2016年09月27日

飛行機が片翼で飛ぶわけがない ダイバーシティの重要性

【 飛行機が片翼で飛びますか? 日本人、男性、シニア、有名大学出身。マネジメント層が偏っていて企業が成長するわけがない】

- 私が女性事業本部長に「4時に帰れ」と命令した理由/カルビー 松本晃会長

伊藤忠商事からジョンソンエンドジョンソンの社長、そしてカルビーの社長に抜擢されて電撃的な快進撃をつづける松本晃氏の考えは、非常にアメリカナイズされた合理性に基づいています。

「プロ経営者」として強いコミットメントで組織改革を推進。7期連続増収増益と躍進を続けるカルビー会長・松本晃は、いかに改革を成功させたのか。

働く女性の視点で販売の活性化に成功した「フルグラ」。狙いをシリアル市場から朝食市場へと発想を転換させ、米ケロッグの牙城だった国内シリアル市場を切り崩した。4年で年商は6倍。カルビーの業績好調の強い推進力となり、540億円といわれるシリアル市場でフルグラの売り上げが220億円を超えた。

ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の日本法人社長などを歴任しカルビーのCEOに就任したのは2009年。フリーアドレスなどを取り入れたオフィスや人事評価の”見える化”など「働き方」改革も進める松本晃の根底にあるのは、徹底した「成果主義」だ。

─女性の管理職登用に数値目標を取り入れるクオーター制に賛成の立場を取られている。

私はとにかくデジタル人間。数字がないと体が動かない。カルビーでは今、10・20(テン・トゥエンティ)と言っている。毎年売り上げを10%伸ばせ、利益を20%伸ばせ、と。就任して7年間の数字の結果は、ほぼ伴っている。

ダイバーシティも同じ。J&Jの時は、35・25・25。「社員の35%は女性、管理職の25%は女性、エグゼクティブ/ディレクター以上の25%は女性。これを退職までに達成する」。これで終わり。実際に達成した。カルビーでは「20年までに女性管理職比率30%一番乗り」を目標に掲げている。今、22%。30%になったら、次は「50%にしたら」、と言う。

─ダイバーシティの重要性を実感するきっかけは。

J&Jの社長をしていた01年のこと。直属の上司だったビル・ディアスタインから「日本はなぜダイバーシティをしないんだ?」と聞かれた。「こんなに女性管理職が少ないのは日本とパキスタンくらいだぞ」と。

当時は私もダイバーシティについてよく分かっていなかったが「言われてみればその通りだな」と。世の中の半分は女性なのに、マネジメント層は男性ばかり。優秀な人は男女を問わず優秀。これでは片翼しか使わずに飛行しているようなもの。企業が成長できるわけがない。

─重要性は分かっていても、実現できない企業が多くある。

ポイントはある。1つは、トップがはっきりコミットする。さらに数字でコミットすること。登用は上からやる。下級の管理職から細々とやるのではなく、上級管理職を早く女性にすれば、あとは早い。

─候補者がいないという声もよく聞く。

それは嘘。探していないだけ。「来年からこのポジションは女性にしろ」。これで終わり。あと、誰が良いのかは分からないが、皆で決めろ、と。そうすれば候補が挙がってくる。その中から1番、2番、3番の人と決めて、1番いい人からオファーする。

─女性が管理職になりたがらない、という声については。

それも言い訳だ。これまで僕がオファーして断った人はー人もいない。見合った昇給を提示しているから。しかし、男性と女性ではちょっとした違いがある。女性はよりプラグマティック。男性は昇進するけれど給料が下がる、という状況でも喜んでやるが、女性はレスポンシビリティとコンペンセーションのバランスが合わなければやらない。

現状では、家事・育児に関して女性がハンディを背負っているのは事実。それに対処するのは、マネジメント側の責任だと思っている。

─事業部長となった女性に「4時に帰れ」と指示したと聞いたが。

会社にベンチマーキングを作れば、変わる。現在執行役員で、中日本事業本部のトップは福山知子という女性。スナック事業でカルビーに次ぐ2番手は湖池屋だが、中日本事業本部の売り上げは湖池屋の1.3倍はある。従業員が約900人、工場が3つ、売り上げは400億円以上。3年前、そのトップに当時小学4年生と1年生の子供がいる福山がなった。

そこで、私は彼女に言った。「私はあなたに命令する。この命令が聞けないなら、会社をやめるか、職を辞退するかどちらか。何でもいいから4時に帰りなさい」。彼女は今、その命令を忠実に守っているが、何の問題も起きていない。

ダイバーシティは、並行して働き方改革を進めなければならない。働き方改革で最初に言ったのは「とにかく早く帰れ」。福山には「4時に帰れ」。しばらくしてから「2時に帰れ」。さすがに2時に帰る社員はいないが、「終わったら帰れ」。今は「会社なんか来るな」と言っている。昔ならともかく、今はツールが揃っているので仕事は毎日オフィスに来る必要はない。

─なぜ他の企業ができていない改革が成功していると思うか。

「コミットメント・アンド・アカウンタビリティ」。ビジネスの世界は政治と違う。コミットしたら必ず結果を出さなければならない。経営哲学でも何でもなく、基本的なこと。稼がないと設備投資はできない、新商品の開発はできない、社員の給料も増やせない、税金も払えないし配当も払えない。

成果を出すためのイニシアチブを一つずつやっているだけ。成果につながらないことは何もやらない。ダイバーシティもその一つだ。

まつもと・あきら◎1970年京都大学農学部卒業、72年同大学院修士課程修了後、伊藤忠商事入社。93年ジョンソン・エンド・ジョンソンメディカル入社、99年ジョンソン・エンド・ジョンソン社長に就任。2009年6月より現職。

カルビー◎2016年4〜6月期の連結決算は純利益が前年同期比10%増の38億円で過去最高。売上高は617億円(3%増)、営業利益は71億円(17%増)。09年に就任した松本晃会長の強いリーダーシップの下、女性執行役員数も26.7%と、ダイバーシティ先進企業のトップをひた走る。

 【 社員が結果を出せる 「仕組み」 とは何か − ハーバードビジネスレビュー 】



posted by ヒデキ at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月25日

風邪を一日で治す方法

【 風邪を一日で治す方法 】

 ー 薬も医者も、全然必要ない!!
 秋の気配が迫るころ、あちこちで風を引いて寝込んだり、咳が止まらない人たちが増えてきました。

 風邪を引いたら会社を休んで医者に行くのが常識ですが、医者にも薬にも頼らずに、一日で風邪を治す秘密の方法があるのです! これを開示したとたんに、全国の内科医の商売は上がったりになるので、公開情報では決して流せないのですが、実話です。

 過去15年以上、風邪で医者や薬にかかったことが一度も無い ( インフルエンザ感染時は別 ) 僕が実証済みなので間違いありません。

 風邪を一発で治す方法を教えてくれたのは、あろうことか内科医でした。熱と咳に悩まされ、内科医にかかったある日、先生がおっしゃいました。

 「 たかが普通の風邪ごときで医者に来る必要は無いんですよ。インフルエンザは別ですが。
風邪というのは、ウィルスが喉元に集中するんです。病原菌は体内全部ではなくて喉元に集中するんです。

 だから、風邪にかかったかな? 体調がおかしいな? と思ったら、一日10回、うがいを丹念にして、後頭部を後ろに向けて15秒すれば、まずたいがいの風邪は薬や注射に頼らなくても1日か、せいぜい2日で完治するんですよ。

 今日も風邪の患者がたくさん来院していますけど、プロからすれば、普通の風邪ごときで内科医にかかる必要も、薬を飲む必要も全然無いのですよ。 」 

 もうビックリ仰天の発言でした!!

 いくら白髪の紳士で自分のドクターキャリアをほとんど終了し、3台目のBMWの新車を購入するお金にも全く心配の無い内科医といえ、自ら売上を激減させるようなアドバイスを患者にするとは!

 このアドバイスは効果てきめんでした。

 悪寒を感じ、これから体調崩しそうだと感じたら、一日10回、一回あたり15秒のうがいを、後頭部を後ろに向けて喉元のウイルスを直撃するスタイルでうがいをすれば、多くて2日で風邪は完治するのです。医者も薬も全然、要らないのです!

 おかげで、医者に払う治療費はここ15年節約し、代りに身体がもっと喜ぶサーロインステーキを食べてステーキな秋を過ごしているのです!!

 ( OYAJIギャグですみませんでした。 )

 ついでに言うと、風邪や体調不良に効く効果の No.2 と No.3は、

 A 毎日、ニンニクを一粒、スライス切りにして、フライパンで塩、コショウで炒めて食べる。

  ● イタリアのマフィア映画、 『 グッド・フェラーズ 』 ( ロバート・デニーロ主演 ) を見ましたか? アウトローのド派手な生活を日々営み、NYPD ( ニューヨーク市警 ) と追って追われての緊迫した毎日を送るイタリアマフィアは、どんな料理にもニンニクスライスを入れる。

 B 常に厚着をして、体温を温かく保つ

 オフィスの空調が寒いとか、季節の変わり目に寒くて体調を崩す人は、とにかくカーディガンやベストを羽織って体調を暖かく保つこと。これは風邪だけでなく、腰痛にも頭痛にも神経痛にも効く、万病に効く普遍的な原理なのです!

 まずはだまされたと思ってお試しあれ!
少なくとも、内科医や薬代に払ってきたお金をステーキ代に活用できます (笑)。

 【 薬で病気は治らない − 薬を使わない薬剤師が使う27の健康法 】


 【 その1錠が脳をダメにする − 薬剤師が教える薬の害がわかる本 】

posted by ヒデキ at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日銀の金利政策で為替相場はどうなるか?

【 ゴールドマン・サックスのシルビア・アルダーニャ氏、円は108円まで下落 】

  先週の日銀による金利政策決定で、為替相場がどうなるかについて、ゴールドマンサックスから面白いコメントが出ました。 

 日銀は市場でたびたび起こった日本国債の希少化を巡る議論を華麗に終わらせた。10年債利回りを0%に維持するのに必要な債券購入額はかなり少ないとみられるためだ。同時に「オーバーシュート型コミットメント」で債券買い入れを実質的に無限化させており、ハト派的であり重要な政策変更と取れる。円相場は年末までに1ドル=108円に下落するだろう。
posted by ヒデキ at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月22日

ポジティブ思考へ ! (21) 朝起きた時からワクワクする思考方法

LA 1.jpg

毎日、朝起きたときから心が踊って仕方がない、ストレスの無い思考方法を連載しています。

日曜の夜になると明日から会社に行くのが嫌になるサザエさん症候群のサラリーマンがいるそうです。

人生の1/3を過ごす職場で上司や部下との人間関係、セクハラ、パワハラ、派閥抗争、そして仕事のノルマに心が押し潰されそうなプレッシャーを抱える人が多いのでしょう。

僕も外資系金融マン時代は組織の一員としてのストレスがたくさんあり、当時の写真を見ると今ほど顔に精気がなかったようです(笑)。

48歳でサラリーマンを辞めてからは、自己責任で自分の好きな仕事だけを好きな場所で、好きな相手(お客様)とするようになりましたから、顔の表情も明るくなり、ストレスが無くなりました。第2の人生は明るく楽しく過ごしていきます!

ストレスのない生き方とは、まず出発点として、考え方がとてつもなく広い、ドナルド・トランプさんの座右の銘である 『THINK BIG (でっかく考える!)』 からはじめなくてはいけません。

 彼はアメリカの不動産業界で最も成功し、個人資産が1兆円近くあるわけですから、(暴言癖はさておき) 彼のビジネスの成功哲学がどこにあるか知っておくのも悪くありません。

 彼は 『THINK BIG(でっかく考える!)』 を信条に、他人だったら絶対に考えないようなスケールでビジョンを練り、戦略を考えました。その繰り返しが、アメリカの不動産業界でNo.1にまで登りつめることができました。

 とかく世間体や世間の一般常識、あるいは会社の不文律の中だけで目標やビジョンを考えがちです。保守的なサラリーマンほどそういう傾向にあります。

 でも、彼らはストレスがたくさんあります。ストレスにおしつぶされそうになって自律神経失調症になった人を何人も見ました。

 僕は人から、 「あなたは何のために生きているの?」 と聞かれたら、

 「日本のGDP(Gross Domestic Products; 国内総生産)を拡大して豊かな国にするために生きている。」 と、即座に答えます。

 目標をでっかく考えていると、思考も戦略もでっかくなりますから、日常のできごと、会社のなかの些末なことなど、どうでも良くなってきます。ストレスの無い生活です。

 (ここから先はメルマガ “熱血日記” を購読してお楽しみ下さい!)

 【 ポジティブな人だけがうまくいく3:1の法則 】


posted by ヒデキ at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 頭の回転が速くなる方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月19日

保険に入りすぎ

 FP(ファイナンシャルプランナー)の仕事をやっていて気付くのが、多くの人が保険に入りすぎているということです。保険営業マンの言うがままに加入してしまい、実は日本の社会保障制度をつかえばそんなに入る必要が無いのに毎月、高額の保険料を払っている方が多くいます。

 日本はスウェーデンやノルウェーなど北欧諸国とおなじくらい社会保障制度が充実していて、遺族年金制度、障がい者年金、健康保険制度、高額療養費制度、後期高齢者医療保険制度、はたまた失業給付金まで含めたら世界のトップレベルです。

 これらの制度をよく知ってから保険に加入するのならまだしも、知らないがままに多くの掛け金を払っている方が後を絶ちません。最近では、貯蓄をすると医療保険が無料でついてくる商品まで出ているので、なにも医療保険に毎月、掛け捨てで保険料を払うのはもったいないと思います。

掛け捨ての医療保険に入ると、一生涯で100万円から200万円も払うことになり、もし健康体でいたならば払ったお金はムダになります。

 また、将来の年金不安から、自分で年金を積み立てようと勧誘され、円建ての終身保険で極端に利回りの低い終身保険に加入された方もいらっしゃいます。1%にも満たない金利ですが、いったん加入すると、この利率が将来まで固定されてしまうのです。

 もっと高い金利で年金を増やせる保険商品もたくさんあるのに、よくよく調べもせず加入してしまうのです。

 保険の見直し相談、将来の老後資金の相談等、視聴者の皆さまには無料で行いますので、相談をご希望されるかたはメッセを下さい。 メール: nekketsu9@gmail.com


posted by ヒデキ at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月18日

ヒラリー・クリントンとゴールドマン・サックス(2)

 先輩はゴールドマン・サックス日本のネットワークを通じて、 面白い話を聞いたと話してくれました。

NYC(ニューヨーク市)で行われた経済カンファレンスに招待されたヒラリー・クリントン氏が登壇すると、

「今回の大統領選挙で私が選ばれたら、新しいキャビネットは強力な布陣を敷きたい。


 財務長官にはゴールドマン・サックス出身者を任命してアメリカの経済をガッチリ守ってもらいたいと考えている。 」

 とスピーチしたそうです。もともと、米国投資銀行(ペーパーマネーの総合商社)のトップ級であるゴールドマンからは米国政府、財務長官等の主要閣僚に次々と人材が引き抜かれ、財界と政界のRevolving Door (回転ドア) と呼ばれていました。

 債券・為替・商品取引部門のヘッドで、M&Aのサヤ取りで(買収される側の企業の株を大量に買い建て、買収する側の企業の株を大量に空売りして、買収が完了したときに反対売買して利ざやを抜く)頭角を表したロバート・ルービン氏は、第72代米国財務長官に引き抜かれ、ビル・クリントン大統領の下で90年代のアメリカ経済を引っ張りました。

 同時期にゴールドマン・サックスのCEOを務めてその後失脚したジョン・コーザイン氏はマサチューセッツ州知事になります。

 ジョン・コーザイン会長の後にCEOになったヘンリー・ポールソン会長は、ジョージ・ブッシュ政権時代にリーマン・ショックを救うために共和党政権から引き抜かれました。

 ハーバード・ビジネススクール(経営大学院) を出て、アメフト部の主将を務めたヘンリーは、ゴツい体躯に、眼から鼻に抜けるような機転の速さが郡を抜いていました。

 彼がゴールドマンの東京支店に出張した時、僕は赤坂アークヒルズのオフィスで行われたタウンホール・ミーティングで、最前列に並び、ヘンリー・ポールソンの登場を待っていました。ヘンリーは、長身で眼鏡をかけ、顔はどこか田舎じみた人間味のある風格が出ていました。

 そして、ズボンの後ろポケットにはタオルをだらしなくぶら下げていました。投資銀行の本社会長というよりも、新潟県南魚沼郡の建設会社の社長さんと言ったほうが似合います。

 彼は、Eメールの全盛時代にもコミュニケーションの手段としてEメールに頼ることなく、四六時中、朝から深夜まで用があるたびに会社の部下に電話を掛けることで有名でした。オーソドックスなコミュニケーションを重視して、会社を引っ張っていきました。

 そんな彼に。。。 この先はメルマガ ”熱血日記” を購読してお楽しみくださいね。
http://www.mag2.com/m/0001646353.html


【 ヘンリー・ポールソン回顧録 】



 【 史上最大のぼろ儲け ジョン・ポールソンはいかにしてウォール街を出し抜いたか】
 − 年収6,000億円とウォール街の過去最高を記録したジョンはリーマンショックを見抜いた。
こちらはヘンリー・ポールソンではありません! ヘッジファンドの王者です。




posted by ヒデキ at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 外資系証券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月13日

心地よい店 (45)

【 心地よい店 (45) Bar Casabranca 】

DSC_2053.JPG
 -  千葉県市川市行徳、地下鉄東西線 行徳  
   今日は友人と楽しいお酒を頂いてきました。

  Facebookに、とってもたたずまいの良いBarの写真が 載っていたので、思わず 「このお店はどこにあるんですか?」  と聞いたところ、市川市の行徳にあるとのこと。

  僕の住まいは横浜の日吉ですが、"カサブランカ" というBarの名前に心が惹き付けられ、一度行ってみたいと思い、遠路はるばるやってきました。

 そうしたら、なんと!  
Barのマスターが日吉さんだとおっしゃるではないですか!

  「初めまして。日吉から来ましたヒデキです。」

「初めまして、日吉です。」

 というほとんどダジャレみたいな会話から始まり、

  「このお店を作った時にはタイから檜の原材を取り寄せ、パッチワークみたいに棚やカウンターを貼り付けて、カサブランカに出てくるような店を作ったんです。」

  とおっしゃる日吉さんの哲学が、この落ちついたたたずまいを作っていたのです。

  マホガニー色で固められたこのBarは、つまみも美味しいし、バーボンウィスキイも最高に美味しかったです。

 マスターの日吉さんは毎週、千葉県の九十九里浜でサーフィンを楽しんでいらっしゃるとのこと。
  
  北アフリカ、モロッコのカサブランカを舞台にした1942年の映画、カサブランカに出てくる主人公のハンフリー・ボガードと同じくらいにマスターの日吉さんはダンディでした。

  またこのBarでまったりとリラックスした時間を過ごしたいと思います。
DSC_2054-b4645.JPG
posted by ヒデキ at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 心地よい店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月11日

旅をする仕事 (4)

【 旅をする仕事 (4) 宮城県石巻市、松島海岸 】
 
 僕の仕事は旅をすることです。先週の日曜日は仙台から仙石線に乗って港町、石巻市に来ました。

  水産や造船の街ですが、温泉が出ないため、観光で盛り上げるために日帰りの観光地として石ノ森章太郎の漫画館などを作って街起こしをしています。

  とにかく海産物のうまいこと!
駅弁で買った大漁宝船弁当にはアワビから鮭からいくらから鯖、桜エビなどがてんこ盛りで1000円です。
  
 東日本大震災では津波の被害をもろに受け、内陸部に至るまで大きな打撃を受けました。

  でもそこは粘り強い東北人。自然災害の大きな痛手から、地域のコミュニティの力を総動員して新しい街起こし、都市計画の再編で地道に復興への足取りを進めていました。

  東京に帰る前に、松島海岸に立ち寄って来ました。松尾芭蕉が

"松島よ。ああ松島よ。松島よ。" と唄ったとおり、形容詞の要らないくらいの絶景でした。

  紺碧の海と空に広がる大空間。島の緑が点々と青い海に散らばり、思わずカメラを置いて眼の前に拡がる絶景に見とれました。

 「日本人に生まれて良かった。」とすら思いました。

  おもむろに売店に向かい、宮城産の純米酒を買うと足早に埠頭に向かい、海を見ながら杯を交わしました。
  
  映画 『男はつらいよ』 に出てきたフーテンの車寅次郎になった気分です(笑)。

  そうです。私の仕事はTRAVELLERS(旅人)です。これからも、海の景色や山の景色を楽しみたいと思います。
DSC_2000.JPGDSC_2004.JPG
posted by ヒデキ at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 東海道徒歩旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旅をする仕事 (3)

【 旅をする仕事 (3) 宮城県仙台市】

 僕の仕事は旅をすることです。どんなに離れていてもメールや電話に頼らず、お客様と直のコミュニケーションを大事にするのが僕のポリシーです。

  金融庁のポリシーも同じみたいですが(笑)。そんなわけで東北地方でお客様と精力的に合っています。

   やはり直に合うのが一番ですね。仕事が終わった後は、地元の郷土料理で一杯やるのもTRAVELLERS(旅人)の楽しみです。

  今夜は仙台駅前の牛タン専門店 ゛呑八゛で牛タンと麦飯、牛角スープを頂きました。

  明日は港町、石巻を旅します。
DSC_1993.JPGDSC_1997.JPG
posted by ヒデキ at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 東海道徒歩旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月08日

心地よい店 (44)

【  フレンチビストロ、゛アグリューム゛】東急多摩川線、下丸子駅

DSC_2023.JPG

  多摩川沿いの住宅地にたたずむ隠れ家的なお店。仕事が終わって自宅に帰る前、ちょこっとだけ立ち寄り、ワインを頂いてリラックスする。
 
 インテリアがフランスの片田舎風で、B&Bで聞いた、昔懐かしいポップスを聞いていると、旅行した気分になる。小一時間でもこのお店にいると、気分転換出来るのだ。
 
シェフオーナーの新藤祐美子さんはフランスで料理の修行をされているだけあって、本格的な味が味わえるのだ。

青カビチーズ、ブルー・デュ・デルコール をつまみに、甘くてコクの深い白ワインのテラス・ドギレムを頂くと、幸せな気持ちに包まれる。  

一時間足らず、止まり木にとまるような感じで立ち寄ると、元気と充足感に包まれて、また来ようと思う。

郊外にあるから、尚さらリラックス出来るのだ。
posted by ヒデキ at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 心地よい店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする