2016年09月19日

保険に入りすぎ

 FP(ファイナンシャルプランナー)の仕事をやっていて気付くのが、多くの人が保険に入りすぎているということです。保険営業マンの言うがままに加入してしまい、実は日本の社会保障制度をつかえばそんなに入る必要が無いのに毎月、高額の保険料を払っている方が多くいます。

 日本はスウェーデンやノルウェーなど北欧諸国とおなじくらい社会保障制度が充実していて、遺族年金制度、障がい者年金、健康保険制度、高額療養費制度、後期高齢者医療保険制度、はたまた失業給付金まで含めたら世界のトップレベルです。

 これらの制度をよく知ってから保険に加入するのならまだしも、知らないがままに多くの掛け金を払っている方が後を絶ちません。最近では、貯蓄をすると医療保険が無料でついてくる商品まで出ているので、なにも医療保険に毎月、掛け捨てで保険料を払うのはもったいないと思います。

掛け捨ての医療保険に入ると、一生涯で100万円から200万円も払うことになり、もし健康体でいたならば払ったお金はムダになります。

 また、将来の年金不安から、自分で年金を積み立てようと勧誘され、円建ての終身保険で極端に利回りの低い終身保険に加入された方もいらっしゃいます。1%にも満たない金利ですが、いったん加入すると、この利率が将来まで固定されてしまうのです。

 もっと高い金利で年金を増やせる保険商品もたくさんあるのに、よくよく調べもせず加入してしまうのです。

 保険の見直し相談、将来の老後資金の相談等、視聴者の皆さまには無料で行いますので、相談をご希望されるかたはメッセを下さい。 メール: nekketsu9@gmail.com


posted by ヒデキ at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442064793

この記事へのトラックバック