2017年02月01日

日本国債について(6)

潮見坂.jpg

 “日本は世界への金貸し国”

  日本国債ほどワケの分からない金融商品はありません。
「日本の財政は破たんして、国債は紙くずになる!」 という悲観論と、「日本の財政は健全だ!」 という両極端の説が存在し、どちらを信じて良いのかさっぱりわからないからです。

 この連載では、100人の金融プロからインタビューすることで、日本国債の未来を予測していきます。仮に日本国債が暴落すると、銀行の預金も郵便局の郵貯口座も日本国債に過半をつぎこまれていますから、私たちの日本円の預金はほぼパーになり、生活苦になります。

 2011年の先進主要国の金融資産を比較すると、日本は5兆ドル(約565兆円)に迫り、2位のアメリカとも約2兆ドル(約226兆円)もの開きがある。

 日本の資産のうち金融資産は対GDP比で80%超なのに対し、アメリカは20%ほど。高くてもカナダの約50%に留まる。

 政府だけでなく国民の資産も増加傾向にある。現金・預貯金をはじめ、有価証券などの個人の金融資産の合計も1,700兆円を突破。4年間で200兆円も増加している。これは2012年のアベノミクス以降の株価上昇と連動していることが大きい。

 政府と国民の 「金持ち度」は、どんどん増している。

 日本政府の資産には、もうひとつの特徴がある。政府・企業・個人が海外に持つ資産は、海外の政府・企業・個人が日本に持つ資産(負債)と差し引いても圧倒的に多いことだ(対外純資産と呼ぶ)。

 2015年末の統計では対外資産948兆円に対し対外負債。。。 ここから先はメルマガ ”熱血日記” を購読してお楽しみ下さい。http://www.mag2.com/m/0001646353.html

 (つづく)

 【 財務省と大新聞が隠す 本当は世界一の日本経済 ー 上念司著 】

posted by ヒデキ at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 外資系証券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック