2017年02月05日

元気の出る言葉 (202)

「すべての人にいつも感謝の気持ちで接する。これが商人という仕事 」
 ー 斎藤一人、銀座マルカン社長

 営業って何だろう? って根源的に考えると、もちろん表面的には商品やサービスを売る仕事なんだけど、少し掘り下げて考えると、自分の属する社会、アメリカであれ、ニッポンであれ、そこに住む人たちに少しでも良い商品やサービスを提供することで、個人を幸せにしたり、豊かにしたり、世の中全体を進化させたりする。

 それを人々に上手に伝えて、感動させて、売り上げを作るのが営業マン。
だから、世間のどんな人とでも対話出来て、相手の心理の機敏を読みながら先回りして考える頭の回転の速さが必要。

 そして、意に反した返答が帰ってきても、それを拒絶と思わず、未来のお客様予備軍だととらえて心の動揺をおさえるメンタル・タフネス(精神的な打たれ強さ)も必要。

 自分以外はすべて、未来のお客様になり得ると考えると。。。 
 詳しくはメルマガ ”熱血日記” をご覧ください。
http://www.mag2.com/m/0001646353.html

 【 変な人が書いた成功法則 − 斎藤一人 】






posted by ヒデキ at 07:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 元気の出る言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック