2015年03月14日

伝説の経営者たち マーク・ザッカ-バーグ (6)Facebook創業者

 【 メルマガ ”熱血日記” 3月15日号を配信しました 】

『 “世界を変えるんだ”

 次が同じくカリフォルニア州パロアルトだった。スティーブ・ジョブズも、ゼロックスのパロアルト研究所を1979年に初めて訪れ、眼前に未来のコンピュータを見て夢中になっている。

 PARCはコンピュータサイエンスの最先端であり、当時はまだなかったウィンドウのアイコンをクリックする技術が、すでにあった。端的に言うと、現代のパソコンの祖形がここで作られたのだ。

 PARCの技術を出来る限り盛り込もうとしてできたのが、マッキントッシュだったのである。ザッカ−バーグは大学の夏休みに郊外住宅を借り、矢寸身が終わればハーバードに戻るつもりで仲間とともに移り住んだ。

 すでに2004年4月、フェイスブックはフロリダ州で有限責任会社登録を行っている。共同経営者は、ダスティン・モコヴィッツ、クリス・ヒューズ、そして裕福なブラジル人実業家の息子、エドアルド・サベリンだった。

 有限責任会社登録をしたのはサベリンで、みずからCFO(最高財務責任者) を名乗っていたものの、会社の収入はゼロだった。

 一方で、フェイスブックはハーバード大学の枠を超えてユーザー数を拡大していた。この頃からザッカ−バーグは “世界を変えるんだ” と口癖のように言うようになった。その夢の第一歩として足を踏み入れたのが、カリフォルニア州パロアルトだったのだ。
 
 “聖地に本拠地を置く”

 パロアルトで、ザッカ−バーグはショーン・パーカーと出会い、即座に魅了された。パーカーもSNSが次世代インターネットの中心だと考えており、ザッカ−バーグのやっていることとビジョンの壮大さに強く引かれる。

 9月、ザッカ−バーグは若いながらもさまざまな経験を持つパーカーをフェイスブックの社長に任命した。パーカーの参加によって、フェイスブックはハーバード大学の寮で生まれた魅力的だが小さなプロジェクトから、大企業に向かって一歩を踏み出す。

 取締役はザッカ−バーグ、ショーン・パーカー、そしてフェイスブックに50万ドルを投資したインターネット決済サービス会社ペイパルの創立者ピーター・シールだった。

 最も大きかったのは、フェイスブックをデラウェア州に登記し直したことである。デラウェア州は企業に有利な条件が整えられており、多くの企業が登記している場所だった。

 最もやっかいだったのは、フロリダ州への登記を主導したサベリンとの間にトラブルが発生したことだった。ザッカ−バーグらがパロアルトにいた夏に、サベリンはリーマン・ブラザーズでのインターンシップのためにニューヨークにおり、それも人間関係をこじらせる原因のひとつとなった。

 のちにサベリンはザッカ−バーグを告訴するに至る。いずれにしても、この登記以降が会社としてのフェイスブックの本格的始動だと言っていい。

 夏休みが終わる頃、フェイスブックのユーザーは20万人に達していた。9月にはザッカ−バーグは70の大学を追加する予定だったため、ユーザーが爆発的に増えるのは確実だった。

 ザッカ−バーグとモスコヴィッツの二人は、ハーバード大学には戻らないことを決意した。当初はパロアルトを引き上げ、寮での運営を考えていたが、急増するユーザーと、成長の可能性を前に、そのままパロアルトに残る決心をすることになったのだ。

 はからずも、尊敬するジョブズの聖地に、会社が置かれることになったのだ。

 “会うのが無理なら無理にでも会え”

 ザッカ−バーグの師はジョブズだけではなかった。ジョブズの終生のライバルだったマイクロソフト創業者ビル・ゲイツにも大きな憧れを抱いていた。


 最初の出会いは、ゲイツがハーバード大学の中退組だった関係で大学を訪れ、スピーチをした時だ。ザッカ−バーグはまだハーバード大学に在籍しており、ゲイツの話を聞くことができた。

 ゲイツは周囲の学生たちを眺め、次のビル・ゲイツは君たちの中にいると激励した。この言葉がザッカ−バーグの中退を後押ししたのかどうかは分からない。

 次は2005年だ。この年、ザッカ−バーグは投資会社アクセル・パートナーズのケビン・エフルシーにある依頼をした。フェイスブックのプラットフォーム化を一緒に考えてくれる人を紹介してほしいというものだ。

 それも、ビル・ゲイツがいいと言うのだった。社員数6人の会社がゲイツに会いたいとは無茶な注文に思えたが、エフルシーは何とかするつもりだった。

 しかし、それから一週間後、ザッカ−バーグはエフルシーに、もうゲイツと話したと報告してきた。同じハーバードの中退者としてゲイツと連絡を取ったのだ。

 ザッカ−バーグとビル・ゲイツの関係は、ハーバード大学中退組という縁だ。成功者が自分の母校を訪れ、スピーチなどをして学生たちに刺激を与えるケースは少なくない。現にザッカ−バーグは出身校であるフィリップス・エクスター・アカデミー (エクセター高校) を訪問した際、こう言っている。

 「これがとてつもない成果を生み出す秘訣なんだ。」 』

 ここから先はメルマガ ”熱血日記” を購読してお楽しみ下さい。右側のタブから定期購読できます。初月は無料、4月より月324円です。

【 引用: マーク・ザッカ-バーグ 史上最速の仕事術 】

posted by ヒデキ at 22:31| Comment(1) | TrackBack(0) | 伝説の経営者たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
過去のML含め著作権法違反で各所に通報しておきました。
Posted by 匿名 at 2015年03月14日 23:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック