2017年07月22日

外資系キャリアセミナー (2)

外資系キャリアセミナー4.jpg

― 三菱商事とゴールドマン・サックス、どちらに就職するのが得か?

 学生の皆さんは考えたことがあるでしょうか? 外資系のトップ企業と日本のトップ企業のどちらに就職する方が得か?

 僕は新卒採用のときに三菱商事をはじめ7大商社の就職試験を受けて全部おとされ、中途採用でゴールドマン・サックス証券に入社しました。

 ゴールドマンは米国を代表する投資銀行ですが、三菱商事や伊藤忠商事、丸紅は日本を代表する投資銀行、そしてソフトバンクも日本で最大手の投資銀行です。

 なぜか今でも大手商社は産業分類が “卸売業”、ソフトバンクは“通信業”にくみこまれていますが、実態は投資銀行と言うのが正しいでしょう。

 世界の中で最も利益の出る国の会社や資源、産業に資本を投下して、純利益を得ているのですから。

 就職したら、地球の裏側まで行って、世界の5大商人(華僑、印僑、ユダヤ、ペルシャ商人、フェニキア商人)と丁々発止のディールをして、ニッポンの国益を稼ぎたい、と熱い情熱に押されて総合商社を受けましたが、昔も今も超難関でした。

 正社員の平均年収1,400万円の総合商社は、日本経済のトップエリートです。難関国立大や私立大からウンカのごとく優秀な学生が50倍から70倍の競争で商社に集まり、わずか100人から150人の狭き門を競う姿は、80年代も現在も変わりません。

 結果的に、商社に落とされ外資系金融に進んだ僕ですが、いい加減な就職活動だったと思います。ろくに業界研究もせず、会社のアニュアル・リポート(年次報告書)も読まずに、直感のおもむくままに履歴書を送付しまくっていたのですから。。。

  自分の10年先、20年先、30年先に何の仕事をしたいか? どの国で、何国人の奥さんをもらって、どんな家庭生活を送りたいか? 

 という将来ビジョンをじっくりと考えて、外資系企業を選ぶか、日本企業を選ぶか、という熟慮をすべきだったと思います。そのヒントが、アニュアル・リポート(年次報告書)にあります。

 正社員の平均年収や、平均勤続年数などの従業員の実態が、アニュアルリポートの最後のほうに出てきます。「平均年収x 平均勤続年数=その会社の生涯賃金」
なのですから、ゴールドマンに就職すべきか、三菱商事に就職すべきかは、会社研究をじっくりすれば、おのずと明らかになります。 
 
 ここから先はメルマガ ”熱血日記” を購読してお楽しみ下さい!! http://www.mag2.com/m/0001646353.html

 【外資系金融の終わり − 年収5,000万円トレーダー 】


 【 総合商社の動向とカラクリがよーく分かる本 】


 【 商社 】
posted by ヒデキ at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 外資系証券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする