2016年02月28日

ポジティブ思考へ! (19)

 “ 熱狂的なヤル気、ユーフォリア(心の中の幸福感)はどうすれば生まれるか?” 

 ポジティブ思考に満ちている人は、いつも情熱的で明るいふるまいを見せている人が多いです。それは必ずしも性格的な問題ではありません。情熱的で明るい人は、それなりの理由があってそうなっていると思うのです。

 あなたが仕事や勉強で120%の生産性を上げられるのは、脳の中にアドレナリンがバンバン吹き出し、考え方も思考方法も前向きなときです。端的に言えば “希望に燃えている状態” です。

 元プロ野球選手のように覚せい剤に手を出すのはダメですが、心の中を希望で燃やし、脳の中にアドレナリンを出す分なら合法的で、全然問題ありません(笑)。

 この連載を読んでいると、あなたは絶えず熱狂的なヤル気が出てくる思考法に、知らず知らずのうちに変わっていることを目標につづけていきます。

 マズローの5欲というのがあります。人は必ず5つある欲求のうちどれかに動かされて生きているということですが、1.食欲、2.睡眠欲、3.性欲、4.金欲、5.名誉欲があるそうです。

 だれでもこの中の3つや4つの欲望に従って生きていることに間違いはないでしょう。映画 『ウォール街』で主役の投機家、ゴードン・ゲッコー役を務めるマイケル・ダグラスが “Greed is right. Greed works” と語るシーンがあります。欲望は正しい、欲望は機能する、という意味です。

 実は、このゴードン・ゲッコーの台詞は80年代の黄金の米国バブル時代に実在したM&Aのサヤ取り業者、アイヴァン・ボウスキー(ロシア生まれのユダヤ人)がカリフォルニア大学バークレイ校の卒業式の来賓祝辞で述べた言葉なのです。

欲望丸出しで違法とされるインサイダー取引に手を染め、最後には投獄されてしまう米国の投機家ですが、多かれ少なかれ、資本主義は欲望の元にでき上がったシステムですから、金や名誉のためにがつがつ働くのは自然な姿でしょう。

ただ、金や名誉のためにがつがつ働く人は、いったんそれをはばむ障壁や挫折に遭うと、ポジティブな思考が失せてネガティブ思考に転じたりします。周りの人が驚くくらいに態度が豹変したり落ち込んだりするものです。

 人生には常にアップ・アンド・ダウンがついて回ります。表面的な目標を掲げてがむしゃらに走る人は、小さな挫折や障がいに砕けてダウンターンに入ることもあります。

 それよりももっと強い動機(Motivation)があります。どんな障壁や挫折に直面してもくじけない強い動機を持つことができれば、あなたの心は絶えず熱狂的なヤル気に満ちているでしょう。では、どうすればそんな考え方ができるのでしょうか?

 そのためにはまず。。。 ここから先はメルマガ ”熱血日記” を購読してお楽しみ下さい。
 http://www.mag2.com/m/0001646353.html

 (つづく)

 【 9日間 ”プラスのこと” だけ考えると、人生が変わる - ウェイン・W・ダイア―】


posted by ヒデキ at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 頭の回転が速くなる方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月21日

ポジティブ思考へ! (18) あなたにも身につけられる思考法

熱狂的に働き、熱狂的に活動する僕が、だれでもポジティブ思考を身につけられる方法を教えます。

たった一回こっきりの人生です。どうせなら心の中をいつも健康で、明るく前向きに、楽しい日々を過ごしたいものです。そんな秘密の思考法を一から系統だててお話ししましょう。

 さて、まずポジティブ・シンキングって、そもそも日本語で何と言うのでしょうか?直訳すると “前向きな考え方”になります。
ただ、いくつかの訳が存在します。端的に説明すると;

● 楽観的思考  Que Sera Sera ケ・セラ・セラ(なるようになるさ)
● 積極思考   積極的に動くことで問題を解決し、前進させる
● 能動的な思考 自分がすべきこと、やらなくてはいけないこと(受動的)だけでなく
       自らが主体的にものごとに取り組む思考

 このいずれもがポジティブ・シンキングと総称され、ネガティブ・シンキング(後ろ向き、批判的な考え方)の対極とされています。

 では、ポジティブ・シンキングを身につけると、どのようなメリットが出てくるのでしょうか?
僕がこれまで体感したメリットをお伝えしますね。


 1 熱狂的なヤル気、ユーフォリア (心の中の幸福感)が出てくる
 “Exclude negative thinking.” 他人の批判、失敗やマイナスを考える習慣を捨てる

2 メンタル・タフネス (精神的な打たれ強さ)が身に付く
  これは驚くべき変化です。ポジティブシンキングを1年、2年も続けていると、いつの間にかあなたは、ちっとやそっとの挫折や失敗に落ち込むことがなくなるからです。詳しくは後でまとめます。

3 時間効率が良くなる (合理的な考え方、本質に立ち返り対処する力が出てくる)

 一日は24時間しかありませんし、起きて活動している時間は平均して14時間くらいでしょうか。その中で人間の感情はネガティブな気持ちでいるときが、ポジティブな気持ちでいる時の3倍もあるそうです。自分の感情を一定の方向に導く習慣を身につけることができれば、仕事の上でもプライベートな事でも、あなたの時間効率はめざましく向上します。

 とは言っても、一丁一夕(いっちょういっせき)にポジティブ思考を身につけられるわけもありません。思考法を変えていくきっかけも必要です。前向きな考え方を身につけるきっかけについてお話ししましょう。

● 「あなたの心のありようは、感情ではなく習慣で支配できる」 と心の底から信じて、感情を習慣でコントロールしてしまう。
世の中には常にプラスの面とマイナスの面があります。そのどちら側を見ているかを常に意識して、プラス面を見る習慣を身につけることです。

 たとえば、僕は22歳のときに鈍行列車で故郷に帰省しようと思い立ちました。車窓から海や山の風景を見ながら、6時間かけて電車で帰省するわけです。ところが、この鈍行列車は途中、何度も乗り換えなくては遠くに行けません。JR小田原駅で次の列車に乗り換えたとき、無人となった列車の車窓に財布を置き忘れてきてしまいました。

 あとで気づいて駅に電話しても、財布は出て来ませんでした。故郷に行けず、東京に逆戻りしてゴールデンウィークをお金無しで過ごすはめになりました。そこで考えました。どうすればこのマイナスをプラスに転化できるのか?

 3日間の連休を何もせずに過ごすなど時間のムダです。「お金を無くしたのならば、また稼げば良いじゃないか。もっとたくさんのお金を!」 と考え、連休中は商業簿記のテキストを引っ張り出して、どこにも出かけずに勉強していました(笑)。

 財布を無くして(連休中は)一文無しになった僕は、悲壮感に打ちひしがれるのではなく、New Money を稼ぐ習慣の中に没頭したのです。お金といっしょに時間まで失ったのではダブルの損失ですからね。

● 挫折や失敗をしたときに、失ったものよりもそこから得られる教訓や新しい取り組みを重視する。

人は挫折や失敗をすると、ことある度にうしろを振り返っては、
「あのときにああしていれば良かった。」 「あの時にこうしておけば良かった。」 と考える習慣があります。
 人間の感情はネガティブな思考が常にポジティブの思考の3倍も生まれるようにできているのですから、仕方のないことでしょう。

 株やFXのトレーダーが、過去の失敗したトレードを振り返って。。。

 ここから先はメルマガ ”熱血日記” を購読してお楽しみ下さい。http://www.mag2.com/m/0001646353.html
 
 (つづく)

【 積極的考え方の力 成功と幸福を手にする17の原則 − ノーマン・V・ピール 】
posted by ヒデキ at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 頭の回転が速くなる方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月14日

ポジティブ思考へ! (17) 一瞬であなたを変える方法

 − いつも明るい人といつも暗い人

 ロサンゼルス.jpg
 【 写真: カリフォルニア州、サンタモニカ・ビーチ 】

 あなたが豊かで楽しい人生を送ろうと思ったら、きっかけは案外近いところにあります。
いつも明るい人といつも暗い人がいますが、どちらの方に人は集まってくるでしょうか?明るい人の方ですね。あなたも明るい性格で人を惹きつけることができます。

 こう言うと、いささか極端な思考に思えるかもしれませんが、明るさというのは、一種の楽観思考から来ています。日本人のほとんどはペシミスト(悲観思考の持ち主)ですから、楽観思考を持ち続けられるということ自体、凄いことなのです。

 どんな逆境に遭おうが、挫折にもがき苦しもうが、常に未来は明るいと信じて “将来にわたって自分は豊かな人生を送れるだろう” と信じることが出来る というのは、ある種の才能と言ってもよいでしょう。僕はそんな人が好きです。

 そして、楽観思考を身につけて、1年も2年も続けていると、あなたは今まで不可能と思えてきたことにもチャレンジできるようになりますし、顔の表情もリラックスして、人間味にあふれてきますから、周囲の人もあなたに寄ってきます。

 今日はそんな楽観思考の身につけ方を教えましょう。
スペイン語で “Que Sera Sera (ケ・セラ・セラ) “ という言葉があります。ラテン系の人たちが好きな言葉ですが、 「なるようになるさ」 という意味です。

 IT革命が起こり、あちこちに携帯端末やスマホ、ネット情報やネットゲームが蔓延し、ストレスの量まで限界値に達しそうな社会になりましたが、あえて方の力をすこし抜いて、日々の生活を送る。

 そして考えを違う方向に向けて夢想する余裕をかます。

 そんな余裕をもたらすことのできる不思議な言葉が “Que Sera Sera (ケ・セラ・セラ) “ 
です。

 楽観主義は、決してノー天気である、という意味ではありません。楽観主義は、いま目の前の現実のこと、未来に向かって行動する目的志向とセットになっています。

 60年代の大ロックスター、ビートルズの歌にも “Let It Be ”(なるようになるさ) があります。ビートルズの解散アルバムの代表曲であるこの曲は、メロディラインが美しく、僕も中学生時代にビートルズのコピーバンドでこの曲を歌いました。

 この曲の歌詞には、 “落ち込んでいるときに、神がつぶやいてくれる。なるようになるさ” というフレーズがあります。この言葉にどれだけ救われたでしょう。

 これと同じで、ラテン系の人たちには、明るくおおらかで、あまり先のことを心配しない傾向があります。今日の自分を精いっぱい生きれば良いわけで、明日の心配は明日になってからすれば良いわけです。

 スペイン人は、たとえ解雇を言い渡されたとしても、
「仕事が無くなると、家族や友人と過ごす時間が増える!」 とポジティブに考えるそうです。

 “明日からどうやって家族を養っていこうか?” と悲観的に考える日本人の対極を行っています。

 イタリア人は、 「今日なんとかなれば、明日もなんとかなる。」 と考えて、自分を勇気づけるそうです。 “だから南欧諸国は財政危機になるのだ!” と言ってしまえばそれまでですが(笑)。

 それでも、僕はこのラテン系の楽観的な考え方が好きです。たいていの人は、自分の持てる力を最大限発揮して。。。

 ここから先はメルマガ ”熱血日記” を購読してお楽しみ下さい。http://www.mag2.com/m/0001646353.html


 (つづく)

 【 9日間 ”プラスのこと” だけ考えると、人生が変わる 】
  − 「なりたい自分」と 「現実」 をつなげる簡単な方法

 



 【 スピード仕事術 仕事が速い人ほど成果もすごいのはなぜか 】
  クリエイティブ思考は全ての分野に応用できる! nendo 佐藤オオキ

- 超高速で仕事をすると、情報処理のスピードまで加速する
− そのときに一番やりたい仕事をして、頭の回転を速める
− 間違えてもいいから判断は早く
− 仕事の量が多いほど、クオリティは上がる
− 空気を読まず、どんどん地雷を踏む
− 話を聞く時はバカになる
− 休日はあえてスピードを落とし、脳を休ませる
− 「できない」 と言わない

posted by ヒデキ at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 頭の回転が速くなる方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月07日

東京でいちばん美味しい中国料理屋さん 

東京大飯店.jpg

東京大飯店2.jpg

【 野心を持て! Be Ambitious ! 】

今夜は新宿、靖国通りにあるTOKYO DAIHANTEN (元:東京大飯店)で20代の男女と食事をしてきました。高級感があり、広くて薄暗い、青いネオンや赤いネオンが足もとからほんのり照らす、ヤクザ映画に出て来そうなお店です。なんせ隣は歌舞伎町ですから、さもありなんです(笑)。

 ディン・サムもフカヒレスープも角煮も四川麻婆豆腐も、どれを取っても本格中華で美味しいのですが、新宿だけあって値段も安いのです。

 このお店に初めて来たのは10年以上前です。ゴールドマン・サックスの同僚の中国人、上海市出身でニューヨークの大学に留学し、ゴールドマンの東京支店に入社してきた彼が、

 「ヒデキさん、東京で一番おいしい中国料理は新宿の東京大飯店だ!」 と言うのでそれ以来、お世話になっています。
 美味しい料理とお酒に舌鼓を打ちながら、若い友達に向けて

「野心を持て! (Be Ambitious)」 という話をしました。たとえ人生2回失敗しようが3回失敗しようが、全然気にすることはない。自分のHoly Spirit (聖なる魂) が望む方向にガンガン攻めて行こう。という話です。

 たとえ同僚から 「非常識だ」 と言われようが、 「お前はアタマがイカレている」 と言われようが、世間体など気にせずに自分のやりたいことを、リスクを取って行動した方が、人の2倍も3倍も楽しめる、ということです。

 なぜならば、日本はスウェーデンやフィンランドなみに社会保障制度が豊かな、世界でも稀に見る高福祉国家だからです。フェイルセーフ・システム(人生に失敗しても国がお金を振り込んでくれる)がわたしたちの生活を護ってくれているからです。

 たとえあなたが転職に失敗して無職になろうとも、日本政府が年間360日にわたって失業手当を銀行口座に振り込んでくれるので、日本国憲法にうたわれている “健康で文化的な生活” は全ての国民に保障されているのです。

 ですから、小さな殻に閉じこもって “60歳の定年退職までは安定的なサラリーマン生活を送りたい” といったこじんまりとした世界観に従わなくても、思い切ってリスクを取って2回失敗しようが、3回失敗しようが、最後には。。。 ここから先はメルマガ ”熱血日記” を購読してお楽しみ下さい。

 http://www.mag2.com/m/0001646353.html

【 やりたいことは全部やれ! − 大前研一 】



 【 狼たちへの伝言 − 落合信彦 】


posted by ヒデキ at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 外資系証券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする