2016年06月29日

日本で初めて! 経済&お食事会 明日の夜開催

恵比寿イタリアン.png

【 残り2名を募集! 明日夜です 】
 −  日本で初めて!! 経済&お食事会 @ 東京・恵比寿 

 世界経済や為替、資産運用を語りながらイタリアンで楽しくお食事。20代、30代も多く、ネットワーキングの機能もセットになっているヒデキのパーティへお誘いです!
 
『経済&お食事会』を6月30日(木)の夜、恵比寿のイタリアンでコース料理と飲み放題付き、5000円で行います。10名募集しています!
http://r.gnavi.co.jp/g792000/menu1/
19:30-21:30 イタリア料理、“チムチム”

 私が幹事&スピーカーをやり、30分ほど世界経済の見かたや、為替の動き、お金の増やしかたについて話します。参加者の皆さん、ワインやパスタと楽しみながら談笑して下さい。名刺交換もお忘れなく。

 30代男性も来ますので、合コンの機能も兼ねていますよ(笑)。参加希望者はメッセ下さい。
E-mail: nekketsu9@gmail.com

 幹事&スピーカー: 倉澤英樹 
  昭和63年、新卒でドイツ系銀行に就職
 平成11年、米ゴールドマン・サックス証券に就職
 平成17年、バンクオブ・ニューヨーク・メロンに就職
 平成25年、米スタンダード&プアーズに就職
 平成27年、外資系金融を引退。個人事業主。
posted by ヒデキ at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月28日

イギリス経済が世界経済に占める割合はたったの4%

 − イギリス経済が世界経済に占める割合はたったの4%、日本経済が世界経済に占める割合は5.5%

  今回のEU離脱でイギリス経済は長期衰退に入ったのは誰しもが認める事実。19世紀はGreat Britain大英帝国 なんて大層な名前を自称していたけど、200年のあいだにこれだけ英国民の知的水準が下がったのだから長期没落するのは仕方がない。

  だが、この3日間でドルは3%暴落、日本株は8%暴落、米国株は7%暴落したのは、イギリスの実体経済をみれば明らかに過剰反応。実態経済に合わせて金融経済が並行すると、明らかに米ドルも、株も、今が買い時。

 【 マイナス金利税で凍りつく日本経済 − 副島隆彦著 】


posted by ヒデキ at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

イギリスは長期衰退へ

 速報でイギリスのEU離脱が発表されました。ドルは100円の円高です。
短期の動きでは、今夜の欧州市場、NY市場の動きを見て、週明け月曜日に90円台まで円高が進む可能性が出てきました。

 ただし、日米欧政府による協調資金供給が近々、発表されるでしょうから、ドル円が90円台に進むようなら政府による為替介入も入り、急激な円高はいったん止まると予想します。

 それにしても、国際経済に大きな打撃を与える重大な問題を、国民投票にかけるようなイギリス政府にはあきれました。もうリプトン紅茶も、ローラアシュレイも一切買いません(笑)。
posted by ヒデキ at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月19日

「人生は偶然の織り成す産物だ。」 出口治明氏との出会い

 出口治明さん(ライフネット生命創業者)のセミナーに参加してきました。僕が4年前に丸の内の米銀をリストラされたとき、自分の運命を嘆いていました。誰よりも努力して実績を作ってきたにも関わらず、会社のM&A(合併、買収) によって外に叩き出されてしまったのです。

 その当時、出口さんの著著の中に「人生は偶然の織り成す産物だ。計画してうまく行った人生があったためしがない。」との言葉を読んで涙がポロポロ出ました。

 17世紀のフランスの僧侶が、偶然出会った人から国の官房長官に引き上げられて大成した人物を引き合いに、運命に従うことの大切さを解いた言葉です。そして、不遇を嘆いても仕方のない、ということを。

 それをきっかけに「もう一度再起してみよう」と、決意しました。

 出口さん自身も、日本生命の幹部だった時代に経営陣との意見の対立で不遇を囲ったことがあったのだそうです。

そんな事は誰の人生にも起こり得る。しかしそんなことで挫けていてはいけない。長い歴史を見れば、計画して上手く行った人生の方が圧倒的に少ないのだからと。

 そんな教訓を教えて頂いた出口先生と握手させて頂きました。

 【 「全世界史」講義 I古代・中世編: 教養に効く!人類5000年史 − 出口治明著 】


 【 人生を面白くする 本物の教養 (幻冬舎新書)  − 出口治明著 】



posted by ヒデキ at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 元気の出る言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本国債について (1)

CIMG3114.JPG

 − いちばん損を喰らうのは預金者

 日本国債は化け物です。これだけ乱発される国債の発行量がありながら、なぜ価格は下がらないのでしょうか? 日本国債とは、ひとことで言うと国の借金です。

 一年間に得られる国の税収が45兆円前後なのに、歳出を90兆円以上も湯水のごとくダダ漏れにさせる日本政府の借金証書が日本国債です。

 この国独特の未整備な税制や決済制度が、これだけ海外からの買いを制限し、発行量の約9割超を日本人だけで消化するという現状、その理不尽なまでのシステムと、その現状を放置している日本政府に、改革の必然性は認識できないのでしょうか?

 「日本政府の財政は盤石だ」 と、盲目的に信じて銀行預金、証券会社の販売する国債、資産運用会社の販売する投資信託にがっちりと組み込まれている日本人預金者、投資家。本当に日本国債は安全なのでしょうか?

 返済めどの全く立っていない日本の財政赤字を盲目的に買うという経済行為は、いつまで安全なのでしょうか?

 中国経済ショック、ドイツ銀行ショック、イギリスのEU離脱問題と、世界経済は一歩まちがえると波乱のドラマに転落しかねない現在ですが、いったいその引き金を日本国債が引くことはないのでしょうか?

 僕が米ゴールドマン・サックス証券で働いているとき、FICC(債券・為替・商品取引部門)の同僚は、 「日本国債は化け物だ。」とこぼしていました。

 「ヒデキさん、米国債やドイツ国債とちがい、こんな魑魅魍魎とした取引慣行を昔から続けている日本国債市場がなぜ成り立つのか不思議だ。」 と、よくこぼしていました。

 その同僚は、財務省高官に向けて。。。 ここから先はメルマガ ”熱血日記” を購読してお楽しみ下さい。http://www.mag2.com/m/0001646353.html

 (つづく)
 
 【 マイナス金利税で凍りつく日本経済 − 副島隆彦著 】


posted by ヒデキ at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 外資系証券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月12日

それで、リーマンショック級は来るのか来ないのか?

リーマンショック1.jpg

リーマンショック2.jpg


 − 世界金融恐慌を予測する

 僕が愛読しているブログ、『一匹狼ゆうくんの続MBA日記』に、とても洞察に富んだ世界経済の記事が掲載されましたので、本人の承諾を得たうえでここに転載させて頂きます。
 ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ 

 あれは今も鮮明に覚えている2008年1月のこと。
私は某業界のデータを前にして、悩んでいた。約10年周期の明らかな景気変動をそのデータは示していた。

 そして、私の目の前でデータは語っていた。「次の景気後退がやって来る」と。
 
 しかし、私は適切なアラームを出す勇気はなかった。いや私だけではなかったと思う。
 当時、駆け出しの私でも気づいていたことだ。ベテランは皆、気付いていたはずだ。それでも、誰もがアラームを出すに至らなかった。

 それから1年も経たず未曽有の経済危機がやってきた。
その悲惨さは敢えてここで語るまでもないだろう。そして私もここでゲームセットだった。
 リーマンショックが起こした悲劇と直面する前に私は戦力外通告を受けたのも同然だった。

 だが、当時のボスが言っていたことは忘れない。
「リーマンショック前の資源価格高騰は、先進国から資源国への富の移転」だったと。

 私は事実上の戦力外通告を受けた時に思った。「次のリーマンショックは見逃さない」
「次のリーマンショックを追いかける」と…。2010年代前半を見ても、
 
 中国の4兆元投資、ギリシア危機、ブラジル、次のリーマンショックの種は既に撒かれていた。太陽黒点周期説、欧米系投資銀行10年リストラ周期説などを考えながら、8年が経った。
直観的には昨年2015年が2007年に似ていると言えば似ているかもしれない。

 リーマンショックの時も「変調」が起き始めたのは2007年だ。

 しかし、地震予知が難しいように、いや、それほど難しくないとは思うが、経済危機の予知も難しい。
 東海地震や南海トラフが「そろそろ」「もうすぐ」と言ってみても、具体的な時期と場所を予知できないのと同様、経済危機も「そろそろ」と言ってみることはできても、「いつか」までは予言できない。

 もっと言えば、リーマンショック前と今では環境が違う。
資源バブルとサブプライムローンの終焉がリーマンショックの前奏だったが、原油価格は上がってきたとはいえ、当時に比べれば低い水準だ。

 アメリカも利上げするかどうかでもめるほど、往時の勢いはない。
 だが、「何かのバブル」が弾けるからこそ、経済危機が起きる。
バブルとは、「実力以上に無理をしている経済」である。
では、何が無理をしているのだろうか?

 まずは中国だろう。4兆元の公共投資は何をもたらしたのかここで多くを語る必要はないだろう。

 そしてもう一つは日本。しかし、日本経済は過去25年不調なので日本経済が今更ひどくなっても世界的なインパクトはないかもしれない。
 ここでイギリスがEU離脱ということになれば、本来起きるべき経済危機が前倒しになるかもしれない。
 そして、アメリカ大統領選。考えてみると、経済危機の周期が8-10年なのは当然かもしれない。
主要国の大統領や国会議員の任期は4年。2期8年とすれば構造変化が起きるのも当然だ。

 いや、構造変化が政治の変革を求めるのかもしれないのだが、ここではその議論はやめておこう。

 私は、日本の株式市場にリーマンショックの後、一切失望し、一切投資しないと決めた。
 
 それでも、定点観察をしているのは世界の経済イベントを色濃く反映するためだ。

 そして今、日本の株式市場が指し示そうとしているのは「宴の終わりが近い」ことのような気がしてならない。

 恐らくこんな悲観的なトーンで書けば、多くの方は反論したいだろう。
 実際に、今今だけを切り取って考えれば、前述のように原油価格は落ち着いているし、株価も小康状態だ。

 しかし、楽観論者に問いかけたいのはここから株価が再浮上するシナリオがあるか、どんなシナリオが考えられるか著名エコノミストは指し示していない。

 消費税率引き上げ延期も現状維持であって、経済成長のシナリオではない。新三本の矢で数値目標を出しているが、成長シナリオは皆無だ。

 株価についても株価が戻すシナリオを描いているマスコミ報道を見受ける。だが、過去のデータが指し示す限り、「大きく下げる前に少し戻す」傾向がある。

 少し戻した後、ストーンと落ちるというトレンドが大きい経済ショックの前後で過去25年で3回存在し、今回も現状までほぼ同様のトレンドを示している。

 もう経済成長するとか、株価は上がるとか、無理やり楽観論を言うのはやめましょうよ、というのが私の思いだ。
 
 そもそもアベノミクスは、異次元緩和という形で人為的にバブルを引き起こし、株式・不動産の資産バブルを引き起こし、資産効果により消費の底上げを図りつつ、構造改革までの時間を稼ぐもの。
だが、3年を過ぎても構造改革ができなかった。各種改革案も既得権益層のおかげで骨抜きにされた。

 これはもう仕方ない。音頭をとっている人が既得権益層から選ばれた人なんだから、逆らえるはずがない。
最初から既得権益層から選ばれた人が構造改革なんてできるわけないし、そんなことをしたら暗殺されたって文句が言えない。

 異次元緩和と構造改革は車輪の両輪だったはず。それがいつしか片輪走行になった。そりゃ、経済が持つわけがない。バブルだと見透かす海外投資家がそっぽを向いてもおかしくない。

 構造改革の見込みが立たない時点で、本来であれば解散総選挙を行って異次元緩和も止めてよかったのではないか。既得権益層を意識して、「構造改革解散」をしてよかったのではないだろうか。

 解散総選挙に打って出ても、民進党(民主党)の政権運営能力を考えれば、構造改革と経常的な経済運営を両立できるはずがない。
多少、議席を減らすことになっても、どのみち自民党が再び国民の信任を得たはずだ。

 勿論、過去のifを語っても意味がないかもしれない。
ここまで来てしまうと異次元緩和の片輪走行を終焉まで続けるしかないだろう。

 それでも、自民党は幸福だ。野党の「敵失」によって、次の4年間も政権を運営できるはずだ。
 次の四年間は、改めて「構造改革」を掲げてほしいが、難しいだろうなぁ。

 話が脱線したが、アベノミクスはそれ自体が元々人為的なバブル経済だったのだから、人為的なバブルを仕掛けた本人が「リーマンショック級がもうすぐ来る」と言ってしまうのは、マジシャンのネタ晴らし、映画監督のネタバレみたいなものである。

 日銀の政府からの独立性というお題目を抜きにして考えれば、安倍首相が日銀に異次元緩和を止めろと圧力というかサインを送れば、そこでアベノミクスは終わり、経済危機が起きるからだ。
現にアメリカが、アベノミクスは時間切れと言わんばかりに為替介入に待ったをかけた。

 恐らくアメリカが忍耐できた時間制限は2-3年と言うところだったのではないか。

 中国については多くのチャイナウォッチャーの先生方が高論、清談されているのでここでは割愛する。

 ただ、私個人の思いを言うのであれば、「日本がオイルショックで高度経済成長が終わったように、中国の高度経済成長も「いつか」終わるべきものである」。

 但し、「いつか」がいつなのか私も分からないし、分かれば、このブログをとうの昔に有料化しているだろう(笑)。

 ご参考までにグラフを貼り付けるので過去のトレンドと今を比較して、今後について思いを巡らせてほしい。
 
 【 本当はヤバくない日本経済 − 三橋貴明著】


 【 上位1%のエリートしか知らない 日本経済世界最強論 】


posted by ヒデキ at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月08日

不正を見抜けなかった東京都庁職員

『桝添都知事が一人だけ叩かれているが、不正を見抜けなかった東京都庁職員のユルい仕事ぶりはなぜ糾弾されない!?』

 − テレビ局の報道ぶりはいつも表面だけなぞっていて、物事の本質を追究する洞察が欠けていると思います。不正行為をした桝添都知事が一人だけ悪者扱いされていますが、その陰にひそんでいる大多数の東京都庁職員のユルい仕事ぶり、財務局、会計監査局をなぜ糾弾しないのでしょうか?

 連日の報道を見る限り、 「よくもまあ、こんな不正経理を巨大な組織で隠していた。気付かないふりをしていた。」 とあきれます。これだけ大規模な不正経費を使っていながら、それに気付かなかった東京都庁職員、特に財務局、会計監査局の職員は、自分が60歳の定年退職まで大過なく過ごすために、お偉いさまには何も異論を唱えなかったのでしょうか?

 都庁に就職を希望する公務員は、広く都民の幸せのため、福利のために人生をささげる Public Survant (公僕)としての使命感を持って働いているものと信じたいのですが、実際のところ、東京都庁の職員は、 「60歳の定年退職まで、9時から5時までの短い労働時間でまったり人生を過ごせれば幸せだ。」と、寄らば大樹式の、職業倫理のまったく欠けたユルい公務員の集合体ではないのでしょうか?

 こんな地方公務員の給料をはらうために高い住民税を払わされている東京都民がかわいそうです。

 テレビ局は、叩きやすい悪者一人だけでなく、巨大な不正が生まれた根本原因を作った東京都庁職員のユルい仕事ぶりにメスを突っ込んで、東京都民の払う住民税が効率的に使われるための提起をすべきではないでしょうか?
posted by ヒデキ at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月05日

日本経済の繁栄は自分たちの手で創る

m.JPG

sarubatore.JPG

 日曜日の午後は20代の若手起業家の仲間たちと古巣・六本木ヒルズの毛利庭園にあるイタリアン、サルバトーレ・毛利で自由に意見を出し合うブレインストーム・ランチを楽しんできました。

 ゴールドマン・サックス証券時代は、ランチタイムによく毛利庭園を見ながらパスタを頂いていたお店で、この地にくると、自由な発想でクリエイティブなビジネス・アイデアを語りあうのに最適だと思います。

 これから、個人事業主や起業家を集めて 『個人事業主アライアンス』 という業界をまたぐ個人事業主の応援サークルを創るという僕の構想を若手起業家たちに話しました。

 少子高齢化が進み、国内消費経済は衰退が避けられない。ぜいたくな高齢者年金や公的医療保険の大盤振る舞いで日本の財政赤字は危機的な水準。ゆでガエルのように着実な衰退を危惧される日本経済を救うのは、有志による民間活力だけです。

 サラリーマンと云う枠を出て、自らリスクを取って個人の才覚だけで勝負する、個人事業主や、起業家に顧客を相互に紹介し、税務・財務などめんどくさいオペレーションを軽減できるよう知識やノウハウを有した専門家をご紹介する。

 そうした自由闊達な横串的な民間サークルをこれから創っていきます。有志をあつめるのに時間はかかるかもしれませんが、 “白鳥のように美しい” 祖国・日本経済を救うためには、終戦直後のガレキの下から生まれた本田宗一郎や盛田昭夫のようなバイタリティあふれる人間が必要だと思うのです。

 Where there is a will, there is a way. ( 意志あるところに道は通じる。) 

 意識の高い仲間たちと一緒に、頑張って行きたいと思います!

 【 上位1%のエリートしかしらない?ニッポン経済世界最強論! 投資銀行家 ぐっちーさん 】


山口正洋 =ぐっちーさん 1960年東京・港区生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。丸紅から1986年モルガン・スタンレー、ABNアムロ、ベアー・スターンズなど欧米の金融機関を経て、ブティックの投資銀行を設立。M&Aから民事再生、地方振興まで幅広く活躍する一方、「ぐっちー」のペンネームでブログ、メルマガで人気を博し、2007年にアルファブロガーを受賞。現在AERA(朝日新聞出版)、SPA!(扶桑社)に連載を持ち、テレビ、セミナーと忙しい日々を送る。
posted by ヒデキ at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 元気の出る言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月04日

鰻の名店、登亭 − 東京、上野

DSC_1761.JPG

今日は若手のファンド・マネージャー とアメ横にある鰻の名店、゛登亭゛で鰻と肝串焼きを頂いてきました。ジューシーで甘い鰻重を頂きながら、「日本国債はどうなるのか!?」 というヘビーな会話で盛り上がってきました(笑)。 土曜の昼の熱い議論でしたが、金融マンが二人集まると勢い、マネーの話になります・・・

 議論の結果がどうなったかは、長文になるので、改めて執筆しますね(笑)!

 【 和の国富論 − 藻谷浩介 】



『デフレの正体』『里山資本主義』の藻谷浩介氏と、「現智の人」との対談集。
反「東京」、反「東大」、反「新自由主義」という共通のメッセージが全編を貫いている。

第1章 「林業」に学ぶ超長期思考…速水亨(速水林業代表)
第2章 「漁業」は豊かさを測るモノサシである…濱田武士(漁業経済学者)
第3章 「空き家」活用で日本中が甦る…清水義次(都市・建築再生プロデューサー)
第4章 「崩壊学級」でリーダーが育つ…菊池省三(元小学校教師)
第5章 「超高齢社会」は怖くない…水田惠(株式会社ふるさと代表取締役社長)
第6章 「参勤交代」で身体性を取り戻す…養老孟司(解剖学者)
posted by ヒデキ at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 心地よい店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする