2016年01月31日

世界危機を食い止めるアンカー役、アメリカ経済とニッポン経済

− 第2のリーマンショックは世界2強が食い止める。

新年を迎えてから経済は大波乱。中国経済が年7%の高度成長から衰退に転じ、証券市場の未成熟が災いして上海株は大暴落。

原油安が10年振りに26バレルをつけて産油国や新興国はマイナス成長に。ロシア経済は最大の輸出品、原油の暴落でマイナス成長に。サウジアラビアをはじめとする産油国のソブリン・ファンド(政府系基金)が国家財政の赤字を穴埋めするために日本株や米国株を売り払ってニューヨーク株式市場、日本株市場は大暴落。

よくもまあ、たった2週間足らずでこれでもか、これでもかという位に悪いニュースばかりが出てきました。外国為替市場も株式市場も乱高下で、うろたえる人たちが後を絶ちませんでした。この1か月で、唯一リッチになったのは、市場で大量の空売り(カラウリ)をしている米欧のヘッジファンドです。

 それにしても不思議だと思いませんか? たった1か月前は、アメリカも日本も、円安ドル高、株高で皆がほくそえんでいたのに、なぜこんな短期間で悪いニュースのオンパレードになるのでしょうか?

 原因は3つあります。

 1.為替市場も株式市場も、値上がり(円安ドル高、株高)するときには緩やかな上昇を長い月日をかけて上がっていくが、値下がりするときには1年分の値上がりをわずか1週間で帳消しにするのが資本市場のしくみ。(売りたいときには我れ先に殺到するので暴落)

 2.マスコミの報道が偏向しているから。どの国のマスコミも、大本営発表をうのみにして良いニュースばかり目立つ紙面で報道するものだから、市場が順調に動いているときに悪いニュースを流すマスコミはいない。

 いったん流れが反転すると、 “それっ!” とばかりに悪いニュースばかり長す。
したがって、リスクを取って資産運用している人は、ゆめ、マスコミのニュースをうのみにしてはいけない。自分自身の経済観を持つこと。

 3.これまで3年間にわたり、日・米・欧の世界3極政府が一致団結して “超金融緩和” を実施して、みせかけの好景気を演出し、現政権を支えてきた。ところが、米国経済の絶好調のおかげで、アメリカがわれ先に離脱し、金利高を12月に決定したこと。

 金利が反転して上昇したことで、これまで保っていたまやかしの好景気は、悪い側面(中国の不景気、新興国の不景気) がいっきに現出したこと。

 よくもまあ、たった1ヶ月でこれだけ栄光から転落へと突き進むものです。

 ところが、本日の日銀政策部会の “マイナス金利導入” で、世界経済危機はあやういところで破たんを逃れたようです。

 中国は崩れた、新興国経済は崩れた、ロシアは崩れた、産油国は崩れた、というリーマンショックさながらの現状で、どうにかこうにか破たんを食い止めるアンカー役は、アメリカ経済と日本経済の2強だということを認識しました。

 僕が学生だった1987年に、ブラック・マンデーが起こり、アメリカの金融市場は暴落しました。株や為替市場で導入されたプログラム・トレーディングのおかげで、それまで見たことも無いような大暴落が一瞬のうちに起こり、すわ世界恐慌の再来か、と1929年のブラック・サーズデーの影がよぎったのです。

 当時、 “ウォール街の銀行の利益の半分以上を1社で稼ぐ” と言われていた米国投資銀行、ソロモン・ブラザーズ証券のエクイティ・トレーディングルームは、大量の売り注文で動揺し、

 「 これで明日の日経平均が踏みとどまれば、世界経済は救われる。もし明日の日本株市場が踏み外せば、世界経済は暗黒時代に入る。」 と言われたそうです。

 1980年代、世界経済を支える2強は、アメリカと日本でした。あれから30年。中国経済が2010年に日本経済を抜いて世界第2位に躍り出て、年間1270兆円のGDPを持つと公称されていますが、実は中国政府が経済統計を操作していたということが昨年、明るみに出ました。

 年間7%の経済成長を毎年、コンスタントに上げ続けるなんて、ふつうに考えてみればあり得ない話なのです。わずか5年間の間で、中国経済が日本経済を追い抜き、1.5倍の規模になったという話も、証券会社のエコノミストが “本当か!?” とクビをかしげていました。

 昨年、中国政府の経済統計は。。。ここから先はメルマガ ”熱血日記” を購読してお楽しみ下さい。

 http://www.mag2.com/m/0001646353.html

【 のんびり投資 】
 − 「なくなっては困る企業」の株を暴落相場のときに買い、あとはのんびり待つだけ。

posted by ヒデキ at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 外資系証券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月24日

2016年のアメリカ経済について (4)

metlife.jpg

 - シリコンバレーが創出するアイデアやテクノロジーは、頭打ち

 昨年の米利上げから世界経済は混迷をはじめましたが、そのカギを握るのがアメリカ経済です。 東海岸の金融業、南部の石油産業は予測がしやすいですが、西海岸のテクノロジーは予測が難しいです。

 2015年にシリコンバレーの新技術創出、アイデアの実用化は頭打ちになったのではないかと思います。

 1. Google, Apple, Amazon, Facebook は、上場後に株主資本の最大化を目するあまり、シリコンバレーで生まれた新規ベンチャーに500億円、1000億円を出資して、自分のライバルになる前に芽を刈り取ってしまうという寡占化が進んだこと。

2. 去年から、シリコンバレー発の企業は、多国籍展開するのに、いかに法人税を安く収めるか、いかに安い人件費でオペレーションを回すか、という、いわば ”社内の財務官僚” が跋扈(ばっこ)するカルチャーに転じてしまい、

 「たとえ採算が合おうが合わまいが、10年先、20年先の大成功をめざす」 という、本来あったシリコンバレーのダイナミズムが減退したように思います。

 これまで世界を驚かせてきたテクノロジーの聖地には、従来ほどのスピードで新テクノロジーを産む力は失せてきたと思わざるを得ません。

 次の産業革新をする芽が無いかというと、必ずしもそうでもありません。次のテクノロジー覇権を握る芽は、徐々に新しい潮流として定着しつつあります。

 2012年頃から見られる一大潮流の変化は、すべてのサービスがクラウド上でのサービスになりつつあり、それは “IT産業がイコール設備産業にシフトしている” ということです。

 IBMが巨額の投資をしてソフトレイヤー等のクラウドサービスでAmazon、Google、Salesforceなどの後追いしていますが、戦略としては正しいのでしょう。いまの業界構造では新規のサービスが生まれにくくなっています。

 ただし次の変化の芽はもう出始めています。

 IoT(インターネット・オブ・シングス= すべてのモノにインターネットを組み込もう!)と、エクサスケールのスーパーコンピューターの開発です。どちらも覇権を握った会社が、その国の国力を変えるほどのパワーを持つと予想されています。

 GEがIOTで覇権を狙っています。次に出てくる会社になる可能性があります。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/…/column/15/032400051/032400001/
スパコンではなんと日本が次の覇権を握る可能性があります。ここはぜひ頑張って欲しいです。

 次のスパコンでもっとも重要な能力は消費電力あたりの計算能力です。いま日本がトップ3を占めています。

 このままいくとスパコンを動かすのに原子力発電所が必要になると言われていますが、日本のこの技術は。。。 ここから先はメルマガ ”熱血日記” を購読してお楽しみ下さい。http://www.mag2.com/m/0001646353.html

 (つづく)

 ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎   
 BCPが驚くほどカンタンに - 災害対応・危機対応のためのクラウド “Klotho”   
 レックスマネジメント   
http://www.bcpcloud.net/

 【 株は1年に2回だけ売買する人がいちばん儲かる − 伊藤智洋 】



posted by ヒデキ at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 外資系証券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

川崎カクテルパーティのお知らせ! 2月20日(土)

  ― 30代、40代を中心に出逢いの場、お友達づくりの場としてお酒を飲んで楽しみましょう!
  
武蔵新城 メサグランデ.jpg

☆ 2月20日(土) 
☆ 午後17〜21時 (持ち込んで一緒に料理する方は16時集合)
☆ 場所:メサグランデ新城
 (南武線武蔵新城駅から徒歩1分。溝の口から1駅、武蔵小杉から2駅)
  http://mesa-grande.blogspot.jp/p/jr.html
 神川崎市中原区新城5-2-13 プリマSK武蔵新城1F崎市中原区新城5-2-13プリマSK武蔵新城1階5-2-13プリマSK武蔵新城1階
☆ 会費 3千円。 (お酒、食べ物の持ち込み大歓迎! 自慢したいお酒、手料理をどうぞ)
☆ 参加申し込みは、コメント欄にハンドルネームと連絡先Eメールアドレスを入れて参加希望の旨、お知らせ下さい。追ってこちらから連絡させて頂きます。Eメールアドレスはブログ管理人しか見られないため、個人情報の機密は守られます。

楽しく飲んでお食事しましょう!! 
posted by ヒデキ at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月17日

冨士スピードウェイ ママチャリ・グランプリ 

 皆さんはママチャリ・グランプリってご存知でしたか? F1レースで使う富士スピードウェイで、年に1回だけ、自転車競技で使える日があるのです。スポーツ車ではなく、ママチャリで(笑)。

 サイクリング大好きな私は、今年、初めてこのGPに選手として出場しました。以下は、その実況中継です。先週の土曜日のお話です!

 【 富士スピードウェイに到着 】
 
  ママチャリグランプリ
 明日は東横線・綱島チームのママチャリ・チームで走ります❗ テカ、テントの前でストーブを焚いて前夜祭で酒宴をやっていますが、
゛まじめに走る気あるのか?゛ と怒られそうです(笑)。頑張りますよ〜!

fuji speed way.jpg

【  ママチャリグランプリ始まる 】
 
 自動車レースで使うサーキットを唯一、年一回、自転車で走れるレース、最高です❗
上り坂は33mの高低差があり、ビル11階分をペダルを漕ぐので息も絶え絶え。
でも東横線チームのノリの良さは最高です。昨夜、山のようにあったビールが減っています(笑)。

mamachari.jpg

【 ママチャリレース、終わる 】

 レースが終了しました。東横線・綱島チームは、1,400チームのうち
Aチーム65位、Bチーム964位でした! 

 4台の車に分乗して御殿場入りした前夜には、テントの前に大量に並んだビールを見て驚き、酒宴が深夜に終わったときには、スタート時間に起床できるかどうかが最大の心配でしたが、ふたをあけてみれば上々の成果でした(笑)。

 私は4.5キロのコースを合計6週、27キロを走り、汗だくになりましたが、F1レーサーが最高速度で爆走するホームストレートの1キロをママチャリで走るという体験は後にも先にもこのイベントだけですから、気分爽快でした。

 何よりも、明るく陽気なラテン系気質の集まった東横線・綱島チームが大好きです(笑)! 
posted by ヒデキ at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月15日

センター試験

 明日はいよいよセンター試験。大学受験も佳境に入りました。雪が降らないか心配です。次男坊が受けるので、我が家は戦々恐々としていましたが、「まア、明日で人生きまるわけじゃないんで、気楽に行ってきます!」 と次男坊。このポジティブ思考は、パパゆずりでしょうか(笑)。 

 3人の子供達が全員、私立学校に通うわが家は、 ”現役合格” が必須。 「早慶上智だろうが、MARCHだろうが、日東駒専だろうが、大切なのはその大学でトップクラスに入ること。どの大学に行こうが、トップクラスなら出口 (企業)はいっしょ。」 と力説しています。

 ビジネスの成功に、学歴など関係ありませんからね! 
posted by ヒデキ at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月10日

2016年の為替相場について

 - 資産運用のコツ、短期売買か長期投資か 

manhattan.jpg

 今年に入ってから、10人以上から 「 ヒデキさん! ドル円相場はどうなるんですか!?」 と聞かれました。新春早々から株式市場は暴落、外国為替市場は逆方向の円高に急激に進んだのですから、動揺する人たちが後を絶たないのも無理はありません。                                                     

 短期的には、チャーティスト(相場のグラフを見て売買判断を下す人たち) が、過去3年間に続いた円安ドル高の逆を行く ”円高・ドル安相場” が来る、と言っています。むこう3か月か6か月で115円まで円高になると言う証券会社のエコノミストが多くいます。
                                                 
 これはもっぱら短期筋がメインで、米ヘッジファンドなど、2日、3日の儲けで勝負を賭けている人たちが円買いにポジションをかたむけているわけです。         

  ところが、経済のファンダメンタルズ(実体経済の基礎) を見る長期の投資家は、ドルの金利が上がるのだから、金利裁定 (金利の安い国の通貨が売られて、金利の高い国の通貨に自然にお金が流れる経済の原理) が働くわけだから、短期間の相場の乱高下はあっても、2年後、3年後には、ドル高になるのは必然だ、と言っています。

 経済学のマエストロ、アダム・スミスは著書 『国富論』 の中で “神の見えざる手” という言葉を使います。

 経済の表面現象は売ったり、買ったり、短期の振幅で乱高下するのですが、長期的に見れば、値段の安いものが買われ、値段の高いものは売られ、金利は高いものに自然と流れ、金利の安いものは売られる運命にあるのです。

 お金を運用する期間を2日、3日で見ている人にとっては短期的には円が上がるから “円買い・ドル売り” で儲けるチャンスがあるかもしれませんが、3年後、5年後に向けて長期的にお金を増やそうと考えている人たちは、歴史を見れば金利の高い通貨が自然と上がっていくのですから、世界の基軸通貨、米ドルで貯蓄する方が長い目で見れば大きく増えるはずです。

 要は、あなたのお金を2日、3日で5千円や1万円を儲けようと考えている人たちにとっては、円買い・ドル売りにすれば儲かるかもしれませんが、3年後、5年後にあなたのお金を資産運用で100万円、200万円と増やそうと考えている人にとっては、金利の高い国の通貨で貯蓄すれば良い訳です。

 短期で小さな儲けを出すか、長期で大きな果実を取るかという違いです。貯蓄のスパンの長さで、円買いにするか(短気派)、円売り・ドル買い(長期派)に決めれば良いので、為替相場の乱高下でウジウジ悩むだけ、あなたの時間がムダになる。。。 

ここから先はメルマガ ”熱血日記” を購読してお楽しみ下さい。http://www.mag2.com/m/0001646353.html
 

 【 Newsweek (ニューズウィーク日本版) 2016年 1/12 号 [2016年 世界経済 新常態 】
posted by ヒデキ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 外資系証券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月04日

2016年のアメリカ経済について (2)

【 2016年のアメリカ経済について (2) − アメリカは世界の警察官を止めた! American Economy in 2016 】

MetLife_building__New_York.png

 アメリカはどうやら疲れてしまったようです。“世界の警察官”の役割を果たすことに。

 地球の反対側で起こる国際紛争を収めたり、テロを未然に防いだりするために、CIA(米国家中央情報局)やNSA (国家安全保障局)、そして米軍を繰り出して、中東情勢やロシア情勢、中国情勢を平穏無事に収めるには多大な犠牲とお金がかかります。

“世界の警察官” を務めるためにかかるコストはぼう大です。2003年のイラク戦争のときに派兵された米軍の累計230万人のうち、6人に1人、約50万人がPTSD(精神疾患)にかかり、自殺する帰還兵が年間6,000人にも上ったそうです。

 こうした費用対効果を考えると、アメリカは広く世界に進出して軍事介入をするよりも、国内で自国の国益をたんたんと追求するほうが楽だということに気付いたようです。

 20世紀は石油の世紀でした。天然資源を大量に保有し、安いエネルギーを国の工業資源に転化できる国は豊かな経済を楽しむことができました。

 一時は日本経済の飛ぶ鳥を落とす勢いに減退したアメリカ経済でしたが、20世紀の終わる頃、IT技術で 吹き返しました。新しいモノ好き、革新とイノベーションで新しい経済(需要)を創るのが好きなアメリカ人は、家電製品と自動車という日本経済の必殺武器の代わりに、ITで新世紀の経済の主導権を見事に取ったわけです。

 株式市場で最も評価される米国企業は金融とITの2大産業です。このうち金融業は19世紀のモルガン、ロックフェラー(シティバンク)、メロンの3大財閥から栄えていましたが、IT産業は1990年代の後期から急速に栄えました。

 マイクロソフト、アップル、インテル、アマゾン、グーグル、フェイスブックと、時価総額上位の企業を連ねています。たった10年、15年でここまで世界の経済を制覇した力は恐るべきものがあります。

 時代が2000年に入ると、アメリカはもう一つの強大な武器を手にしました。それがシェールガスです。地中深くにある頁岩層の岩盤から取れるシェールガスは、従来の原油に代わる新たなエネルギー源として、急速に代替エネルギー源として注目されました。

 それまで大型のアメ車がガソリンを垂れ流し、電気もガソリンもガスも使いたい放題で、原油の輸入国だったアメリカが、自国内で取れるエネルギーを開発したおかげで、原油の輸出国に転じてしまったのです。

 エコノミストは、米国が世界の基軸通貨国だから、中央銀行の輪転機を刷ればするほど米ドルが印刷できるのだから、貿易赤字も経常赤字も垂れ流し放題で、アメリカの財政問題は解決不可能と言っていました。

 ところが、石油を自国内で大量に生産し、2016年からは石油の輸出国に転じたアメリカは、もはや中東の原油に頼る必要がなく、世界の警察官として中東、欧州、アフリカに大量の米軍を派兵する必要がなくなりました。

 サウジアラビアの石油にたよらなくとも、自国内で石油を生産できるようになったわけですから、 “パレスチナもユダヤもシーア派もスンニ派も、イラクもイランも知ったこっちゃない! 勝手にやれや!” という訳です。

 世界情勢が一気に不安定になったのが2015年の冬、アメリカの石油輸出解禁のニュースです。これにつけこむ国々がいるのです。

 ISIS(イスラム国)が、フランス・パリの劇場同時テロで120人余りを殺戮したのは記憶に新しいですが、アメリカが世界の警察官を止めると、世界情勢がとたんに不安定になるのは自明の理です。

 2005年に米ゴールドマン・サックス証券のエコノミスト、ジム・オニール氏が世界新興国に BRICS (ブラジル、ロシア、インド、中国等) という名を命名し、新興国がいちばん経済成長の伸びしろが大きい訳だから、新興国に投資しようというブームを巻き起こしました。

 その後、NEXT 11(ネクストイレブン: イラン、インドネシア、エジプト、トルコ、ナイジェリア、パキスタン、)が主要な経済成長のリード国として、これらの国の株式や債券が買われはじめました。

 その後、2007年のサブプライム・ショック。。。
 ここから先はメルマガ ”熱血日記” を購読してお楽しみ下さい。
http://www.mag2.com/m/0001646353.html

 (つづく)
 
 【 なぜ日本経済は世界最強と言われるのか − ぐっちーさん、丸紅、モルガン・スタンレー証券、ABNアムロ証券を経て投資銀行を創業したエコノミスト 】

posted by ヒデキ at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 外資系証券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月01日

2016年のアメリカ経済について

metlife.jpg

 皆さん、新年あけましておめでとうございます! 新しい一年も、皆さまにとって幸せで、豊かな一年になりますことをお祈りしています。

 今年も自分の目標に向かって情熱的に取り組んでいきましょう。そして、素晴らしい結果と、心の底からの喜びが得られる、良い年になることを願っています。

 2015年は中国経済ショック、米国の利上げ、ギリシャショックと波乱の年でしたが、2016年も波乱の経済が続くと思います。

 日・米・欧と世界の3極が、実体経済はさておき、超金融緩和で実体経済の実力以上に政府当局が一致団結して中央銀行の輪転機をぐるぐる回して市場をお金でじゃぶじゃぶにしたツケが回ってくるからです。

 先々週のFOMC(連邦公開市場委員会。米国内でのドル供給の大枠を決めることによって、公開市場操作に重要な役割を果たす機関)がアメリカの利上げを決定し、0.25%ずつ、年に4回、計1%近い利上げがほぼ確定したのがこの冬一番のニュースでした。その裏にある事実が2つあります。

 アメリカの実体経済は絶好調で、超金融緩和のたずなをいい加減に引き締めないと、バブル崩壊のツケが後々回ってくるという予防策。今回の利上げは健全な経済運営にとって必然だったこと。

 アメリカの労働市場はこのところ6年間の間でめざましく改善し、失業率の低下と非農業分野の雇用増大の恩恵に服しました。これに伴い、アメリカの実体経済であるGDP (国内総生産)は、7〜9月期で2%増加しました。

 そして、アメリカが利上げをすると、それまで株式市場や不動産市場、投資信託市場にまわっていた投資資金が、銀行の預金や債券市場に戻ってきます。

 今まで日米欧の世界3極政府が協力して株式市場や不動産市場のリスクマネーに回っていたお金が、確定利付の銀行預金などに戻ってくるわけです。そうすると、米国の株式市場や不動産市場は、冷や水を浴びることになります。

 次に来るのは日本株市場や欧州株市場の下落です。リスクマネーの出し手が減り、安全な銀行預金や債券市場にお金が移動するからです。

 為替市場は、金利の高い国の通貨が買われるのが自然な流れですから、短期的な乱高下はあると思いますが、長期的には金利の安い日本円は売られて、高い米ドルが買われて、ドル円相場は円安に向かうのが金利の必然です。

 アメリカの金利上昇に隠れて、今年あまり注目されなかったのが、サウジアラビアの経常赤字転落です。何も努力しなくても、地面を掘れば無料の原油がじゃぶじゃぶ湧いてくるサウジアラビアは、世界経済の垂涎の的でした。

 原油安がヘッジファンドの先物売りで35ドル台まで暴落した2015年ですが、サウジアラビアをはじめ、ベネズエラ、ブラジル、ロシア、イラン、リビアと、産油国の経済は2016年にはメタメタになるでしょう。

 すると今度は、オイルマネーが産出した余剰資金の供給源であったリスクマネーの出してが減り、米国株市場や日本株市場の買い手が減ってきます。アメリカの利上げと、産油国から湧いてきたリスクマネーの出し手が減り、2015年までの超金融緩和経済が逆流しはじめるわけです。

 2016年は油断できません。

 (つづく)
posted by ヒデキ at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 外資系証券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする