2015年03月03日

元気の出る言葉 (190)

 『人は最初の動機、つまり何のためにするのかを、しっかりしておかないといけない。』
 − 吉田松陰

 最初の動機、何のためにするのかを間違えて、いいかげんなことを始めると、人生取り返しのつかないことになる。あるいはかなりの遠回りとなり、もったいないことになる。

 特に若いとき、青春のときは貴重だ。大きく伸びるときだ。このときに間違った動機で誤った方向に向かって進んでしまうと、後でなかなか挽回できなくなってしまう。

 志を持つのは何歳になっても遅いということはないが、どうせ努力するのであったら、若いときから正しい考え方、正しい方向でやったほうがいい。ものによっては遅きに失することもあるからだ。

 (引用: 『狂気のススメ』 常識を打ち破る 吉田松陰の教え)


posted by ヒデキ at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 元気の出る言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/414956435

この記事へのトラックバック