョンソンエンドジョンソンの社長、そしてカルビーの社長に抜擢されて電撃的な快進撃をつづける松本晃氏の考えは、非常にアメリカナイズされた合理性に基づいています。

「プロ経営者」として強いコミットメントで組織改革を推進。7期連続増収増益と躍進を続けるカルビー会長・松本晃は、いかに改革を成功させたのか。

働く女性の視点で販売の活性化に成功した「フルグラ」。狙いをシリアル市場から朝食市場へと発想を転換させ、米ケロッグの牙城だった国内シリアル市場を切り崩した。4年で年商は6倍。カルビーの業績好調の強い推進力となり、540億円といわれるシリアル市場でフルグラの売り上げが220億円を超えた。

ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の日本法人社長などを歴任しカルビーのCEOに就任したのは2009年。フリーアドレスなどを取り入れたオフィスや人事評価の”見える化”など「働き方」改革も進める松本晃の根底にあるのは、徹底した「成果主義」だ。

─女性の管理職登用に数値目標を取り入れるクオーター制に賛成の立場を取られている。

私はとにかくデジタル人間。数字がないと体が動かない。カルビーでは今、10・20(テン・トゥエンティ)と言っている。毎年売り上げを10%伸ばせ、利益を20%伸ばせ、と。就任して7年間の数字の結果は、ほぼ伴っている。

ダイバーシティも同じ。J&Jの時は、35・25・25。「社員の35%は女性、管理職の25%は女性、エグゼクティブ/ディレクター以上の25%は女性。これを退職までに達成する」。これで終わり。実際に達成した。カルビーでは「20年までに女性管理職比率30%一番乗り」を目標に掲げている。今、22%。30%になったら、次は「50%にしたら」、と言う。

─ダイバーシティの重要性を実感するきっかけは。

J&Jの社長をしていた01年のこと。直属の上司だったビル・ディアスタインから「日本はなぜダイバーシティをしないんだ?」と聞かれた。「こんなに女性管理職が少ないのは日本とパキスタンくらいだぞ」と。

当時は私もダイバーシティについてよく分かっていなかったが「言われてみればその通りだな」と。世の中の半分は女性なのに、マネジメント層は男性ばかり。優秀な人は男女を問わず優秀。これでは片翼しか使わずに飛行しているようなもの。企業が成長できるわけがない。

─重要性は分かっていても、実現できない企業が多くある。

ポイントはある。1つは、トップがはっきりコミットする。さらに数字でコミットすること。登用は上からやる。下級の管理職から細々とやるのではなく、上級管理職を早く女性にすれば、あとは早い。

─候補者がいないという声もよく聞く。

それは嘘。探していないだけ。「来年からこのポジションは女性にしろ」。これで終わり。あと、誰が良いのかは分からないが、皆で決めろ、と。そうすれば候補が挙がってくる。その中から1番、2番、3番の人と決めて、1番いい人からオファーする。

─女性が管理職になりたがらない、という声については。

それも言い訳だ。これまで僕がオファーして断った人はー人もいない。見合った昇給を提示しているから。しかし、男性と女性ではちょっとした違いがある。女性はよりプラグマティック。男性は昇進するけれど給料が下がる、という状況でも喜んでやるが、女性はレスポンシビリティとコンペンセーションのバランスが合わなければやらない。

現状では、家事・育児に関して女性がハンディを背負っているのは事実。それに対処するのは、マネジメント側の責任だと思っている。

─事業部長となった女性に「4時に帰れ」と指示したと聞いたが。

会社にベンチマーキングを作れば、変わる。現在執行役員で、中日本事業本部のトップは福山知子という女性。スナック事業でカルビーに次ぐ2番手は湖池屋だが、中日本事業本部の売り上げは湖池屋の1.3倍はある。従業員が約900人、工場が3つ、売り上げは400億円以上。3年前、そのトップに当時小学4年生と1年生の子供がいる福山がなった。

そこで、私は彼女に言った。「私はあなたに命令する。この命令が聞けないなら、会社をやめるか、職を辞退するかどちらか。何でもいいから4時に帰りなさい」。彼女は今、その命令を忠実に守っているが、何の問題も起きていない。

ダイバーシティは、並行して働き方改革を進めなければならない。働き方改革で最初に言ったのは「とにかく早く帰れ」。福山には「4時に帰れ」。しばらくしてから「2時に帰れ」。さすがに2時に帰る社員はいないが、「終わったら帰れ」。今は「会社なんか来るな」と言っている。昔ならともかく、今はツールが揃っているので仕事は毎日オフィスに来る必要はない。

─なぜ他の企業ができていない改革が成功していると思うか。

「コミットメント・アンド・アカウンタビリティ」。ビジネスの世界は政治と違う。コミットしたら必ず結果を出さなければならない。経営哲学でも何でもなく、基本的なこと。稼がないと設備投資はできない、新商品の開発はできない、社員の給料も増やせない、税金も払えないし配当も払えない。

成果を出すためのイニシアチブを一つずつやっているだけ。成果につながらないことは何もやらない。ダイバーシティもその一つだ。

まつもと・あきら◎1970年京都大学農学部卒業、72年同大学院修士課程修了後、伊藤忠商事入社。93年ジョンソン・エンド・ジョンソンメディカル入社、99年ジョンソン・エンド・ジョンソン社長に就任。2009年6月より現職。

カルビー◎2016年4〜6月期の連結決算は純利益が前年同期比10%増の38億円で過去最高。売上高は617億円(3%増)、営業利益は71億円(17%増)。09年に就任した松本晃会長の強いリーダーシップの下、女性執行役員数も26.7%と、ダイバーシティ先進企業のトップをひた走る。

 【 社員が結果を出せる 「仕組み」 とは何か − ハーバードビジネスレビュー 】



posted by ヒデキ at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月25日

風邪を一日で治す方法

【 風邪を一日で治す方法 】

 ー 薬も医者も、全然必要ない!!
 秋の気配が迫るころ、あちこちで風を引いて寝込んだり、咳が止まらない人たちが増えてきました。

 風邪を引いたら会社を休んで医者に行くのが常識ですが、医者にも薬にも頼らずに、一日で風邪を治す秘密の方法があるのです! これを開示したとたんに、全国の内科医の商売は上がったりになるので、公開情報では決して流せないのですが、実話です。

 過去15年以上、風邪で医者や薬にかかったことが一度も無い ( インフルエンザ感染時は別 ) 僕が実証済みなので間違いありません。

 風邪を一発で治す方法を教えてくれたのは、あろうことか内科医でした。熱と咳に悩まされ、内科医にかかったある日、先生がおっしゃいました。

 「 たかが普通の風邪ごときで医者に来る必要は無いんですよ。インフルエンザは別ですが。
風邪というのは、ウィルスが喉元に集中するんです。病原菌は体内全部ではなくて喉元に集中するんです。

 だから、風邪にかかったかな? 体調がおかしいな? と思ったら、一日10回、うがいを丹念にして、後頭部を後ろに向けて15秒すれば、まずたいがいの風邪は薬や注射に頼らなくても1日か、せいぜい2日で完治するんですよ。

 今日も風邪の患者がたくさん来院していますけど、プロからすれば、普通の風邪ごときで内科医にかかる必要も、薬を飲む必要も全然無いのですよ。 」 

 もうビックリ仰天の発言でした!!

 いくら白髪の紳士で自分のドクターキャリアをほとんど終了し、3台目のBMWの新車を購入するお金にも全く心配の無い内科医といえ、自ら売上を激減させるようなアドバイスを患者にするとは!

 このアドバイスは効果てきめんでした。

 悪寒を感じ、これから体調崩しそうだと感じたら、一日10回、一回あたり15秒のうがいを、後頭部を後ろに向けて喉元のウイルスを直撃するスタイルでうがいをすれば、多くて2日で風邪は完治するのです。医者も薬も全然、要らないのです!

 おかげで、医者に払う治療費はここ15年節約し、代りに身体がもっと喜ぶサーロインステーキを食べてステーキな秋を過ごしているのです!!

 ( OYAJIギャグですみませんでした。 )

 ついでに言うと、風邪や体調不良に効く効果の No.2 と No.3は、

 A 毎日、ニンニクを一粒、スライス切りにして、フライパンで塩、コショウで炒めて食べる。

  ● イタリアのマフィア映画、 『 グッド・フェラーズ 』 ( ロバート・デニーロ主演 ) を見ましたか? アウトローのド派手な生活を日々営み、NYPD ( ニューヨーク市警 ) と追って追われての緊迫した毎日を送るイタリアマフィアは、どんな料理にもニンニクスライスを入れる。

 B 常に厚着をして、体温を温かく保つ

 オフィスの空調が寒いとか、季節の変わり目に寒くて体調を崩す人は、とにかくカーディガンやベストを羽織って体調を暖かく保つこと。これは風邪だけでなく、腰痛にも頭痛にも神経痛にも効く、万病に効く普遍的な原理なのです!

 まずはだまされたと思ってお試しあれ!
少なくとも、内科医や薬代に払ってきたお金をステーキ代に活用できます (笑)。

 【 薬で病気は治らない − 薬を使わない薬剤師が使う27の健康法 】


 【 その1錠が脳をダメにする − 薬剤師が教える薬の害がわかる本 】

posted by ヒデキ at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日銀の金利政策で為替相場はどうなるか?

【 ゴールドマン・サックスのシルビア・アルダーニャ氏、円は108円まで下落 】

  先週の日銀による金利政策決定で、為替相場がどうなるかについて、ゴールドマンサックスから面白いコメントが出ました。 

 日銀は市場でたびたび起こった日本国債の希少化を巡る議論を華麗に終わらせた。10年債利回りを0%に維持するのに必要な債券購入額はかなり少ないとみられるためだ。同時に「オーバーシュート型コミットメント」で債券買い入れを実質的に無限化させており、ハト派的であり重要な政策変更と取れる。円相場は年末までに1ドル=108円に下落するだろう。
posted by ヒデキ at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月19日

保険に入りすぎ

 FP(ファイナンシャルプランナー)の仕事をやっていて気付くのが、多くの人が保険に入りすぎているということです。保険営業マンの言うがままに加入してしまい、実は日本の社会保障制度をつかえばそんなに入る必要が無いのに毎月、高額の保険料を払っている方が多くいます。

 日本はスウェーデンやノルウェーなど北欧諸国とおなじくらい社会保障制度が充実していて、遺族年金制度、障がい者年金、健康保険制度、高額療養費制度、後期高齢者医療保険制度、はたまた失業給付金まで含めたら世界のトップレベルです。

 これらの制度をよく知ってから保険に加入するのならまだしも、知らないがままに多くの掛け金を払っている方が後を絶ちません。最近では、貯蓄をすると医療保険が無料でついてくる商品まで出ているので、なにも医療保険に毎月、掛け捨てで保険料を払うのはもったいないと思います。

掛け捨ての医療保険に入ると、一生涯で100万円から200万円も払うことになり、もし健康体でいたならば払ったお金はムダになります。

 また、将来の年金不安から、自分で年金を積み立てようと勧誘され、円建ての終身保険で極端に利回りの低い終身保険に加入された方もいらっしゃいます。1%にも満たない金利ですが、いったん加入すると、この利率が将来まで固定されてしまうのです。

 もっと高い金利で年金を増やせる保険商品もたくさんあるのに、よくよく調べもせず加入してしまうのです。

 保険の見直し相談、将来の老後資金の相談等、視聴者の皆さまには無料で行いますので、相談をご希望されるかたはメッセを下さい。 メール: nekketsu9@gmail.com


posted by ヒデキ at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月16日

身体障がい者を持つ親の幸せ

 暑い盛夏の金曜日の夕方、仕事が終わって横浜郊外、綱島の純喫茶でソファーに体を落としてクラシックギターのBGMを聞きながらアイスコーヒーを飲んでいました。すると、店の入り口から70代のご夫婦と40代後半とおぼしき自閉症の子の3人が僕の目の前のテーブルに付きました。

 おそらく一週間の終わりを家族3人でこの純喫茶で食事するのを習わしとしているのでしょう。

手慣れた感じでバナナオーレ3つとピザパン、ポテトグラタンセット、スパゲティミートソースセット、デザートにパフェ3つを注文すると、顔に幾重ものしわの刻まれたご夫婦が楽しそうに話を始めました。

僕が本を読んでいるあいだ、ずっとこのご主人と奥さんはこの一週間に起こった出来事やオリンピックについて楽しそうに話し、息子さんは話こそしないものの、ニコニコと嬉しそうな顔を向けて、バナナオーレを飲んでいました。

そのうち料理が運ばれてくると、息子さんは手慣れた感じでフォークとナイフを使い、ミートソースを美味しそうにほうばっていました。会話には加わっていませんでしたが、家族3人の幸せの空間をこの息子さんはとても楽しんでいるのが伝わってきました。

 障がい者の子どもを持つと、親御さんの抱える心配や苦労は他の親の数倍もあると聞きます。でも、他人と違い、人並の幸せをつかむことのできない自分の子を人一倍いとおしく感じ、深い愛情を注いで育てるそうです。

僕が米銀で働いていたときに、社会貢献活動の委員長を務めていました。さまざまなチャリティ活動を行ったなかで一番、深く感動したのが身体障がい児童を遠足に連れて行くプロジェクトでした。

 有志を募り、日曜日の朝に桜木町の駅で福祉施設の子供たち20人をお預かりし、みなとみらいや山下公園で楽しい一日を過ごしました。何かあってはいけないので、一日中、緊張感を張りつめていました。

外洋船をみながらソフトクリームを楽しそうにほおばる車椅子の小学生の女の子を引率していると、ふだんは考えないことを考えるようになります。

夕方になって任務を終えて子供たちを桜木町駅に連れていくと、そこには親御さんたち20数人が待っていて、僕たちに感謝の言葉を述べてくれました。普段は子供たちの世話で息をつくひまもないが、今日は貴方たちに子供をまかせて、自分たちもたっぷり休養できました。ありがとう、と。

ランドマークタワーで買った人形を嬉しそうな顔で親に見せている子供たちと、子供の喜ぶ顔を見て笑顔を向ける親御さん。

ご家族を駅の改札口で送り出すと、緊張感が解けたのと、ボランティアは子供たちだけでなく親御さんの役にもたったのだと分かり、心なしか涙が落ちてきました。深い充実感に包まれました。

幸いにも自分の子供たちは何不自由なく育ってきました。でも、障がい者を育てている親御さんは人知れぬ苦労を、人の見ていないところでされています。運ひとつで簡単に変わってしまいます。

すぐ向かいのテーブルで、食事が終わった3人家族が、デザートのパフェを笑顔で頂いている姿がとても印象的でした。父親は饒舌で、この家族を幸せにする信念みたいなものを顔に刻ませているのがうかがえました。

時間にしたら1時間強でしょうか。最後に3人がテーブルを立って店を後にする際、息子さんが 「ごちそうさまでした」と、初めて口を開きました。

家族の愛情やきずなの深さを感じた1時間でした。僕には何もできません。
でもこうした親御さんのご苦労が少しでも減るように、お金の心配や将来の心配が少しでもなくなるように、豊かな日本の経済を創っていくこと、税金を払って社会保障システムを続けていくこと。

そして、社会的に弱い人たちにも寛大な心で優しく力を差し伸べることかなと思いました。

 【 好きなことだけして生きる − PHP研究所 】
  − やってみればたいていのことはできる。
    最初の一歩を踏み出すことが大事
    がまんはしない。
    人生は本当は上りのエスカレーター


posted by ヒデキ at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月07日

森の中のプール

tunasima pool.jpg

 −  横浜市 綱島
 
 土曜日の今日も全力で仕事をしていました。午後4時過ぎになっても35°Cの猛暑。
もうこれ以上、仕事したらバテる、と思って横浜北部の郊外にある森の中のプールに1時間だけ浸ってきました❗

 リラックス出来ました(笑)。

  【 安い! 】



  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ┃       DMM FXは国内口座数第1位      ┃
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛  
※2016年2月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2016年2月口座数調査報告書)
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1I2U30+7QNN6+1WP2+6CP0Z

   全┃20┃通┃貨┃ペ┃ア┃業┃界┃最┃狭┃水┃準┃!┃!┃
  ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

   USD/JPY 原則固定0.3銭 ◆ EUR/JPY 原則固定0.6銭
   GBP/JPY 原則固定1.1銭 ◆ AUD/JPY 原則固定0.7銭

posted by ヒデキ at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月24日

娘が短期語学留学へ

 夏休みも始まり、高校1年になる娘がカナダへ短期語学留学へと旅立ちました。毎年子供たちのうち誰か一人は海外へ行くので親の負担は大変ですが(60万円もかかります)、英語を使って生活できるようになって欲しいですし、何よりも世界の人たちとコミュニケーションできる素晴らしさや、広い世界を肌で知って欲しいと思います。

 強烈な原体験を積むと、それまで狭い世界で生きてきた自分の価値観がある日突然、広くなります。僕の場合は大学時代に行ったロサンゼルスのホームステイでした。アメリカのだだっ広い道路、年収500万円に満たない家族がプールとバックヤードの付いた大きな家に住んでいるのを見ると、アメリカの豊かさにまずショックを受けました。

 1985年でしたから、ロサンゼルス・オリンピックの終わった翌年です。
 経済大国と言われつつも小さな家、昔から変わらない狭い道路や細々とした街に住む日本人の生活がとても貧相に見えました。

 そして、アメリカ人の心の広さにまた大きなショックを受けました。相手を受け入れて、手厚くホスピタリティでもてなす寛容さは、日本人には無いものだと感じました。人種のるつぼと言われ、多様な国からの移民を受け入れて、仲良く共生する社会をつくる。

 アメリカ人の寛容さが日本にもあったら、いじめの問題も減るだろうし、チャンスに挑戦するフロンティア・スピリット(開拓者精神)に恵まれて、社会もビジネスも活性化するのではないかと思いました。

 そんな強烈な原体験になるものを娘には海外で得てきて欲しいと思います。実り多い夏休みになりますように。
posted by ヒデキ at 07:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月12日

選挙後の日本経済について (1)

CIMG3094.JPG

  参議院選挙がおわり、とりあえず安定政権がむこう3年間は続く日本は安泰だということで、ホッとした日本人、外国人が多く、株は上がり、日本円は下落(なぜか国の運命の逆に動く不思議!?) しています。

 わたしたちは日本に生まれて幸せです。つい2週間前にEU離脱をめぐる国民投票をしたイギリス国民ほど知的水準が低くないからです。 「日米安保条約を破棄する!」 といったバカげた国会議員もいなければ、よしんば国民投票にかけられたとしても、それに投票するような頭の弱い国民は日本にはいないからです。

 200年も昔に世界の7つの海をまたいで植民地化したからと言って、過去の栄光をいまだにプライドとして頑なに自己主張をするイギリス国民は、むこう200年から300年将来にわたって没落の運命をたどるでしょう。

 新しいアイデアや創造力が、全然、産まれてこないからです。世界貿易や世界経済をリードする頭の柔軟さが欠如しています。

 過去の栄光にしがみつく国家が、どれだけ精神の退廃をもたらし、知的水準が低下するかを知りたければ、ポルトガルやスペイン、英国のたどった歴史を見れば一目瞭然だと思います。

 さっそく自民党安部政権は、「10兆円の景気刺激対策」 を打ち出し、アベノミクス路線を今後も続ける方針を明確にしました。これまで安部政権を支えてきた超金融緩和政策をつづけ、 「実体経済は上向かないけど、中央銀行の輪転機をじゃぶじゃぶ回して見せかけ上のバブル経済を演出する」 という方針に変わりはないようです。

 ちょっと待って下さい。国内消費経済が低迷しても、国中を札束であふれさせ、日本政府のつくった財政赤字を、中央銀行に買い取らせることで膨張させる経済政策は有りでしょうか?

 みせかけの景気は上向いたとしても、それを演出した赤字国債は国の借金として、未来の子供たちや孫たちの世代につけ回されます。これは、現代に生きる我々が仮の好景気に踊らされているだけで、国の富は全然、増えていない、むしろマイナスに転じているということを意味します。
  
 (つづく)

 【 なぜ日本経済は世界最強と言われるのか? − 投資銀行家 ぐっちーさん】



 【 上位1%のエリートしか知らない ニッポン経済世界最強論 − 投資銀行家 ぐっちーさん】






posted by ヒデキ at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月10日

大阪出張

天王寺.jpg

harukasu.jpg

鶴橋.jpg

生野区猪飼の.jpg

週末は関西地方のお客さまと精力的にお会いしてきました。大阪大好きです!街並みも、商人魂も(伊藤忠や丸紅を生んだ町です)、食べ物も。昨夜はお客様とJR大阪環状線の鶴橋にあるコリアンタウンで焼肉を食べてきました。生野区猪飼野は昔から韓国人が多く、道端を歩いていると韓国語が飛び交っています。

 終戦直後の雰囲気が今でも残るレトロな雰囲気です。トタン屋根のバラック風の商店街が交錯する庶民的な街で、大阪の原点と呼んでも良いようなバイタリティを感じます。タイムスリップした気分でした。

 大阪はキタ(梅田)、ミナミ(難波)、天王寺・アベノハルカス、新世界、USJと見どころがたくさんありますが、一番ディープな大阪が鶴橋でしょう。

 今後は関西のお客様を増やしてせっせと大阪に通いたいと思います。

posted by ヒデキ at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月03日

国政選挙で真面目に投票すれば、イギリスみたいに没落しない

 − 写真: 地下鉄内で国籍差別で罵り合いを繰り広げるイギリス市民

  EU離脱といった重大な問題を国民投票にかけるといったあさはかな知性しか持たないキャメロン政権にはビックリしましたが、国の命運が200年から300年も衰退するような選択肢しか頭に思い浮かばなかったイギリス国民の知性の低さには驚きました。

例えて言えば、「日米安保条約を破棄する」 国民投票を47都道府県で実施するほど知的水準が低いのが現在のイギリス人です。野党、反政府派、ポピュリズムの策士がちょっと暗躍すれば、どの国でもこんな悲劇は起こりえます。

仮に米国共和党代表のトランプさんが 「TPP反対!アメリカ合衆国を51の州に分離独立させよう!」 という奇異な政策を打ち出すかどうかは別として、こんなバカげた政策を平気で打ち出したのが現在のイギリス人です。

 私たちは日本に生まれて良かったと思います。日本人には、政府がバカげた政策を打ち出しても、それを議会制民主主義で政権をひきずり下ろせるくらいの国民の知性がありますから。

 国政選挙は真面目に投票しましょう!

https://www.facebook.com/TELEGRAPH.CO.UK/videos/vb.143666524748/10154416771724749/?type=2&theater
posted by ヒデキ at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月29日

日本で初めて! 経済&お食事会 明日の夜開催

恵比寿イタリアン.png

【 残り2名を募集! 明日夜です 】
 −  日本で初めて!! 経済&お食事会 @ 東京・恵比寿 

 世界経済や為替、資産運用を語りながらイタリアンで楽しくお食事。20代、30代も多く、ネットワーキングの機能もセットになっているヒデキのパーティへお誘いです!
 
『経済&お食事会』を6月30日(木)の夜、恵比寿のイタリアンでコース料理と飲み放題付き、5000円で行います。10名募集しています!
http://r.gnavi.co.jp/g792000/menu1/
19:30-21:30 イタリア料理、“チムチム”

 私が幹事&スピーカーをやり、30分ほど世界経済の見かたや、為替の動き、お金の増やしかたについて話します。参加者の皆さん、ワインやパスタと楽しみながら談笑して下さい。名刺交換もお忘れなく。

 30代男性も来ますので、合コンの機能も兼ねていますよ(笑)。参加希望者はメッセ下さい。
E-mail: nekketsu9@gmail.com

 幹事&スピーカー: 倉澤英樹 
  昭和63年、新卒でドイツ系銀行に就職
 平成11年、米ゴールドマン・サックス証券に就職
 平成17年、バンクオブ・ニューヨーク・メロンに就職
 平成25年、米スタンダード&プアーズに就職
 平成27年、外資系金融を引退。個人事業主。
posted by ヒデキ at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月28日

イギリス経済が世界経済に占める割合はたったの4%

 − イギリス経済が世界経済に占める割合はたったの4%、日本経済が世界経済に占める割合は5.5%

  今回のEU離脱でイギリス経済は長期衰退に入ったのは誰しもが認める事実。19世紀はGreat Britain大英帝国 なんて大層な名前を自称していたけど、200年のあいだにこれだけ英国民の知的水準が下がったのだから長期没落するのは仕方がない。

  だが、この3日間でドルは3%暴落、日本株は8%暴落、米国株は7%暴落したのは、イギリスの実体経済をみれば明らかに過剰反応。実態経済に合わせて金融経済が並行すると、明らかに米ドルも、株も、今が買い時。

 【 マイナス金利税で凍りつく日本経済 − 副島隆彦著 】


posted by ヒデキ at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

イギリスは長期衰退へ

 速報でイギリスのEU離脱が発表されました。ドルは100円の円高です。
短期の動きでは、今夜の欧州市場、NY市場の動きを見て、週明け月曜日に90円台まで円高が進む可能性が出てきました。

 ただし、日米欧政府による協調資金供給が近々、発表されるでしょうから、ドル円が90円台に進むようなら政府による為替介入も入り、急激な円高はいったん止まると予想します。

 それにしても、国際経済に大きな打撃を与える重大な問題を、国民投票にかけるようなイギリス政府にはあきれました。もうリプトン紅茶も、ローラアシュレイも一切買いません(笑)。
posted by ヒデキ at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月12日

それで、リーマンショック級は来るのか来ないのか?

リーマンショック1.jpg

リーマンショック2.jpg


 − 世界金融恐慌を予測する

 僕が愛読しているブログ、『一匹狼ゆうくんの続MBA日記』に、とても洞察に富んだ世界経済の記事が掲載されましたので、本人の承諾を得たうえでここに転載させて頂きます。
 ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ 

 あれは今も鮮明に覚えている2008年1月のこと。
私は某業界のデータを前にして、悩んでいた。約10年周期の明らかな景気変動をそのデータは示していた。

 そして、私の目の前でデータは語っていた。「次の景気後退がやって来る」と。
 
 しかし、私は適切なアラームを出す勇気はなかった。いや私だけではなかったと思う。
 当時、駆け出しの私でも気づいていたことだ。ベテランは皆、気付いていたはずだ。それでも、誰もがアラームを出すに至らなかった。

 それから1年も経たず未曽有の経済危機がやってきた。
その悲惨さは敢えてここで語るまでもないだろう。そして私もここでゲームセットだった。
 リーマンショックが起こした悲劇と直面する前に私は戦力外通告を受けたのも同然だった。

 だが、当時のボスが言っていたことは忘れない。
「リーマンショック前の資源価格高騰は、先進国から資源国への富の移転」だったと。

 私は事実上の戦力外通告を受けた時に思った。「次のリーマンショックは見逃さない」
「次のリーマンショックを追いかける」と…。2010年代前半を見ても、
 
 中国の4兆元投資、ギリシア危機、ブラジル、次のリーマンショックの種は既に撒かれていた。太陽黒点周期説、欧米系投資銀行10年リストラ周期説などを考えながら、8年が経った。
直観的には昨年2015年が2007年に似ていると言えば似ているかもしれない。

 リーマンショックの時も「変調」が起き始めたのは2007年だ。

 しかし、地震予知が難しいように、いや、それほど難しくないとは思うが、経済危機の予知も難しい。
 東海地震や南海トラフが「そろそろ」「もうすぐ」と言ってみても、具体的な時期と場所を予知できないのと同様、経済危機も「そろそろ」と言ってみることはできても、「いつか」までは予言できない。

 もっと言えば、リーマンショック前と今では環境が違う。
資源バブルとサブプライムローンの終焉がリーマンショックの前奏だったが、原油価格は上がってきたとはいえ、当時に比べれば低い水準だ。

 アメリカも利上げするかどうかでもめるほど、往時の勢いはない。
 だが、「何かのバブル」が弾けるからこそ、経済危機が起きる。
バブルとは、「実力以上に無理をしている経済」である。
では、何が無理をしているのだろうか?

 まずは中国だろう。4兆元の公共投資は何をもたらしたのかここで多くを語る必要はないだろう。

 そしてもう一つは日本。しかし、日本経済は過去25年不調なので日本経済が今更ひどくなっても世界的なインパクトはないかもしれない。
 ここでイギリスがEU離脱ということになれば、本来起きるべき経済危機が前倒しになるかもしれない。
 そして、アメリカ大統領選。考えてみると、経済危機の周期が8-10年なのは当然かもしれない。
主要国の大統領や国会議員の任期は4年。2期8年とすれば構造変化が起きるのも当然だ。

 いや、構造変化が政治の変革を求めるのかもしれないのだが、ここではその議論はやめておこう。

 私は、日本の株式市場にリーマンショックの後、一切失望し、一切投資しないと決めた。
 
 それでも、定点観察をしているのは世界の経済イベントを色濃く反映するためだ。

 そして今、日本の株式市場が指し示そうとしているのは「宴の終わりが近い」ことのような気がしてならない。

 恐らくこんな悲観的なトーンで書けば、多くの方は反論したいだろう。
 実際に、今今だけを切り取って考えれば、前述のように原油価格は落ち着いているし、株価も小康状態だ。

 しかし、楽観論者に問いかけたいのはここから株価が再浮上するシナリオがあるか、どんなシナリオが考えられるか著名エコノミストは指し示していない。

 消費税率引き上げ延期も現状維持であって、経済成長のシナリオではない。新三本の矢で数値目標を出しているが、成長シナリオは皆無だ。

 株価についても株価が戻すシナリオを描いているマスコミ報道を見受ける。だが、過去のデータが指し示す限り、「大きく下げる前に少し戻す」傾向がある。

 少し戻した後、ストーンと落ちるというトレンドが大きい経済ショックの前後で過去25年で3回存在し、今回も現状までほぼ同様のトレンドを示している。

 もう経済成長するとか、株価は上がるとか、無理やり楽観論を言うのはやめましょうよ、というのが私の思いだ。
 
 そもそもアベノミクスは、異次元緩和という形で人為的にバブルを引き起こし、株式・不動産の資産バブルを引き起こし、資産効果により消費の底上げを図りつつ、構造改革までの時間を稼ぐもの。
だが、3年を過ぎても構造改革ができなかった。各種改革案も既得権益層のおかげで骨抜きにされた。

 これはもう仕方ない。音頭をとっている人が既得権益層から選ばれた人なんだから、逆らえるはずがない。
最初から既得権益層から選ばれた人が構造改革なんてできるわけないし、そんなことをしたら暗殺されたって文句が言えない。

 異次元緩和と構造改革は車輪の両輪だったはず。それがいつしか片輪走行になった。そりゃ、経済が持つわけがない。バブルだと見透かす海外投資家がそっぽを向いてもおかしくない。

 構造改革の見込みが立たない時点で、本来であれば解散総選挙を行って異次元緩和も止めてよかったのではないか。既得権益層を意識して、「構造改革解散」をしてよかったのではないだろうか。

 解散総選挙に打って出ても、民進党(民主党)の政権運営能力を考えれば、構造改革と経常的な経済運営を両立できるはずがない。
多少、議席を減らすことになっても、どのみち自民党が再び国民の信任を得たはずだ。

 勿論、過去のifを語っても意味がないかもしれない。
ここまで来てしまうと異次元緩和の片輪走行を終焉まで続けるしかないだろう。

 それでも、自民党は幸福だ。野党の「敵失」によって、次の4年間も政権を運営できるはずだ。
 次の四年間は、改めて「構造改革」を掲げてほしいが、難しいだろうなぁ。

 話が脱線したが、アベノミクスはそれ自体が元々人為的なバブル経済だったのだから、人為的なバブルを仕掛けた本人が「リーマンショック級がもうすぐ来る」と言ってしまうのは、マジシャンのネタ晴らし、映画監督のネタバレみたいなものである。

 日銀の政府からの独立性というお題目を抜きにして考えれば、安倍首相が日銀に異次元緩和を止めろと圧力というかサインを送れば、そこでアベノミクスは終わり、経済危機が起きるからだ。
現にアメリカが、アベノミクスは時間切れと言わんばかりに為替介入に待ったをかけた。

 恐らくアメリカが忍耐できた時間制限は2-3年と言うところだったのではないか。

 中国については多くのチャイナウォッチャーの先生方が高論、清談されているのでここでは割愛する。

 ただ、私個人の思いを言うのであれば、「日本がオイルショックで高度経済成長が終わったように、中国の高度経済成長も「いつか」終わるべきものである」。

 但し、「いつか」がいつなのか私も分からないし、分かれば、このブログをとうの昔に有料化しているだろう(笑)。

 ご参考までにグラフを貼り付けるので過去のトレンドと今を比較して、今後について思いを巡らせてほしい。
 
 【 本当はヤバくない日本経済 − 三橋貴明著】


 【 上位1%のエリートしか知らない 日本経済世界最強論 】


posted by ヒデキ at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月08日

不正を見抜けなかった東京都庁職員

『桝添都知事が一人だけ叩かれているが、不正を見抜けなかった東京都庁職員のユルい仕事ぶりはなぜ糾弾されない!?』

 − テレビ局の報道ぶりはいつも表面だけなぞっていて、物事の本質を追究する洞察が欠けていると思います。不正行為をした桝添都知事が一人だけ悪者扱いされていますが、その陰にひそんでいる大多数の東京都庁職員のユルい仕事ぶり、財務局、会計監査局をなぜ糾弾しないのでしょうか?

 連日の報道を見る限り、 「よくもまあ、こんな不正経理を巨大な組織で隠していた。気付かないふりをしていた。」 とあきれます。これだけ大規模な不正経費を使っていながら、それに気付かなかった東京都庁職員、特に財務局、会計監査局の職員は、自分が60歳の定年退職まで大過なく過ごすために、お偉いさまには何も異論を唱えなかったのでしょうか?

 都庁に就職を希望する公務員は、広く都民の幸せのため、福利のために人生をささげる Public Survant (公僕)としての使命感を持って働いているものと信じたいのですが、実際のところ、東京都庁の職員は、 「60歳の定年退職まで、9時から5時までの短い労働時間でまったり人生を過ごせれば幸せだ。」と、寄らば大樹式の、職業倫理のまったく欠けたユルい公務員の集合体ではないのでしょうか?

 こんな地方公務員の給料をはらうために高い住民税を払わされている東京都民がかわいそうです。

 テレビ局は、叩きやすい悪者一人だけでなく、巨大な不正が生まれた根本原因を作った東京都庁職員のユルい仕事ぶりにメスを突っ込んで、東京都民の払う住民税が効率的に使われるための提起をすべきではないでしょうか?
posted by ヒデキ at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする