2015年08月30日

マッキンゼーの知恵 (87)

『 お金の取れる頭脳ノート 』 大前研一が、日本を代表する経営コンサルタントとして活躍してきた陰には、ノート術があります。そんな秘密の技をご紹介します。

  “巨大方眼紙には左下から右上に書く”

 思考を整理するノートとは別に、マッキンゼー時代から何か新しいことを考え出さなければいけないときに使っていたのが、方眼紙のような網目が入った大判の特製用紙だ。これはもともとマッキンゼーが使っていたツールではなく、私が開発して作らせた特注品。欄外の余白には 「so-What」 「MECE」 「Zero-based Thinking」 などいいアイデアを出すためのマッキンゼーの呪いのジャーゴン(業界用語) を薄い文字で入れた。

 思考のキャンパスのようなものだから、文字を書き込もうが絵を描こうが自由である。ただし、私はこれを左下から右上に向かって横書きで使う。

 通常のノートは罫線に沿って左から右、そして上から下に横書きで使う。しかし、きちんとノートを使うというのは言語や論理を司る作業であり、直感、創造、洞察といった右脳の働きを刺激しない。まともにノートを使っても、なかなかいいアイデアは出てこないものだ。

 夜汽車に乗ったとき、必ず私は進行方向に向かって左側の席に座ってものを考える。夜汽車だから窓の外の景色はほとんど見えない。電灯の光が時々走馬灯のように過ぎてゆくだけ。

 しかしその電気信号のような刺激を左目が感知しているときに、ひらめくことが多い。

 同じ夜汽車でも右側の席ではさっぱりだし、昼間の電車や飛行機ではまるでひらめかない。何かひねり出さないといけないときは、夜汽車の左側の窓際を陣取るに限る。

 あくまで経験則であり、脳科学的な裏付けがあるわけではないのだが、右脳を働かせるには左目に刺激を与えることが大切だと私は思っている。だから左目で見て右側の空間に向かって発想が広がっていくように、この巨大方眼紙でも左下から右上に向かって書くのだ。

 マッキンゼー時代は 「アイデアを出すときはこれを使え」 と推奨していたが、どうせ私がいなくなれば誰も使わないだろうということで、辞めるときに用紙も全部一緒に持ってきた。

 現在もBBT(ビジネス・ブレイク・スルー)バージョンを作って、じっくりと考えるときに活用している。

 BBTで私とミーティングする際、社員は私の部屋に呼ばれて、この白い用紙の上でたっぷり頭を絞られることになる。もちろん録音機も同時に回される。

 ここから先はメルマガ ”熱血日記” を購読の上、ご覧下さい。
 http://www.mag2.com/m/0001646353.html


 (つづく)

【 企業参謀 − 戦略的思考とは何か、大前研一 】

posted by ヒデキ at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | マッキンゼーの知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月27日

JPモルガン・アセット・マネジメント社長に大越昇一氏

 JPモルガン・アセット・マネジメントの社長に大越昇一氏が就任されました。

 1994年、早稲田大政経学部卒。JPモルガン証券入社。2013年、債券・株式統括本部長。
埼玉県出身、44歳。9月1日付け就任。サイモン・ウォールス会長兼社長は代表権のある会長に。

 【 外資系金融のExcel作成術 】 


 【 外資系金融の終わり − 年収5,000万円トレーダーの悩ましい日々 】


 【 メイクマネー! 年収1億円 私は米国投資銀行のトレーダーだった 】
 

posted by ヒデキ at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 外資系証券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

横浜、日吉・綱島ラーメン店格付け (4)

saiwaiya.jpg

 今回は川崎 家系ラーメンの登場です。

 前職の米スタンダード&プアーズは、米国債や日本国債、トヨタなどの財務信用格付けをやっている会社でしたが、退職したのを良いことに、厳格な格付け基準を勝手に応用してラーメン店の味を格付けしています!(笑)

 格付け基準は下記をご覧下さい。  
                   
コッテリ系の味が好きな人は、横浜家系ラーメンの ”らすた” や ”銀家” (日吉)に行きますが、郊外の街道沿い(尻手黒川道路)にたたずむ幸家(サイワイヤ)は、昼からガテン系のいかついお兄ちゃんが集まるラーメン店です。

 都会の緊張感あふれる東急東横線の駅前と比べると、だいぶリラックスした、道の広々とした郊外の街角です。ニューヨークからハドソン川を一本隔てた郊外のニュージャージーみたいな雰囲気といえば分かるでしょうか? 

そう。川崎は首都圏を代表する工業地帯。ガテン系のお兄さんが主流の街です。

 ロバート・デニーロがシチリア系マフィアを演じた ”Good Fellows” に出て来るような広々とした郊外にこのラーメン店はあります。

 このお店の売りはトンコツの味がくどくなく、醤油系のあっさり味がミックスした食べやすさにあります。年配の人が食べても胃がもたれないだろう爽やかにあります。

 味は醤油の一種類のみで、茎わかめや白髪ネギなどをトッピングでつけられます。麺もほどよい硬さでかみごたえがあります。唐辛子ペーストとニンニクをたっぷり入れて、好みの味を調合する。

 厨房が清潔で、店内が広々としているところも、また来たくなる魅力です。

 ラーメンのトッピングは、海苔10枚、チャーシュー1枚、ほうれん草、スライスネギ少々。あと味玉。
 厨房が清潔で、店内が広々としているところも、また来たくなる魅力です。
 
 格付け (A)

神奈川県川崎市高津区 子母口 311
JR南武線 武蔵中原駅から1,472m
http://tabelog.com/kanagawa/A1405/A140504/14003505/dtlmap/

 ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ 

 ラーメン店 格付けの基準

AAA (超優良)−チャーシューが美味く、麺に腰があり、スープの味が病み付きになる。
        −ネギやニンニク、生姜等のトッピングが無料で出てくる。
        −替え玉が無料、ご飯が無料
        −お店に着いて7分以内に食べられる。
        −常連さんになってお店に通う。

AA  (優良) −チャーシューが美味く、麺に腰があり、スープの味もまずまず
         −ネギやニンニク、生姜等のトッピングが無料で出てくる。
         −替え玉かご飯のどちらかが無料
         −お店に着いて10分以内に食べられる。
         −絶対にまた来店することウケ合い。

A   (まずまず優良) −チャーシューの味はまずまず、麺に腰があり、スープの味もそこそこ美味しい
         −ネギやニンニク、生姜等のトッピングが無料で出てくる。
         −替え玉やご飯は有料
         −お店に着いて15分は待たされる
         −機会があればまた来店するだろう。

BBB (普通) −チャーシューの味は普通、麺に腰があり、スープの味も期待を裏切らない。味に独特の工夫         や努力の跡が見られない。
         −ネギやニンニク、生姜等のトッピングが無料で出てくる。
         −替え玉やご飯は有料
         −お店に着いて20分は待たされる
         −近くに良い店が無ければまた来店するだろう。

BB (投機的格付け)−チャーシューの味は普通、麺も並みの美味さ、スープの味も普通。
           どこが美味しいのか分からない。
         −ネギやニンニク、生姜等のトッピングがサービスされない。
         −替え玉やご飯は有料
         −お店に着いて30分は待たされる
         −もう絶対に来ない。

B  (信用不安あり)−チャーシューの味は普通以下、麺も普通以下、スープの味も普通以下。ラーメン屋をやる価値が分からない。
         −ネギやニンニク、生姜等のトッピングがサービスされない。
         −替え玉やご飯は有料
         −お店に着いて40分は待たされる
posted by ヒデキ at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 心地よい店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月23日

元気の出る言葉 (197)

「 何が可能で、何が不可能か、はっきり言い切れる人はいない。 」

 − ヘンリー・フォード(フォード・モーター創業者)

 やる前から無理だと決め付けないで、まずやってみよう。
たとえ一回やってダメでも、そこから何かを学び試行錯誤を繰り返せば必ず何らかの成果はある。

 人間だれでも可能なことをやりたがる。確実だし、成果が出ると分かっているからだ。でも、不可能なことにチャレンジすると、そこから思わぬ展開が生まれてきて、自分の挑戦や情熱に賛同して応援してくれる人たちができる。

また、不可能に挑戦すると、いくつかプラスの効果がある。

 1. 自分自身がワクワクしてくる。楽しい。
 2. それまで気づかなかった発見やイノベーションが生まれる。確実に何かが変わる。
 3. 後世に残せる。語り草になる。

 可能なことだけやっているのは事なかれ主義の安定志向の人間だけで、そんなつまらない人生を送って果たして面白いのだろうか?

 自分のHoly Spirit (聖なる魂) がやりたいと思ったならば、やってみれば良いじゃないか。
posted by ヒデキ at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 元気の出る言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月16日

お盆週間 − これからの自分をどう生きるか

 今週末は帰省していました。浜松に帰り、実家や親せきが集まり、法事をして、食事をしました。昔は小さかったいとこが皆、立派に成長し、20代から30代となって結婚していくのを見て、時代の移り変わりを感じました。

 思い出話に花を咲かせ、美味しい料理に舌鼓を打ったのは楽しかったのですが、今年は戦後70周年ということで、実に多くの新聞やテレビが特集を組んでいました。

 特攻隊として出陣したがために、結婚したばかりの妻と別れて、残された奥様が92歳になっても亡き旦那をしのんで恋文を書いたとか、鹿児島県の特攻隊鹿屋基地から幼少の子供に戦地から愛情あふれる手紙を送ってきたとか、当時の話を聞くたびに、今は亡き戦士の英霊や、太平洋戦争の犠牲となった人たちに感謝と哀悼の気持ちを捧げました。

 軍人さんや戦争で亡くなった多くの市民の犠牲があった上に、今の私たちの豊かな生活があるわけです。インバウンド(訪日観光客)の人たちは、口々に “Japan is so perfect country. (日本はビックリするくらいに完璧な国だ)” と称します。

 物や食べ物にあふれたコンビニエンスストアやデパート、整備された交通機関に1分の違いもなく発着する電車。高い進学率に低い失業率。こんな生活水準の高い国はそうそうないわけです。

 私たちは少々成功しようが金を稼ごうが、いい気にならずに、現代飽食日本で生きていられるのは、過去の戦争で犠牲となったおびただしい先人のおかげで、何不自由しない生活をさせて頂いているという思いを忘れてはいけないでしょう。

 では、私たちはこの先人たちに報いるために何をすべきでしょうか?それは、“歴史をつなぐバトン”を次世代の子供達や孫たちの世代に残していくことだと思います。

 戦争で亡くなられた人たちや、戦後の高度成長期を通じてわずか30年で世界第2位の経済大国を築いた親や祖父母の世代(2010年に中国に抜かれて世界第3位に転落してしまいましたが) の努力をムダにしないために、私たち一人一人の持ち場で、仕事場でベストを尽くして、良い仕事をして、豊かな経済大国を50年後、100年後の子孫たちに残していくことが私たちの使命だと思います。

 戦後70周年記念のテレビや特集を観終わったら、それで終わり、というのではなく、今一度、自分がこの世代に生きて食べるのに不自由しない現代飽食日本に生かせて頂いているは先人のおかげだということを片ときも忘れてはいけないのだと思います。

 そして、自分が国にたいして、顔をみたこともない未来の日本の子供達に素晴らしい国を残すには何をすべきかを、歯ぎしりするくらいの勢いで考えて、どうすれば日本経済に貢献できるか、社会に貢献できるかを考えるべきだと思います。

 余った時間に酒を飲んだり娯楽に興じたりするのではなく、さらに努力して自分の付加価値を高め、生産性を上げてビジネスに貢献し、自分も裕福になり、家庭を幸せにする。

 そして、時間があったら社会貢献をする。僕は一年365日、横浜市内の清掃をしています。インバウンド(訪日外国人客)が、 「横浜は素晴らしく美しい街だ!パリやロンドンよりずっと綺麗だ。」 と言ってさらに日本に金を落としてくれることを望んで。

そんなひたむきな姿勢でこれからの毎日を生きていくことが、太平洋戦争で片道分の燃料を積んで米軍艦隊に飛び込んでいった特別攻撃隊員への鎮魂となるのではないでしょうか。

 今まで怠けていたわけでは決して無いのですが、これからの毎日をそうしてひたむきに生きていくことで、祖国・日本経済へ最大の貢献をしたいと思います。

 まだまだ残暑が続きますが、皆さん、体調を崩さないようにお気を付け下さい。
posted by ヒデキ at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月02日

元気の出る言葉 (196)

「燕雀安んぞ 鴻鵠の志を 知らんや」 (えんじゃくいずくんぞ こうこくのこころざしをしらんや)
 − 中国、「史記」より

 これは、 「大物の気持ちは、小物には解らない!」 という意味です。ツバメ(燕)や スズメ(雀)のような小さな鳥に、オオトリ(鴻)や白鳥(鴻)のような、大きな鳥の抱く志が解るはずがない。
 
 何を成し遂げるにしても、まずは大きな目標を持ちましょうということを言おうとしているのでしょう。

 アメリカの大統領選の序盤戦がヒートアップする中、例の不動産王、ドナルド・トランプが移民を侮辱する言葉を吐いて大ひんしゅくを買っていました。

 「まあ、あの人のことだから、いつものことだよ」 と半ばあきらめ顔の米国世論でしたが、なんといってもニューヨークの不動産業界からスタートし、リゾートホテルやゴルフ場、都市再開発で大成功し、数千億円規模の富豪になったトランプだから、口先も行動も桁外れなのです。

 ブログで連載したこともありましたが、彼の思考方法は ”THINK BIG” (大きく考えろ!) です。
常人なら 「あり得ない」 と考えるような奇想天外な手法や、ケタ外れの大きな野望を持ってきたからこそ、米国の不動産業界でトップに君臨できたのでしょう。

 でも、人から笑われようが、”頭がオカシイ” と思われようが、自分の聖なる魂に忠実にしたがって、

 ”面白いと思う方向”
 ”ワクワクして燃えてくるような方向” 

 に自分を向けてみれば、難しいのは最初の一歩を踏み出す一瞬、または一週間だけで、あとは案外、スムーズに行くものです。

 たとえ世間や同僚からあきれられようが、バカ扱いされようが、自分が毎日楽しいこと、ワクワクすることにのめり込んでいる状態が一番良いのではないのでしょうか。

 織田信長も10代の頃は、その奇想天外の行動と、気宇壮大な野望から、周囲の人間をあっと言わせ、
 「うつけもの」 (大馬鹿者) というあだ名をつけられていたそうです。 

 まずは、
「できると思う事から、始まるのです。」
 最初の一歩さえ踏み出してしまえば、あとは自分の情熱と、達成感が後押ししてくれるでしょう。

 【 大富豪トランプの でっかく考えて! でっかく儲けろ! 】

posted by ヒデキ at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 元気の出る言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする