2016年10月16日

HomeTown, Hamanako Lake

DSC_2127.JPGDSC_2126.JPG
 浜松に帰省すると親戚と会ったり、法事に出席したりしますが、最近は母をドライブに連れていってあげるようにしています。

  今、3人の子供を育てていると、楽しいけれども大変だというのが分かりましたので、同じように3人の子供を育ててくれた両親に感謝しています。

  「親孝行したいと思えど親はなし」と言いますから、亡くならないうちに親孝行したいと思います。

  一番の親孝行は、孫の顔を見せることと、母親をドライブに連れて行き、美味しい鰻を食べることです。

  中でも浜松で一番好きなところは奥浜名湖です。入り江が入り組み、あちこちにマリーナやはしけがあり、東京や名古屋のお金持ちの別荘が湖畔にたたずみ、湖面の美しさとともに優雅な顔をのぞかせてくれます。

  ここを車でドライブする際にはボサノバを掛けながら運転します。

  好きなアルバムは ゛Milk Bossa Lovesa AOR, by Marcela Mangabeira ゛ です。

  甘ったるいメロディを掛けて、奥浜名湖の風景を眼に入れながらドライブをすると、非日常感にドップリと漬かれます。

   僕が観光業者だったら、路上の看板を全部取っ外して、イタリア語に書き替え、「日本のアマルフィ」と 宣伝して全国からお客を集めるでしょう。

   鰻の方は浜松のソウルフードですが、現在は愛知県の方がトヨタのカンバン方式を駆使したためか、生産高が日本一になってしまいました。

   もうひとつの浜松の魅力は楽器の街ということです。ヤマハや河合楽器は浜松が本社で、浜松駅前には楽器博物館もあります。

  ほとんどの家にはピアノかエレクトーンが置いてあり、女の子はたいてい、地元の音楽教室に通わされることになっています。 

   楽器、オートバイ、自動車、光電子工学(浜松ホトニクス)と産業が集積した浜松は、中部地方では名古屋市に次ぐ80万人の人口を誇っています。

  そんな浜松に帰省すると、気分がリフレッシュして、新たな活力をもらえます。 



posted by ヒデキ at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442858425

この記事へのトラックバック